<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

仏壇の花

 12時から茅場町のホテルオークラレストランで開催されたキリンのエンジニアリングOB会に参加。私もキリン時代の半分は機械エンジニアとして仕事していた。いつの間にか台湾キリンビール、上海キリン飲料、アグリバイオカンパニーと道が変わってしまった。台湾キリン、台湾キリンエンジは今でもありビール販売やキリンのミャンマーのビール工場建設に参加していたりしてどちらも元気だ。今日は現役の10名を含めて54名が出席。上海時代に医薬の若手技術者として来ていたような人が立派に技術部長になっていたりでびっくりだ。20年振りの再会だ。キリンは現在ビール工場が9つだが、6工場でエンジ系の人が工場長になっている。昔の上司、仲間、部下たちと正に旧交を温めて楽しい時間を過ごさせてもらった。14時半お開き。いつもなら2次会に繰り出すのだが、ここのところ呑みが続いているので自重して帰途に就く。本屋に寄って16時過ぎには帰宅。

 

 今週は、明日5日が会津花き日持ち性向上推進セミナー。菅家さんのブログによると既に68名がエントリーしているとある。会場に送付している配布資料は70セットだから明朝会社に寄って少し資料を持たなければならないか。嬉しい悲鳴だ。6日はJFMAフラワービジネス講座中級ァ■憩岩手農業大学校来訪(プレゼン)、8日花の国日本協議会3役会議、9〜11日は福岡と熊本の花き日持ち性向上推進セミナー。その他にも来客があり今週もあっという間に終わってしまいそう。

 

a1 昨日仏壇の花を替えていて、1週間経ってもカーネーションだけは元気。キクは花弁はともかく葉がちりちりになってしまう。今回は仏壇の花をカーネーションだけにしてみた。来週は日曜日まで出張で花を取り替えられないかもしれないのでカーネーションの日持ちにかけてみた。玄関は今週もカジュアルの黄色のSPバラを飾る。縁起担ぎと明るくて好い。

松島義幸 * - * 22:56 * comments(0) * trackbacks(0)

廃プラの問題

 明日日曜日に行けないので母を訪問するつもりだったが、妹からメール。今日行くから私に休めと言う。車も用意(カーシェアリング)してしまったと言うので甘えることとする。何か半日時間をプレゼントされたようで嬉しい。

 

 1週間分の新聞を読む。ネットのニュースは見ているが、遅れても新聞によるニュースも流れが分かって私はやめられない。高円宮家のおめでたからびっくりの韓国徴用工の最高裁判決、米中間選挙動向、サウジ記者殺害などいろいろ。何度も取り上げられて(日経)気になったのは海洋プラスチック汚染問題。ペットボトルやレジ袋などのサイズの大きなものと紫外線や海でサイズが小さくなったマイクロプラスチックと呼ばれるものとある。海洋プラは年間推定1300万トン(国連環境計画UNEP)に達し、2050年には海に住む全ての生き物の重さに匹敵すると言う怖い予想もある。排出の多いのは、中国、インドネシア、フィリピン、ベトナムなどアジア諸国だそう。日本では分別回収が進んでいて廃棄プラの8割が資源として再利用・ごみ発電に使用され、残りは焼却・埋立されている。500mlのペットボトルは分別回収のシステムができるまでなかなか認可されなかった経緯があるくらいだ(私が元飲料会社だから印象に残っている)。但し、所謂ポイ捨てはこの統計には入っていないところだろうからこの辺から改める必要はありそう。日本でもスーパーやコンビニのレジ袋の有料化(欧州では既に有料)が検討されている。既に有料化となっているところもあるが、これは急ぐべきだろう。

 

 我花業界では花束のスリーブなどがやがて問題になるだろう。ドイツのブルーム2000(約200店舗のチェン店)では紙のスリーブに順次変えている。紙スリーブや生分解プラスチック・バイオプラスチックへの移行はいずれもコスト増になるが、大事な検討課題にしていかなくてはならないと思う。

 

