<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

南極の気温20.75℃!

 雑用や来客で1日が終わってしまう。溜まった新聞に目を通す。コロナウィルス感染者の拡大、経済などへの影響とコロナウィルス関連一色の記事の中で、南極大陸で20.75℃が観測されたと言うニュースも目を引く。南極の気温が上がる、氷が融けると言うことは海の水位が上がることを意味するから南太平洋の小島のツバルなど水没が現実的な問題となる。以前のニュースで南極の氷3兆トンが猛烈な勢いで失われ、北極の氷は2040年には無くなってしまうと言う報告もある。いずれにしても異常気象、気候変動の問題は益々厳しい方向に向かっていることは確かだろう。

 

 今週は、農水省令和2年度次世代国産花き産業確立推進事業の国産花き日持ち性向上推進協議会としての申請書類の作成が第一プライオリティとなる。農水省への提出締切が2月28日。例年より10日ほど日程が早くなっている。2月27日が令和元年度事業の第3回試験研究検討会、28日が協議会の第4回検討会、事業報告会となっているので、出来れば2月25日、遅くも26日には提出しようと考えている。

 

 明日17日は令和2年度の試験研究内容の打合せで農研機構市村先生がいらしてくれる。18日は。JFMAアフターヌーンセミナー、JFMA理事会、イブニングセミナー。20日は花の国日本協議会理事会、夜はトルコギキョウ生産者交流会、21日は東光フローラ加工場訪問となっている。

 

 18日のJFMAアフターヌーンセミナーは、「家族と消費の変化トレンド」のテーマで博報堂生活総合研究所の夏山明美氏に講演頂く。本ブログでも既に紹介させてもらっているが、なかなか聞けない話ですので是非ご参加ください。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2020/01/84b944572699d00bf92fb805139468b7.pdf

 

 恐れ多くも夏山氏のセミナーを大田花き花の生活研究所のブログ「花研コーヒーブレーク」で内藤さんが紹介してくれている。

https://www.otalab.co.jp/blogs/31182

松島義幸 * - * 22:07 * comments(0) * -

個人的な報告。

 今日は、東京ドームで開催されている世界らん展に行く予定としていたが、気が進まずに結局一歩も外に出なかった。ブログも14日のバレンタインの記事の写真整理などで手間取って公開が1日遅れになる始末。

 

 本ブログがMPSジャパンの公式ブログだったものが、松島の絵日記・記録として毎日更新で綴られるようになって10年以上となる。絵日記と言っても書けないことが多く、自分用のメモも別に残している。日曜日には「午前中は母訪問」と良く書いていましたがこれがなくなります。つまり、2月5日夜に母が急逝しました。10日、11日に通夜、葬式も済ませて3月の49日、納骨を残すのみとなりました。ほとんど苦しまない中に逝ってしまって良かったのかなとも思う。正直寂しいのと肩の荷が下りたという感じでもある。母はもうすぐ91歳、父も無くなって35年ですから完全家族葬とした。父が亡くなる前年に書いた大きな写経の掛け軸を飾って、花が好きだった母のために思い切り花いっぱいで送りました。

 

 母が私にくれたものは先ずは丈夫な体。メタボではあってもここまで一度も入院したことがない健康な体に感謝。また、父もですが、子供の時から言われたのは「人に優しく、迷惑を掛けない」だけでした。手を上げられたことは一度もなく、いつも誉められて育てられました。例えば50点なら「50点も出来たの、良くやったね」と言うような調子です。今なら「ピグマリオン効果」と言うのでしょう。少し度が過ぎていましたが。そうすると私のような楽天家の甘ちゃんが出来てしまうのです。男の子に優しく、迷惑・・・はないだろうと思うこともあったが、長じてこれにとても感謝でした。「まず相手の側に立って思いやれ」の発想はビジネスの中でも役立ったと思う。

 

 事務所内にしかお知らせしませんでした。香典や花、式への参列などご心配をかけてしまうのが心苦しかったからです。以上個人的なことで恐縮ですが、報告です。

松島義幸 * - * 22:57 * comments(0) * -

フラワーバレンタイン2020

 バレンタインデー。フラワーバレンタインは、JFMAのプロジェクト時代を除いて、フラワーバレンタイン推進委員会、花の国日本協議会と受け継がれて活動して10年目の節目となる。世界では男性が女性に花を贈る日。日本でもバレンタインを花贈りの新たなモノ日とする、男性が花を買う文化を創っていこうと始めたもの。フラワーバレンタインもなかなか燎原の火というようにはならないが、毎年行っている消費者調査では、30代、40代男性の花の購入率が上昇している。やったことには必ず結果がついてくる。さて、今年はどうなったか・・・。

