<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

第18回MPS参加者ネットワーク協議会

 西日本にこの冬一番の強い寒気が流れ込み西日本は大雪となっている。東京は昨日より気温は上がっているが北風が冷たい。午後から第18回MPS参加者ネットワーク協議会が法政大学新一口坂校舎101教室で開催された。

 

a1 開会のあいさつは協議会会長の大西さん(セントラルローズ)。ネットワーク協議会はMPS参加者による自主組織。事務局をMPSジャパンが務めている形となっている。

 

 

 

 続いて小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)の挨拶。日本のMPSは生産は伸び悩んでいる。ただ、流通は花の取扱量の1/3はMPSの市場からとなっている。日持ち品質管理認証は2千人もの生産者が参加している。世界はサステナブルな方向に向かっている。オリンピックは水産、森林は国際認証、花はMPSなはず。国は花の輸出にも力を入れている。これからは輸出でMPSは必須となる。花のJASも進行している。

 

a2 講演気枠口さん(東日本板橋花き)が「全国の生産・流通に関する最新動向について」で講演。リシアンサスを切り口に市場が産地をどのように開拓していったかを話される。国内ばかりでなく台湾もリレー生産の産地として組み入れている。沖縄、福島、富山、愛媛、北海道、宮崎、山口と品目、地域を広げてそれぞれのミッションで産地開発している。

 

a3 講演兇錬唯丕咼縫紂璽垢裡唯丕咼如璽燭粒萢僂力∈椶任馴染みの彦田岳士氏の登場。「MPSデータから評価するIPMの実践状況」のテーマで講演。IPM:総合的な病害虫の管理の説明から入る。今回の講演に際して事前にMPS参加者にアンケート調査を行っている。そしてIPMの実践率と農薬の使用料との関係を探って解説している。

 

a4 講演靴聾綟0鐫棒萓検陛豕農業大学名誉教授、全国土の会会長)による「いつまで続ける?間違いだらけの土づくり〜さあ、始めよう!花き栽培のための健康な土づくり」。後藤先生の講演を聞きたいからと参加してきた人もいる。私のような土壌や肥料に素人でも分かり易く面白い。土にも体力がある。全国の土壌はとんでもないことになっていて、このままいくと土耕で栽培できなくなってしまうと言う。土を人間に例えて、花は「超超メタボ」(N、P、K)だと。リン酸過剰はコレステロール値、ECは高血圧、pHは体温だそう(pHが下がるとフザリウムが出やすくなる)。

 今回の講演に当たって何人かの生産者の土をサンプリングして土壌診断をされている。トルコギキョウはリン酸は50咫殖隠娃悪咾覆里烹牽娃阿箸の数値の人もいる。今日会場に見えていた湯田さん(田島っ子ファーム)の土壌は何年か前と変わらず非常に健康だと。後藤先生のお話は1時間ではもったいない。また、別の機会を作って講演をお願いしたいと強く感じた。これは会場の皆も同じだったろう。

 

 私からは「MPSの現状と今後の展望」と言うことで、世界での花き取引形態の変化からサステナブルな社会への方向付け、ネオニコチノイド系農薬問題、プロダクトプルーフなどキーワード的に紹介。日本での日持ち品質管理認証の展開、また、それをベースとしてより厳格化する「花のJAS」の制度設計・法制化の動きを紹介。最近のGAPを見ていても自ら作った基準で組織内で審査するような動きもあるが、認証と言うからには第3者が審査、担保しなければ意味がないと言うことを言いたかった。

 

 17時半、協議会副会長の菅家さん(会津よつば)の閉会の挨拶で無事終了。

 

a6a5

 

 

松島義幸 * - * 23:37 * comments(0) * trackbacks(0)

2月のイブニングセミナー

 東京も震え上る寒さの1日。出勤時は傘は差さない程度だが顔に刺すように感じる霙が降る。昼過ぎからは霙、雨が終日続く。朝7時半からお客様。9時半からはホームページを自分で書き換えるためのレクチャー。午前中いっぱいかかるが私はついていけていない。JFMAは野口さん、MPSジャパンは中村さんから後から教えてもらうことにする。4月からは経費節減のためホームページの記事の書き換えなどそれぞれ自社でやる。