 もうひとつ面白いと思ったニュースは「仕事のメール 時間外は禁止」、「つながらない権利保障」の大きな見出しで日経夕刊の一面のトップ(余程ニュースがなかったか?)の記事。勤務時間外のメール業務を規制することを米国で条例審議されているというもの。確かにどこでもネットの接続が可能となりどこにいても仕事から逃げられない。別に繋がなければ良いのだが・・・。昔は出張、それも海外に出れば日常の仕事から解放された気分になったものだが今は違う。法制化は返信しないことの懲罰的な扱いも勿論禁止となる。フランスやイタリアではすでに法制化されているのだそう。私などは自分で決めさせてよとも思うが・・・。前職の会社でパソコンの稼働をチェックされていて、夜のパソコンでの業務も残業を付けろと言われた部下がいた。怖いことに人事部でチェックしている。その部下はパソコンを買って自分のパソコンで仕事を始めた・・・。これも困った。違う問題だが、在宅勤務も広がっていくだろうし、育児を抱えている女性には必要と思うので運用はいろいろあると思う。

松島義幸 * - * 22:56 * comments(0) * trackbacks(0)

平成30年度花き研究シンポジウム

 大変なハードスケジュールの中、お休みをもらってゴルフ。お付合いゴルフは今年はこれで終了で来年の4月までない。今日はキリン時代にお世話になった先輩・仲間で栃木県塩谷町のロペゴルフ倶楽部。秋晴れ無風の絶好のコンデションでプレーする。深い青い空とグリーンの緑、紅葉が始まっている木々と素晴らしい景観も楽しませてもらう。加えて温泉が私好みで湯温が熱い。いつも通りの下手は同じだが、今日はどうしたことかパットが入ってしまう。後半(IN)では12パット(3パットが2度含)。前半も15パットで私としては珍しい。お遊びのオリンピックでは23点も取って一人勝ち。流石にスコアもまとまる。帰宅して気休めの万歩計を見ると2万歩を超えている。腰も最後まで痛くならずに好い運動にもなったようだ。遊びの話題ですみません・・・。

 

 来週6日〜7日に平成30年度花き研究シンポジウム(主催:農研機構 野菜花き研究部門)が開催される。私はJFMAフラワービジネス講座やお客様の来訪で去年に続いて行けないのが残念。今頃本ブログで紹介するのも意味がないかもしれないが、素晴らしいテーマと講師陣で紹介させて頂く。参加費は無料です。

 

a1

松島義幸 * - * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0)

第7回リレーフレッシュネスフェア開催

 昨日のハロウィン。渋谷のセンター街やスクランブル交差点には10万人が集まったとのこと。主催者なきお祭りで伝統のルールもなく歯止めが利かないのだろう。TVで見ると人が集まりすぎてハロウィン仮装を楽しむどころではないように見える。ゴミも捨てられる。ただ流石に日本だなあと思ったのはボランティアがゴミ回収、清掃して朝には綺麗になっている。渋谷区では会場を代々木公園にすることも検討しているとか。もともと自然発生的に広がったものだから柵の中に収まってくれるのかどうかだが。

 

 第7回リレーフレッシュネスフェアを11月9日(金)から30日(金)まで実施する。フェアは花き品質管理認証を取得している生産者の花材を認証取得の流通を経て認証取得の小売店で販売する。生産、流通、小売の一貫した品質管理をお客様にアピールすることで消費拡大を目指す。キャッチコピーは「産地から店舗まで、確かな品質管理でお花の元気をつなぎます!」。

*フェアのお知らせ:

  http://www.mps-jfma.net/topics/pdf/181019_topics1.pdf.pdf

*認証制度の概要:

  http://www.mps-jfma.net/rf/index.html

 

a1

松島義幸 * - * 23:22 * comments(0) * trackbacks(0)