 

a1 お昼過ぎに突然小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)が事務所の来られる。我事務所の女性にバレンタインの花をプレゼント。タクシーを待たせているとすぐに帰ってしまったが、毎年続けていて感心する。

 

 

 昼から恒例にしているバレンタインデーのお花屋さんの店頭巡りに出かける。観ると言っても駆け足の都内中心部の一部の店だけだが、私の中では定点観測だと思っている。共通するのは、早い時間に訪ねた店では、ピークは17時以降だと、また男性客が増えていると言われた。私が実際に目にしたのは、20時半頃でレジの行列の8人中7人が男性(青フラ 東急渋谷店)、同じ青フラで渋谷スクランブル・スクエア店では行列11人中4人が男性だった。

 

 今日は、有楽町・銀座、丸ノ内、池袋、新宿、高円寺、渋谷、青山、渋谷、三軒茶屋、二子玉川と26軒のお花屋さんを見せてもらった。丸ノ内では少し雨が降ってきたが、直ぐ止んで助かった。スマホの万歩計では20050歩。ゴルフの1ラウンドより多く少し運動にはなったか。ゴールの二子玉の後はいつもの寿司屋。”一番搾り”の美味しいこと。後は寿司と日本酒を楽しむ。

 

1.青山フラワーマーケット 有楽町店

 有楽町丸井の入口にある店。15時でもお客様が入っている。男性の姿も。1本バラは1210円。ボックスタイプのアレンジは鍵が付いている。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.第一園芸 三越銀座店

 銀座三越新館内の店で晴海通りに面している高級店。バレンタインで売れるのは17時以降で昨日13日はお客様でごった返すほどだったと店長から説明を聞く。お客様の注文に応じてブーケを作る店。

a1a2

 

 

 

 

 

 

 

3.モンソフルール 銀座店

 フラワーバレンタインのポスターなどバレンタイン関係の訴求は何もしていない。モンソーフルールらしく価格は見やすく、ブーケも2500〜3500円位に品揃えが多く買い易い価格。

a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.花弘 丸ノ内店

 丸ノ内センター通りに面した高級店。入口に飾っているピンクのカスミソウ(染)が目を引く。このディスプレーでカスミソウだけのブーケの注文をするお客さんが増えたそう。お邪魔した時もピンクのカスミソウのブーケを作っていた。バレンタインのお客様はやはり17時過ぎからだそう。今日昼休みにも結構買いに来ていたとのこと。1本バラは1100円。フラワーバレンタインの訴求はパンフレットと3ラブストーリーのポスター。国枝バラ園のフェアをやっていた。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、フロレアル 丸ノ内店

 オペーク3Fにある花門フラワーゲートが持つ高級店。ベルギーで最高賞など海外でも活躍する丹羽英之さんを生んだ店。ここもお客様は17時以降。予約の客やギフトが中心。私も2軒、このお店からバレンタインの贈り物をしている。ボックスフラワーは2500円からで5〜8千円が売れ筋か。

a1a3a2a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.青山フラワーマーケット 池袋西武店

 17時池袋に移動。普段から売れている店。行列は6、7人で女性ばかり。スタッフによると昨日は男性客が多かったそう。益々男性客が増えていると言う。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.TOIT ROSE(トアローズ) 池袋店

 池袋構内2店ある店の一つ。とに角価格が安い。ブーケは千円位から3千円位。1100円のブーケがずらっと並んでいる。ボリュームは結構ある。2月14日はバレンタインと告知しているが、フラワーバレンタインの統一ポスターは見当たらない。見る間にお客様が買っていく。価格勝負の店。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8.Hibiya-Kadan Style 池袋西武店

 池袋西武デパートの中にある店。ブーケは2750〜4400円が多く陳列。お客さんはこれからの時間だと言う。フラワーバレンタインの統一ポスターは前面に出ていない。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9.青山フラワーマーケット 池袋ルミネ店