 

 明日の第18回MPS参加者ネットワーク協議会の準備は私の講演資料以外は全部揃う。私の出番は僅か15分だが欧州のネオニコチノイド農薬関連の動き(ミツバチ問題、プロダクトプルーフ)やJASの国際化に伴い花のJASの制度設計の話などを皆さんにお伝えするつもりだ。私のパワポ資料もやっと夕方までにまとめる。

 

 2月のイブニングセミナーはバレンタインの日です。2月はアフターヌーンセミナーはお休みです。イブニングセミナーは花き業界の立場を越えた交流の場です。小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)を囲んで語り合いましょう。是非ご参加ください。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2017/02/20170214_evening.pdf

 

■2月のJFMAイブニングセミナーのお知らせ      
 *日時   2月14日(火)18時30分〜20時30分                          
 *場所   麒麟宴 市ヶ谷

          東京都千代田区九段南3−5−7 エミナンス九段1F         
          TEL 050−5788−1522

           〜JR市ヶ谷駅から徒歩7分。地下鉄市ヶ谷駅A3出口徒歩5分
            https://r.gnavi.co.jp/2t8em8vk0000/map/
 *会費   @5,000円
 *申込   JFMA事務局 宿泊が必要な方も下記まで。
         TEL:03−3238−2700 FAX:03−3238−2701
         Mail:info@jfma.net  

 Shall we flower?

松島義幸 * - * 23:39 * comments(0) * trackbacks(0)

花きトレンド調査2017 安定出荷、日持ち・・・。

 5時起床、朝風呂に入って(43℃)洗髪、家を5時44分に出て、5時48分の電車に乗ると6時13分に事務所到着。これが朝のリズムだ。別にワーカーホリックなわけではなく、混んだ電車に乗りたくないのと朝ゆっくりしたいからだ。当然音楽も聴く。

 

 今日は朝のリズムが少し崩れて8時に事務所を出て青梅方面に車で向かう。日持ち保証販売を検討している会社とスーパー、ホームセンター、生協など7軒の花売場の店頭を見て回る。去年の12月にも目的は違うが店頭周りをやっているが、正月前の店頭とは違う普段の姿を見て回る。日持ちと言う切り口で見ると、日持ち保証販売、入荷日表示、店頭陳列期限表示、鮮度保持剤の添付の有無といろいろだ。花を買い易いように購入用のバケツを用意、品目別に手入れ方法を告知など店によっていろいろ工夫している。見るからに新鮮な花を置いているお店を見ているとやはり売れている。あれっと言うような花を置いてしまっているお店も残念ながら勿論ある。まだまだお客様への日持ちと言う面で見てもやるべきことがあるようだ。手前味噌になるが日持ち品質管理認証を取得しているお店はしっかりしていて我意を得たりで嬉しくなる。事務所帰還は13時。

 

 今日の日本農業新聞に同紙が独自に行った花きのトレンド調査結果が掲載される。国産花きに求められるキーワードのトップは「安定出荷」だそう。天候不順により物日などで仕入に苦労したことが出ていて、前年の39.2%から57.8%と18.6ポイントも上がっている。これに関連して大きくポイントを上げているのが「契約取引」で前年の14.2%から26.3%に上がっている。

 

 キーワードの2位は「花持ち(日持ち)」(47.4%)、3位が「値頃感」(44.7%)となっている。花持ちを一定期間保証する制度が花の消費拡大につながるかどうかについては、63.2%が「つながる」と答えている。理由としては「観賞期間が明確になることで新たな販路が獲得できる」、「花は持たないから高いと言う人には保証は効果がある」と意見が出ているとのこと。店頭での産地表示は、6割の業者がそれにより「消費が拡大する」と回答していると記事にある。

 

 期待の高い物日ランキングでは、ハロウィンが14位から9位に上昇している。これは急拡大したハロウィン市場に花きも乗った形だが、ハロウィンのようにスイーツ、アパレル、TDLなどのエンターティメントが一斉にカボチャや黄色で表現してお客様に訴求しているからの結果だと思う。フラワーバレンタイン、ウィークエンドフラワーでも少しでも多くの花屋さんがお客様に訴えかけていけばシナジー効果が生まれて、もっと頼もしい物日に成長するのだがと歯痒い想いだ。