ハロウィン

 ホテルを6時半に集合して歩いてJR札幌駅へ。相当冷え込んでいてコートがあっても好い位だ。7時過ぎのエアポート号で新千歳空港に7時41分到着。フライトは9時30分発で早すぎるのだが、お目当ては空港内で売っている数量限定の「まめぱん」を樋口さんが買うのに付き合った。美瑛選果(JA美瑛)の「まめぱん」は朝1回しか焼かない。樋口さんは前に買おうと思って行列に並んだものの直前で売り切れになったとか。8時から開店のお店の前に既に行列ができている。一人1箱(5個入り)しか買えない。私も「まめぱん」と「コーンぱん」を1箱づつ購入。焼きたてのコーンぱんを空港で食べてみたが、水と砂糖は一切使用せずにコーンの水分と甘さだけで焼き上げていると言うだけあって、スイートコーンの香りと上品な甘さで美味しい。もう一つ札幌農学校のチーズタルトをお土産に購入。これも樋口さんに薦められたもの。

b1x1

 

 

 

 

 

 

 

 事務所に戻って、今度は来週月曜日〈5日)の会津日持ち性向上対策推進セミナー(@農業総合センター会津地域研究所)の準備。明日の宅急便で資料を送付すべく70部コピーする。会津は講師が菅家さん、樋口さん、中曽根さん(ナカソネリシアンサス)、水野さん(青山フラワーマーケット)で配布資料がアンケートを含めて9種類ある。大変な量のコピーで時々悲鳴(紙詰まりなどのトラブル)を上げる。

 

 15時半から中国杭州から帰国中の西村潤氏(エーカスジャパン社長他)と中国ビジネスの打合せ。中国はビジネス環境が急変していて西村さんにはご苦労をおかけしている。

 

 今日はハロウィン。渋谷スクランブル交差点、センター街の様子をTV報道でみるとお祭り騒ぎ。度が過ぎて暴動に近いものも。元々日本では宗教色は全くないが、米国の子供たちが「Trick or Treat」(お菓子をくれないといたずらしてしまうぞ)と各家を訪問するような可愛い雰囲気もない。かぼちゃのランタンのデザインや仮装だけが楽しく残っての大騒ぎ。渋谷のレストランや飲み屋さんなどは商売にならないようで気の毒。

松島義幸 * - * 23:07 * comments(0) * trackbacks(0)

JAながぬま花き日持ち性向上対策推進セミナー

a1 9時半薄木さん(フルーロン花佳)の車で長沼に向かう。北の純情倶楽部堀田さんを訪問する。お邪魔するのは3回目か。リシアンサスをはじめいろいろな草花を作っている。美しいと作りたくなるそうで多い時には年間180種類もの草花を作っていると言う。私は恥ずかしいことにハウスを移動する時に滑って転んでしまう。ズボンのお尻がびっしょり。薄木さんの車に乗せてもらうときにも座席を汚さないようにビニールを敷く始末。革靴で滑りやすいとはいえ情けない。

a2a3

 

 

 

 

 

 

 

 

 長沼の「フローラル創」に寄る。佐藤さんにも久し振りにお会いする。店内は花いっぱいで美しく画廊のよう。

a4a5a6a7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

a8 14時から花き日持ち性向上対策推進セミナーをJAながぬま2階大会議室で開催。講師、テーマは昨日の新はこだてでのセミナーと同じ(海下さんはいないので前処理、予冷などの補足説明はなし)。ほとんどが生産者さんで35人が出席。今日は薄木さんが地元で力が入ったか、時間オーバーとなるが、皆さんが真剣に聞かれているので敢えて止めなかった。元々押せ押せだったがセミナーは30分オーバーして16時30分終了。

 