 男性客が4人、西洋人も一人。黒板の「チョコを待つよりお花を贈ろう」が面白い。1540円のブーケからあり値頃感がある。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10.青山フラワーマーケット 池袋東武店

 池袋東武デパート2階にある店。青フラさんは池袋駅コンコースに4軒あるが、ここは他と雰囲気が違う。客は最初からこの店を目指してくるのだろう。ギフトブーケ3300円などボリュームあり魅力的だ。ダズンローズは5500円。ブルーと紫のブーケでまとめたコーナーもある。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11.ボンマルシェ 池袋エソラ店

 有楽町線改札近くの好立地の店。ミモザをはじめ旬がいっぱい。フラワーバレンタインの統一ポスターは使っていない。2〜3千円の値頃感のブーケも置いている。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12.青山フラワーマーケット 池袋西口店

 青山フラワーマーケットの店今日1日でも何軒(14軒)も見ているが、店によって価格、ボリュームに違いがある。仕入は店長の裁量と聞いているが、そのせいか陳列されているブーケなど店長さんの工夫がいろいろ出ているように思う。ここ西口店が、池袋の青フラさんの中でも立地では一番不利ではないかと思う。そのせいかバラの1本束が660円、770円で少し安く、3500円のブーケが立派で値頃感があったりする。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13.リコルネ 

 新宿に移動。18時。元小田急ランドフローラで現在は日比谷花壇の経営に移っている。小田急、京王線。JRなど乗換客などで大変人通りの好立地。バラの1本束が440円、ハーフダズンローズのブーケが2400円と安い。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14.フラワーマルシェ by 京王フラワー

 フラワーバレンタインの統一ポスターなどのツールは使っていない。2700円のブーケがずらっと並べられている。1700円のブーケもお買い得だ。バレンタインブーケも3000円と安い。高級感はないが価格勝負か。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15.日比谷花壇 新宿ランドフローラ店

 小田急ランドフローラ時代は本店でフラッグシップの店。今は日比谷花壇に屋号が変わっている。18時15分、お客も良く入っている。ほとんどが男性だ。バラの1本束が800円。ハーフダズンローズのブーケが4800円。品質が違うがリコルネの2倍。バラの本数によって意味を持つと提案。3本なら「愛しています」、6本、9本と続いて12本が「すべてをあなたに誓う」だそう。そして12本のバラ、ダズンローズを説明している。中国や台湾で広く知られているのは、1本で「一目惚れ」、11本で「最愛」、33本で「愛しています」、77本で「結婚して下さい」、…999本「至上の愛」と広まっている。日比谷花壇さんでも上海の店では999本のバラがメニューにあった。婚約などの時の贈り物に使われる。花贈りにストーリー性を持たせるのは良いと思うがやるなら花き業界で統一したい。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.青山フラワーマーケット 高円寺店

 通路を挟んで店は2カ所に分かれている。フラワーバレンタインの飾りつけを模範解答のように正しくディスプレーしてくれている。バレンタインブーケ1540円、1980円、3850円・・・と品揃え。若い人でも買い易くなっている。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17.オランダ屋 高円寺店

 高円寺純情商店街の一角にあるオランダ屋高円寺店。以前は何軒ものお花屋さんがあったが、今はオランダ屋さんだけ。ラーメン屋、油そば屋、ケーキ店・・・に変わってしまっている。さて、オランダ屋さん。住宅街の入口にあってしっかりリピート客を価格と品質で握っているお店だと思う。値付けが庶民も味方だ。何年か前まではマムやカーネなどの定番の花は仕入れ価格が変わっても年間同じ価格で販売と言うようなこともやっていた。価格を分かり易く明示、花の一つ一つにその魅力を告知しているのが昔と変わらない。バレンタインのブーケもお手頃価格だ。統一ポスターも何故かよれよれだけど貼って訴求している。1000円、1200円、…2000円も出せば立派なブーケだ。見ている間に若い男性が買っていく。地域に溶け込んだお店か。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18.青山フラワーマーケット 渋谷東横店