 

a1

松島義幸 * - * 22:55 * comments(0) * trackbacks(0)

JFMAフラワービジネス講座

 東京は今日も厳寒の気候に戻って寒い1日。午前中は来客、昼の会食と忙しい。

 

 午後はJFMAフラワービジネス講座第3期上級の1回目。第1、第3火曜日の月2回、4月18日までの講座が始まった。開講に当たって小川JFMA会長(法政大学経営大学院教授)の挨拶に続いて、守重JFMA副会長(インパック社長)も駆けつけてくれて挨拶を頂く。受講者の自己紹介のあと上級講座のカリキュラムのトップバッターは海下展也氏(クリザールジャパン取締役副会長)の登場。テーマは「日本と世界の花事情」で世界、日本の花き産業を上級コースに相応しく鳥瞰される。世界のパラダイム(基本概念)のサステナブル(自然志向、家族・人の絆)などの変化の中で、花きのある生活、花き生産、流通がどのように変わっていったかを解説する。俯瞰するだけでなく、店舗づくりからネオニコチノイド農薬の問題(ミツバチ減少)、機能膜無水梱包(MAP)販売試験など最新の話題まで紹介。日本の花事情でも同様で、1時間半の講義時間ではもったいない内容。恐らく今日のテーマだけで4、5時間のカリキュラムができるだろう。次回は2月21日(火)、青山フラワーマーケット江原氏による「青山フラワーマーケットがお客様に支持される理由」、花恋人野田氏による「お花屋さんの人材育成」の2講。単独でも受講できます。

松島義幸 * - * 22:50 * comments(0) * trackbacks(0)

消費者の部屋 フラワーバレンタイン展示

a1 今日から農林水産省の消費者の部屋でフラワーバレンタインの展示が始まった。MPSジャパンでは毎年MPS参加者さんにご協力をお願いして、切り花、鉢花をMPS−ABC認証取得の花でフラワーバレンタインを飾っている。10時前MPSジャパン中村さんと予定通りに花が納入されているか確認のために消費者の部屋にお邪魔する。今年ご協力頂いたのは下記の生産者さん、お花屋さん。

 

a5 フラワーバレンタインのポスター・ムービー・パンフレット、MPSポスター・パンフレット、リレーフレッシュネス(日持ち品質管理認証)ポスター、フラワービズポスターなどが飾られている。展示期間は、6日(月)12時から10日(金)13時まで。

 

 

【切り花】

 *FFSフラワーファームしろね チューリップ

 *エフ・エフ・ヒライデ ユリ

 *熊谷園芸 バラ

 *JA紀州 みなべいなみMPS研究会 カーネーション、キンギョソウ

 *JA山形おきたま 啓翁桜、アルストロメリア

 *荘花園 バラ

 *新庄もがみ(丹野雄二) ストック

 *PCガーベラ ガーベラ

 *メルヘンローズ バラ

 *ヤマキ花卉園 ストック

【鉢物】

 *エム・アンド・ビー・フローラ クリスマスローズ

 *岐孝園 観葉植物

 *セントラルローズ ミニバラ

 *三豊園芸 セネシオ

 *ロイヤルグリーン カランコエ、セントポーリア

【アレンジ】 バレンタイン商品

 *青山フラワーマーケット

 *小田急フローリスト

 *第一園芸 プリザーブドフラワー

 *日比谷花壇

 *ピーターラビットフラワーズ(インパック)

 *ブケ・オ・ブケ(ゼントク)

 *フロレアル(フラワーゲート)

 

a2a3a4a5a6a7a8a9b1a10b2a11a12b1a1a2a4a3a6a7a8a9a11a10

 

 

松島義幸 * - * 15:30 * comments(0) * trackbacks(0)