 17時半から有志による懇親会。長沼町の山田公さん(北の純情倶楽部。MPS−ABC参加者、花き日持ち品質管理認証取得者)。山田さんのお宅の倉庫に炉が作られて炭が熾きている。炭の暖かさが嬉しい。外気温は5℃くらいか。かなり冷え込んできている。北の純情倶楽部や南空知の皆さんなど25人位が参加。ジンギスカン、燻製の卵や鮭、野菜スープ、茹でトウモロコシ、赤飯のおにぎり、・・・。野菜は山田さんの無農薬野菜、シシャモ一つも特別に調達。山田さんは準備に3日間かかったそうで全てにこだわりがある。北の純情倶楽部の皆様のおもてなしに感謝。「ハッカク」と言う魚もご馳走になった。深海魚で見た目はグロテスクだが食べると美味。高級魚だそうだが私は初めて。燻製の鍋では蛸が燻され、終わると山田さんはオリーブ油でホタテのアヒージョを作りだす。手作りの暖かい会となる。薄木さんの車で札幌に戻る。サッポロ生ビールや大吟醸酒など楽しませてもらったのに薄木さんはお酒は一滴も飲めずに申し訳ないことをした。

a1a2a3a4

松島義幸 * - * 23:30 * comments(0) * trackbacks(0)

JA新はこだて花き日持ち性向上対策推進セミナー

 混んだ電車を避けて6時半過ぎに駒沢大学を出て7時半過ぎに羽田空港到着。ラウンジでゆっくりする。10時15分羽田空港発のフライトで函館空港に11時半過ぎ到着。空港で今日のメンバー、樋口さん、菅家さん、海下さん、薄木さん、事務局全員が揃う。レンタカーで七飯(ななえ)に向かう。

 

 14時からJA新はこだて七飯基幹支店会議室で花き日持ち性向上対策推進セミナーを行う。プログラムは下記の通り。

 

機屬覆次品質管理が必要か?」

      〜花き農業経営を維持するために、今必要なこと!

    国産花きイノベーション推進事業検討会 副会長 菅家博昭氏

供崙持ち性向上対策はなぜ必要か?」

        東日本板橋花き 常務取締役 樋口博紀氏

   (国産花き日持ち性向上推進協議会 会長)

掘孱横娃横映以降に求められる国産花きとは?」  

  〜品質の見える化と、求められる花とのリンク

   フルーロン花佳 代表取締役 薄木健友氏

 

 今日のセミナーはほとんどが生産者さん。菅家さんは毎回問いかけるように話をされる。小規模農家だからやれる強みや旬の草花が花店から求められていることなどご自分の目で見て話されるので説得力がある。また、来られた生産者さんが何を作っているかで話を変えている。今日はカーネーションの生産者が多いと言うことで海下さん(クリザールジャパン取締役副会長)に前処理、連蔵保管、予冷の重要性を海外の最新の情報から急遽お話してもらう。最後の質疑応答では海下さんへの質問が集中した。

 

 樋口さんは市場の品質確保の取組み、生産者に最低限求めることなど日持ち性向上の切り口から話される。予冷や前処理・後処理剤の使用の有無での違い、低温貯蔵後の日持ち試験結果を画像で見せて分かり易い。

 

 薄木さんは、1時間半位は欲しい内容。オリンピック後の2021年の花業界がどうなっているかから説き起こし、より品質向上管理が必要だと。産地、花店の最新の日持ち性向上の取組みを具体的にお話される。エチレンやボト対策も具体的に解説。

 

 最後はアンケート記入の協力をもらって16時20分終了。車で函館空港に戻る。途中雹、突然の突風、雨が降ったかと思うと晴れると言う不安定な天候。大きな虹がかかる。直ぐ消えてしまうが、しばらくするとまた虹を見る。18時35分のフライトで札幌・丘珠空港に向かう。19時半札幌着。夜は流石に冷える。10℃位か。

松島義幸 * - * 23:35 * comments(0) * trackbacks(0)

11月のイブニングセミナー

 午前中はいつも通り母訪問。先週行けなかったので2週間振りだ。2、3日前に熱を出してしまったようでスタッフから説明を受ける。勿論電話では連絡をもらっていたのだが丁寧で感謝だ。今日はもう熱も下がり穏やかにしている。私の忙しいのを心配して、早く帰れと言う。寂しいのに人のことしか考えないで母らしい。

 