 20時20分、青フラ渋谷東急東横店。この時間で8人行列で7人が男性。ボックスフラワー(鍵付)2750円、赤バラの入った可愛いブーケ2450円など若者の街渋谷にもフィットする商品を置いている。勿論、6、7千円のブーケやダズンローズもある。

a1a2a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19.青山フラワーマーケット 青山本店

 青フラさんの本店。19時40分。ピークは夕方で男性客が多かったと店長から話を聞く。奥のTEA HOUSEは満席。この時間でもお客様が入っていて、男性客も。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20.HARADA花店

 青山通りの表参道交差点近くの店。20時前。外人男性が花束(2500円)を買っている。1100円のブーケや10本以上のバラの束が1000円とかとに角安い。

a1a4a2a3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21.deli style(青山フラワーマーケット)

 去年11月1日オープンした渋谷スクランブル・スクエアに行く。地下2階の食品売場にある青フラさんの新しいタイプの店の「deli style」。商品は全てブーケ。スタッフに聞くと1本束は500円で売切れ、6000円のダズンローズも2束売れたと。お邪魔している間にも男性が花束を買っていく。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22.青山フラワーマーケット スクランブルスクエア店

 スクランブルスクエアビルの2階にある大型店。20時過ぎで11人(4人が男性、1名は外人)のレジ待ちの行列。バラ1本束は700円。1650円、2200円、2500円、3850円、・・・といろいろ取り揃えて買い易い。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23.青山フラワーマーケット 渋谷ヒカリエ店

 渋谷ヒカリエ2階にある小型店。20時過ぎで人通りも少ない。880円のバラ1本束がお洒落だ。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24.オランダ屋 三軒茶屋店

 20時25分三軒茶屋のオランダ屋。西友ストアの茶沢通り側入口にある。ブーケは2500円と3000円。780円のミニブーケもある。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25.青山フラワーマーケット 三軒茶屋店

 キュロットタワー1階の世田谷線に向かう動線上にある店。20時半を過ぎてお客さんのピークは過ぎたか。ダズンローズが6600円、バラ1本束は770円。もう1軒世田谷通り沿いの良く売れている店「N-Factory」も見たかったが、もう閉まっていた。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26.青山フラワーマーケット 二子玉川店

 20時55分、最後は二子玉川。ここには2つのビルの1階に青山フラワーマーケットとリベルテがあるが、リベルテは営業を終わってしまっていた。青フラさんの二子玉川店は良く見るが(お寿司屋さんに行く時に)何時も良くお客が入っている。この時間でもレジ前に3人並んでいる。店長さんから話が聞けたが、今日の夕方は9割が男性客だったそう。この店は、普段から値頃感のあるブーケを置いている。同じ値段でも品質は勿論だがボリューム感がある。2〜4千円位で満足度の高いものが出せてると思う。今年は26軒のお花屋さんのバレンタインの店頭を見せてもらった。さっと見ただけだがいろいろ勉強させてもらった。実は池袋のように激戦の吉祥寺周辺も見たかったが時間(と体力)が足りなかった。21時終了。寿司屋の待合せは20時半で30分余の遅刻となった。

a1a2

 

松島義幸 * - * 23:34 * comments(0) * -

スーパーマーケット・トレードショー2020

 もう春の陽気。裏地付きのダスターコートにしたが、朝晩でもコートなしでも良いくらいだ。野村元監督が亡くなられた。私は南海の選手時代からファンだった。数々の名言が残っているが、私は晩年の「亀理論」に共感を感じた。「ワニや亀のように動かない動物が長生きする。走って心臓に負担をかけるのは良くない。亀みたいに首だけ動かせばいいんだ・・・」。勿論、野村元監督のように45歳まで選手生活を続けて鍛えた体があってのことで、私のようなメタボ人間が喜ぶ言葉ではないのは重々分かっているが、周りは猫も杓子も走っているのに少し抵抗を感じている時の「亀理論」の言葉に飛びついた。駒沢公園を走っている人を見てもスリムな体の人ばかりで、黙々と悲壮感すら漂わせて走らなくても良いのにと思ってしまう。

 

 14時過ぎ事務所を出て幕張メッセに向かう。スーパーマーケット・トレードショー2020(SMTS2020,主催:全国スーパーマーケット協会、2月12日〜14日)を覗いた。同時開催のデリカデッセン・トレードショー2020と共に幕張メッセ1〜11ホールを使う巨大な展示会だ。大手食品メーカーから自治体などが出展していて、生鮮・加工食品、スイーツ、飲料・酒類、日用品・雑貨など何でもある。スーパーでの花きの売上比率は概ね1%以下、それを反映してか、SMTSでは花き関係の出展は少ししかない。ホール3のインパック、クリザール、ジャパンプランツ、シモジマに絞って観る。