くまもと花の日 リレーフレッシュネスキャンペーン

 第2回リレーフレッシュネスフェアは昨日で終了した。参加各店舗から写真も送られてきている。各店舗の様子はリレーフレッシュネス通信、MPSニュース、JFMAニュースで報告されるだろう。私のところに届いているものはブログでも紹介させて頂こうと思っている。今回のフェアの期間から外れるが、熊本県の「ヒゴニサクプロジェクトチーム」のお花屋さん28軒が熊本県で毎月の7日、8日にやっている「くまもと花の日」に合わせて「リレーフレッシュネスキャンペーン」を行う。日持ち品質管理認証を取得している生産者さんと認証取得の「ヒゴニサクプロジェクトチーム」のお花屋さんでタイアップしてお客様に訴えかけていくものだ。「くまもと花の日 花の日には、最高の花を。」のポスターが美しい。なお、熊本県は生産は、本ブログでも前述したように「JAグループくまもと花き日持ち研究会」として19のJA、部会の320の生産者が一つになって日持ち品質管理認証を取得している。

 

a1

 

松島義幸 * - * 13:30 * comments(0) * trackbacks(0)

農薬の生態リスク

 2月4日(土)の日本農業新聞に「生物多様性の中で評価を〜農薬の生態リスク」の見出しの記事。五筒公一氏(国立環境研究所主席研究員)はネオニコチノイド農薬の生態リスク評価の研究を2004年から続けられている。記事をそのまま引用する。ビーカー内の毒性試験に基づく環境基準値の高い殺虫剤として評価されたネオニコチノイド農薬、高い薬効と卓越した安全性のギャップに疑問を感じて研究に入ったのだそう。その結果、ネオニコチノイド農薬を1剤投入するだけで水田内の生物群集(種の組成や個体数)は大きく変容し、水質や雑草の生え方にまで影響が波及することが分かった。農薬の影響を見るのにトンボを見るのだとのこと。トンボは幼虫次代を水中で過ごし、成虫となって飛翔するために生息には健全な水環境と森林環境を必要とするからだそう。

 

 本ブログでも以前に取り上げているように、ヨーロッパではミツバチ問題からネオニコチノイド農薬が問題になっている。ドイツの量販店ではネオニコチノイド農薬を使用していないと言う証明(MPSプロダクトプルーフ)がなければ花の納入が不可の所も出ている。

 

a1

松島義幸 * - * 12:41 * comments(0) * trackbacks(0)

花を輸出するために大切なこと!

 午前中は母訪問。バレンタインではないがお花とクッキーに大喜び。ただ、また転んだようで大事に至らなくて良かった。少しずつ歳を取っていくのは仕方のないことだろう。私だって昔なら年齢からみればケアされる歳なのだと思う。今は10〜15歳くらいは体力的には皆若くなっている。

 

a1 午後は仕事をさぼってしまって(リレーフレッシュネスフェアの店舗を見て回ろうと思っていた)レコードを引っ張り出して聴く。砲金削り出しの10圓離拭璽鵐董璽屮襪静かに回り、トーンアームを降ろしてカートリッジがトレースしていく。見とれるほどに美しい。最近若い人にもレコードやレコードプレーヤーが復権しているのが分かるような気がする。過日購入したアンプにも満足。オーディオは上を見たらきりがないが、部屋の環境も考慮するとこんなところだろう。タンノイの老スピーカーも綺麗な音を出してくれている。レコードのジャケットも飾っておきたくなるようなものがいっぱい。

a2a3

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週金曜日(3日)に全国花き輸出拡大協議会のセミナーに野口さん(JFMA事務局)に行ってもらったら早速今日アップされたJFMAオフィシャルブログに報告してくれている。樋口さん(東日本板橋花き)が去年11月の杭州テクノパークでの日本花きフェアの様子を披露している。

 ■「花を輸出するために大切なこと」

http://shallweflower.jugem.jp/?eid=1234

 

 今週は6日(月)から10日(金)まで農水省の消費者の部屋でフラワーバレンタインの展示がある。切り花、鉢花はMPSの花で飾ってもらっている。7日(火)にJFMAフラワービジネス講座の第3期上級コースがスタートする。また、10日(金)には第18回MPS参加者ネットワーク協議会が開催され後藤先生(東京農大名誉教授)、樋口さん(東日本板橋花き)、彦田さんが講演される。8〜10日には東京国際ギフトショー2017春(@東京ビッグサイト)も開催される。