 

 インパックさんは新製品「Freshness meter」(Time Temperature Indicator)を展示。温度×時間の積算値を色の変化で見える化するツールで設定した温度時間値が経過すると色が変化して知らせてくれる。産地から店頭迄の履歴管理、店頭陳列時間の管理などいろいろな使い方が出来る。インパック守重会長のお話によると、スーパーのバイヤーが食品の品質管理のツールとして興味を示しているとのこと。インパック国際花き分析センターの日持ち試験室の紹介、脱プラスチックで紙のスリーブ、ホームユースに期待される「ピポローズ」(エチオピアのバラ)、ピーターラビットのインテリアグッズなど見どころいっぱい。

a1a2a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インパックさんの隣はクリザールジャパン。ここのテーマは脱プラスチック。鮮度保持剤の小袋のパッケージに紙を使っている。また、ペーパーを使ったスリーブも提案。紙はFSC認証マークがついている。

a1a2

 

 

 

 

 

 

 

 ジャパンプランツはSMTSに初めての出展だそう。榊のシェアは20%でトップ。中国、マレーシアなどで榊、カーネーション、スプレーマムなどを産地で仕上げて、輸入して岐阜の加工場でパッケージ、直接販売店に届けると言うクイックデリバリーを特長としている。クイックデリバリーが鮮度管理となっている。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シモジマさんはずばり「脱プラスチック」。木材チップやユーカリを原料としたトレイ、手提げ袋などを提案している。

a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は幕張イベントホールの「Future Store "NOW"」をインパック国際分析センターの宮西さんに案内頂いた。スーパーマーケットの未来型の売場の提案展示。未来と言ってももうすぐ先の未来。楽しくお買い物ができると言うタブレットカート「ショピモ」。店内に張り巡らされている発信機とカートの位置情報で、お客様にとってはどんな品物があるのか、お得なクーポンの品がどこにあるのかなどをカートの画面で見ながらお買い物。カートに入れたものは画面に履歴が出て買上額が分かる。レジは勿論セルフ。店側としては、売上が分野別に常に把握でき、恐らく在庫管理や補充にもデータが生かされ、カートの動きでお客様の購買行動を分析することができると言うもの。インパックさんが花業界で一人未来型システムに参加している。頼もしい。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少し覗くつもりが、会場に「蛍の光」が流れてくる。17時の終了時迄長居してしまった。SMTSの極一部を観ただけだったが、コロナウィルスの影響かどうか例年より人が少ないように感じた。スマホを見ると今日も約1万歩、結構歩いている。

 

 11日の日本経済新聞。全国紙でほんの少しだけどフラワーバレンタインを取上げてくれている。今年はフラワーバレンタインの10周年だが、相変わらず話題はチョコばかりで残念だ。

a1

松島義幸 * - * 23:32 * comments(0) * -

エシカル朝食会、農水省フラワーバレンタインニュースリリース、ツイッター

 昼間はコート不要の暖かさで春の陽気。7時前に事務所を出て神保町の学士会館に行く。第36回エシカル朝食会(日本エシカル推進協議会主催)に出席する。今年初めての朝食会。会長の山本良一東大名誉教授、鳩山由紀夫元首相、坂東久美子氏、広中和歌子氏をはじめ企業、NPO法人、大学、自治体などから定員いっぱいの56名が参加。

 

 特別報告は「ゼロエミッション船:RACE FOR WATER号のテクノロジー」のテーマでグンター・パウリ氏(ゼリ・ジャパン特別顧問・元国連大学学長顧問)の講演。世界のゼロエミッション(排出ゼロ構想)、海洋プラスチック汚染対策など紹介。

 

 続いて「実はエシカルな照明デザイン」のテーマで戸恒浩人氏(SIRIUS LIGHTING OFFICE代表取締役)の講演。東京スカイツリーの照明を担当。コンセプトは、永遠に続く江戸の心を光で表現。それは、心意気の「粋」、美意識の「雅」。LEDを使った微妙な色彩表現、省エネ。

 

 最後は「アフリカの熱帯林の現場からエシカル消費を考える〜象牙・木材・鉱物資源および先住民族の視点から」のテーマで西原智昭氏(星槎大学特任教授、NPO法人アフリカ日本協議会理事)の講演。木材、鉱物資源のために森林がなくなる、電気自動車が森林破壊を助長、先住民族を追いやる・・・。人間と自然界、先進国と途上国、現代人と未来人と差別の常態化の進行。ピグミーの存亡の危機などコンゴなどアフリカの現場からの強烈な報告。とても短い字数で紹介しきれない。最後はハイパーソニック(超高周波)が心身のストレスに軽減に効果ありの話題で終了。レコードやSACDを聴く私は深部脳の活性化に役だっているのか?(CDは可聴域の2万ヘルツ以上はカット。レコードやSACDは4万ヘルツまで再生)

 

 9時半事務所に戻る。11時JF兵庫県生花吉田専務が来訪。諸々情報交換。14時半過ぎ自由が丘フラワー松村社長(JFMA副会長)が来訪。今年11月のフローラルイノベーション2020のプロジェクトの内容、進め方について検討。

 

 農林水産省消費者の部屋のフラワーバレンタイン展示を江藤農林水産大臣が視察された様子が農水省のプレスリリース、公式ツイッター、江藤大臣のブログで紹介されている。10日の記者会見の様子は10日のブログで既に紹介している。

*江藤大臣記者会見 https://www.maff.go.jp/j/douga/200210.html

*農水省プレスリリース https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kaki/200210.html

*農水省公式ツイッター https://twitter.com/MAFF_JAPAN

*江藤大臣ブログ https://etotaku.exblog.jp/

松島義幸 * - * 23:32 * comments(0) * -

竹下大学著「日本の品種はすごい」

a1 キリンアグリバイオカンパニー社長の時にご一緒した竹下大学さん(当時植物開発研究所、ブリーダー)の新しい著書が出た。「日本の品種はすごい」(中公新書)。「読むと食べたくなる」、「うまさには理由がある」と本の帯にある。昨年末に贈って頂いていたのだが、遅れてやっと読ませてもらう。竹下さんは、キリンのと言うよりオーバーでなく世界の花のトップブリーダー。ALL-America Selectionsのブリーダーズカップの初代受賞者。2004年にAALの授賞式に私も付いていって(私は関係ないのだけど立場上・・・)大相撲の優勝カップに似た大きなカップを頂いた。キリンビール本社の1階ロビーに暫くカップを飾っていた。竹下さんはペチュニア(キリンのブランド名はウェーブ)などで3年連続AALのウィナーに輝いていた。

 

 異分野(エンジニアリング、海外子会社社長)から会社の人事でアグリバイオカンパニー社長に就任して右も左も分かっていない時にアグリの皆さんにお会いしてそれぞれの分野の話を聞かせてもらった。そんな中で竹下さん(まだ30代後半)にお会いしたのだが、「育種は確立と統計だから広い選抜圃場が必要、加えて”育種はアート(芸術)”です」というようなことを言われたのが印象に残る。育種は芸術、センスだと。正にセレンディプティの世界だと感心した。

 

 さて、竹下さんの新刊。花の育種の話しかと思ったらお花は出てこない。ジャガイモ、ナシ、リンゴ、ダイズ、カブ、ダイコン、ワサビと育種の歴史を正にブリーダーの視点から語っている。キリン時代に自分も関係していたジャガイモは別として、ダイズやダイコンなど品種が何と言う意識はしたことがない。皆さんも同じだと思う。この本を読むと帯のキャッチにあるように「読むと食べたくなる」。ワサビでは、JFMAアフターヌーンセミナーでも講演頂いた岐阜大学の山根京子准教授のワサビ応援隊長が出てきたり、ミヨシ三好社長が登場したりで楽しく読ませてもらう。ワサビでも地球温暖化の影響が出ていることにも驚く。余りに面白かったので紹介させて頂いた。

松島義幸 * - * 22:15 * comments(0) * -

農水省消費者の部屋 フラワーバレンタイン展示

 忙しい1日。今日10日提出の令和元年度補正予算・産地生産基盤パワーアップ事業「物流の効率化」(台車の導入)のまとめは野口さん(JFMA事務局)に任せて、今日が期限の税金払込など銀行に行く。三菱UFJ銀行が市ヶ谷支店が閉店となって麹町支店に吸収された。タクシーに乗る距離ではないので徒歩で行くが14〜15分か。良い運動にはなる。三菱UFJ、みずほ銀行と廻って10時過ぎになってしまう。