 

a4 先週日曜日にリレーフレッシュネスフェアで購入したガーベラ。5本中3本は8日目でも元気(写真はトイレ組の2本)。スイトピーはそろそろ終わりだが8日間は楽しんだ。

 

 

松島義幸 * - * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0)

バラ 短茎ニーズ対応

 2月3日の日本農業新聞に愛知県農業試験場がバラの改良切り上げ方式の仕立て方式を開発したとの記事が掲載されていた。短茎ニーズに応えるもので実需ニーズの高い切り花長70センチ程度の高品質の花が多く取れるとのこと。収量もアーチング方式に比較して1.4〜1.5倍程度(サムライ08)となるよう。80〜100センチの上位等級も重要だが需要が限られている。普段使いの花、気軽な贈り物に対応する短茎のものが求められてきている。長いものをカットするのではバランスも悪く、またゴミの問題もある。短茎は梱包効率も上がり、輸送費の削減にもつながる。普及が望まれる。

 

 短茎のキク、エコマム(アジャストマム)は普及しているのだろうか。ニーズは間違いなくあるが、需要と供給側のマッチングがKFS(成功の鍵)だったようにバラも同じだろう。

 

a2

松島義幸 * - * 21:33 * comments(0) * trackbacks(0)

世田谷カップ

 立春。東京は快晴。陽射しが柔らかく暖かい1日。車載の外気温を見ると13〜14℃を示している。世田谷花きで今日から7日まで展示している「第8回世田谷カップ」を見に行く。10時野口さん(JFMA事務局)を駒沢大学駅でピックアップして会場に向かう。出展作品数は50で作品テーマは「フラワーバレンタイン〜男性から女性に贈る花束」。

 

a1 会場に世田谷花き深川さん(JFMA理事)がいらして説明頂く。世田谷カップは不定期で開催。時期を決めてしまうと旬の花が固定してしまうので、いろいろな季節に開催するのだとのこと。参加者(参加費3千円)は花材を選んで、花瓶も主催者側で用意したもので生けて持ち込むのだそう。ベースは透明でスパイラルの技術なども審査の対象になるようにしている。9人の審査員によるコンテストの評価は決まっていたが、どれも素晴らしく私のような素人でも楽しめた。来場者にはアンケート用紙が配布され、来場者による評価もでるようだ。作品はあくまでも店頭で売ることを前提で審査されるので、技術だけでなく商品性が問われる。作品には店頭での想定価格が付けられている。8千円から1万2千位が多いが、買いたいものばかりで流石だ。

 

 私がアンケートでトップに就けた参加者が丁度会場に来られていた。声をかけたら喜ばれてくれて、こちらも嬉しくなる。私などはこんな花があったのかと言うレベルでいろいろな発見があって楽しめて勉強になるが、お花屋さんやデザイナーさんもこうした企画は刺激を受けて好いのではないかと思った。店頭と産地・旬の花を意識したコンテストが好い。会場で北海道長沼の北の純情倶楽部の堀田さんにお会いする。今日は世田谷花きと東京砧花きの合同の新年会だそう。

a2a3a4a5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夕方、渋谷に出る。駒沢大学駅は若い人で溢れかえっていてロープで通行規制して駅員が誘導している。今日から駒沢大学の入試が始まったらしい。試験が終わって一斉に駅に人が押し寄せたのだろう。ラッシュの時間でもないのに電車を一つ乗り過ごす。バレンタイン前の花屋さんはどんな様子かと思っても日比谷花壇さんと青フラさん以外はフラワーバレンタインの匂いもない・・・。青山フラワーマーケットの東急東横店のリレーフレッシュネスフェアを覗いてみる。八木バラ園(静岡)のバラでフェアをやっている。丁度若い男性3人が店頭でそのバラを30本、いや50本にしようと話している。見ているとスタッフと相談して、結局50本のバラを花束にしていた。パーティにでも持って行くのだろうが、男性の花贈り!素晴らしい。

a6a7

 

 

 

 

 

 

 

 

a8 渋谷はバレンタイン商戦が始まっているが、特設会場はチョコレートや小物ギフト。花店も頑張ってフラワーバレンタインをアピール、情報発信してくれれば良いのだが・・・。

 

 

 

松島義幸 * - * 22:53 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