 

a1 11時過ぎに農水省消費者の部屋に向かう。今日12時から14日(金)13時迄フラワーバレンタインの展示をやってくれている。フラワーバレンタインが始まった当初から何故か展示物の調達は私(MPSジャパン)の受け持ちとなってしまっている。それならと切り花、鉢花はMPS認証を取得した花を展示してMPS(花き産業総合認証)を知って頂く場にもさせてもらっている。消費者の部屋には花き産業・施設園芸振興室の皆様は長峰室長をはじめほぼ全員が来られる。12時前に江藤農林水産大臣がお見えになると言うことだったが、私のお邪魔している時間には来られなかった。江藤大臣は今日の記者会見の冒頭フラワーバレンタインを紹介、意義について触れられている。

 農水省ホームページ:https://www.maff.go.jp/j/pr/    

 

 今年も山形おきたま、熊谷園芸、荘花園、PCガーベラ、FFSフラワーファームしろね、エフ・エフ・ヒライデ、JA紀州、岐孝園、セントラルローズ、三豊園芸、石井フラワーガーデンの皆さんにご協力頂いた。毎年協力頂くヤマキ花卉園は去年の台風被害から今年はストックが見られなかったのは残念。ただ、もう出荷されているが3月からは全面的復旧だそう。バレンタイン商品の展示では、日比谷花壇、青山フラワーマーケット、フロレアル(花門フラワーゲート)、ボンマルシェ、ピーターラビット(インパック)に協力頂いた。

 

 14時半、今度は補正予算の申請書類の提出で野口さんと農水省にお邪魔する。ご担当は不在だったが申請書2部を提出。私は私用でそのまま帰宅。

 

*農林水産省消費者の部屋 フラワーバレンタイン展示

a1a2a3a4a5a6a7a8a9a10a11a12a13a14a15a2a3a4a5a6a7a8

 

 

松島義幸 * - * 22:53 * comments(0) * -

栃木農高 MPS認証取得

 午前中は所用で外出。午後は事務所に出勤。今日は銀座三越でフラワーバレンタインイベント、渋谷スクランブルスクエアでは干場さんのトークショーなどがあり様子を見に行きたかったが、明日提出期限の農水省補正予算などもあり叶わなかった。

 

 誰もいないので音楽を流しながらの仕事。久し振りにエストニアの作曲家アルボ・ペルトのCDを聴く。ティンティナブリ(鈴声)様式と呼ばれる不思議な静かな世界。ペルトを知ったのは、たまたま点いていたTVドラマ(南果歩が出ていたのは覚えている)にペルトの楽曲が全編で使われていた。今まで聴いたこともないような不思議な響きに魅せられてペルトのCDを集めた。もう25年くらい前の話しだが・・・。今日はずっとペルトを聴く。19時半、取敢えず目途をつけたところで帰途に就く。

 

 2月8日(土)の日本農業新聞に「花き栽培国際認証MPS 栃木農高が高校初取得」の見出しで栃木県立栃木農業高校がMPS−ABC認証を取得したことを記事にしている。

a1

 

 今日9日(日)の日本農業新聞では「フラワーバレンタイン10年目 愛伝える提案多彩」の見出しで、都内の生花店のフラワーバレンタインの取組みの様子を伝えている。

a2

松島義幸 * - * 22:32 * comments(0) * -

バレンタイン前の週末の店頭

b3 渋谷に雑用で出たのでバレンタイン前の週末の花屋さん(青山フラワーマーケットばかりですが)を少し見た。残念ながらフラワーバレンタインはこれからというところなのだろうか、目立った動きは私の見た時間帯(14〜16時)では無かった。渋谷ヒカリエBF3のHibiya-Kadan Styleが無くなっていた。暫くヒカリエに来なかったのだが、いつ閉店したのだろう。ヒカリエはHAPPY VALENTINEのポスター、サインがあちこちに出ているが「ショコラZAKKAフェステバル」でフラワーがない。

 

【フラワーマルシェ @渋谷ヒカリエ7F】

 去年に引き続いて「フラワーマルシェ」のフラワーバレンタインイベントをやっていた。Hibiya-Kadan Styleと青山フラワーマーケットが担当。渋谷ヒカリエの3千円以上のレシートで男性のお客様に花5本を選んでブーケにして差し上げる。花いっぱいの写真撮影コーナーもあって、100本のバラ(赤かピンク)も写真撮影用に置いてある。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【青山フラワーマーケット渋谷店】

 花がいっぱい、一足早く春がいっぱい。スイトピーフェアをやっている。フラワーバレンタインコーナーには1980円とか3300円お手頃の花束から置いている。スイトピーブーケ(香りブーケ)などは1300円、1500円と買い易い価格だ。ミモザの花束も置いている。

b1b2b3b4b5b6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【青山フラワーマーケット スクランブルスクエア店】

 スクランブルスケアビルの2F入り口前にある大型店。中央にフラワーバレンタイン商品を陳列。赤いブーケで2200〜3850円と若い人にも買い易い値付け。渋谷東急東横店がビルの建て替えのために3月末迄で閉めるそうだからここが渋谷の基幹店となるのだろう。

a1a2a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

deli style東急フードショーエッジ店(青山フラワーマーケット)

 スクランブルスクエアのBF2の食品売り場にある青山フラワーマーケットの新業態の店。去年の11月1日にオープン。deli感覚でそのまま飾って楽しんでもらおうと言うコンセプトのお店。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【青山フラワーマーケット 渋谷ヒカリエ店】

 渋谷ヒカリエ2Fのお店。こちらはチューリップフェアをやっている。フラワーバレンタインのポスターなどはまだ出ていない。

b1b2

 

 

松島義幸 * - * 22:32 * comments(0) * -

いよいよフラワーバレンタイン

 今日の東京も昨日に続いて冷え込んでいる。ただ、昨日のように北風が吹かないだけ寒さはましだ。北海道から日本海側ではかなりの降雪でスキー場など一息ついているのだろう。東京は今冬初めて氷が張ったようだ。立春が過ぎて漸く冬らしくなるのも皮肉だ。新型コロナウィルスの猛威も益々の拡がりで工場の稼働・撤退など経済にも影響が出て株価も乱高下している。中国向けフライトの減便、観光事業など身近なところにも深刻な影響が出ている。豪華客船も横浜沖で3700人もの人が足止め、香港からの客船が入国不可で引き返すなど大変なことになっている。予想もしないようなことが次々と突然起こってくる。

 

 9時前には三和陸運井上社長が来られる。拠点物流構想の課題の整理、今後の進め方などについて打ち合わせる。午後からは、来週10日提出の令和元年度補正予算・産地生産基盤パワーアップ事業「物流の効率化」(台車の導入)について検討する。公募ドキュメントについて、JFMA事務局野口さんが進めてくれていたが、私は今日からジョイン。仕事に追われているとは言いながら相変わらずの綱渡りだ。

 

 来週はいよいよフラワーバレンタイン。来週10日(月)午後から公開される農水省「消費者の部屋」でバレンタインの展示を14日(金)昼まで行われる。例年のように飾られる花はMPS認証取得した花・鉢花でお花屋さんのバレンタイン商品も展示される。今日は切り花、鉢物、枝物の納入。バレンタインのアレンジや花束は10日月曜日に納入される。準備の状況を見にMPSジャパン佐瀬さん、中村さんが消費者の部屋に行ってくれる。

 

 今年こそインターナショナル・ギフトショー東京(5〜7日)を覗いてみようと思っていたが、残念ながら今年も見送り。今日明日は、アーチング栽培研究会ブロック会(@愛媛)だったが、これも農水省予算提出などがあって行けなくなった。今週末は、全国でバレンタインイベントのピークだろう。東京では、渋谷ヒカリエ(8日)、銀座三越(8〜9日)、渋谷スクランブル・スクエア(9日)でイベント開催。どこか観に行けると好いのだが。

https://www.flower-valentine.com/event/

https://www.flower-valentine.com/tieup/

 

 今日は夜の会食は何もなく21時退社。朝6時過ぎからだから我ながら良く働く。働き方改革が必要だ・・・。

松島義幸 * - * 23:43 * comments(0) * -
このページの先頭へ