 今日は車に給油する。前回の給油から840キロ走っている。1リットル当たり24キロの燃費。前の車(2500cc)は8キロだったから1/3だ。私は年間4000キロ位しか走らないが、それでもガソリン代が前の車に比べて5万円(150円/リットルとして)位安いことになる。今の車はいろいろな情報が出るが、今までの走行距離が約8000キロで燃費は24.4キロ/リットルとなっている。

 

a1 だいぶ前に買ったマリー・クレール・アランの弾くバッハのオルガン作品全集(エラート)。15枚組でかなりの分量だったが、1カ月以上かかって全部聴いた。録音は1959〜1967年で古いが(アランの最初の全集)音も美しい。澄んだ空気から響いてくるようなオルガンの音。時には荘厳に或は親しみやすい旋律が繰り返しだったりで全てが素晴らしい。長い間音楽を楽しんでいるがこんなにまとまってバッハのオルガン曲ばかりを聞いたのは初めてだと思う。昔のLPの復刻で値段もとんでもなく安かったと思う。お薦めだ。 

 

 今週は明日29日(月)はJAしんはこだてで花き日持ち性向上対策推進セミナー開催、30日(火)は同じくJAながぬまで開催する。

 

 11月のJFMAイブニングセミナーは11月13日(火)です。どなたでも参加できる花き業界の立場を越えた情報交換の場ですので是非ご参加ください。場所はいつものナゴヤメシの居酒屋さんに戻って「素材屋」です。小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)を囲んで花き業界を語り合いましょう。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2018/10/181113_evening_Sozaiya-.pdf

 

■11月のJFMAイブニングセミナーのお知らせ      
 *日時   11月13日(火)18時00分〜20時30分                          
 *場所   素材屋 市ヶ谷店

          東京都千代田区五番町6-1AKビルディング1F          
          TEL 050−5796−0511

           〜JR市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に向かう坂の途中

            にあります。
            http://r.gnavi.co.jp/g084627/map/
 *会費   @5,000円
 *申込   JFMA事務局 宿泊が必要な方も下記まで。
         TEL:03−3238−2700 FAX:03−3238−2701
         Mail:info@jfma.net  

 Shall we flower?

松島義幸 * - * 22:56 * comments(0) * trackbacks(0)

ハロウィン価格?

 何も予定のない週末は久し振りか。と言っても事務所に出て少し懸案事項を片付けるつもりでいたのだが、朝起きて体が重い(体重ではなく?)。二日酔いか・・・。別に気持ちが悪いとかは全くないのだけど元気のないのは飲み過ぎしか考えられない。確かにハートランドビールから始まって、白ワイン、赤ワインと良く呑んだ。駒沢大学に着いての立ち飲み(小ぎれいな良い店だった)も効いたかもしれない。いつものことだけど反省。事務所に行くのはやめる。

 

 活動開始は仏壇の花を買いに行く。今週は散歩も兼ねて(15分位)スーパーの仏花を買いに行く。ついでに玄関には黄色のスプレーバラ。キッチンにはカーネーション。花を飾って気持ちがすっきりする。次はズボンを買いに行く。衣替えをして胴回りがきつくなってはけなくなったスラックスが2本。体重は変わらないのに筋肉が落ちたりしている分がお腹に回っていると言うことか。体重を減らすことは別に考えるとして当面困るので買いに行く。胴回り屈辱的な97センチを2本購入。

 

 夜は娘が学園祭から戻るのを待って二子玉川の寿司屋に行く。20時半頃からだと待たずには入れる。二子玉の青フラさんとリベルテはどちらもお花いっぱいでお客も入っている。両店ともバラフェアをやっていた。街はどこでもハロウィンムード一杯。フォトスポットまである。娘の話では、レストランの予約をしたところ、ハロウィン前1週間は特別料金で一人500円ずつプラスされたそうな。元々会費が3〜4千円だから結構怒っている。31日は渋谷のスクランブル交差点には10万人が集まるそうで警戒しているとか。今日は一番搾りを1杯と燗酒1合だけ。焙りのノドクロ握りと舞茸の天ぷらの握りで最高に楽しませてもらう。

a1a2a3a4a5

松島義幸 * - * 23:43 * comments(0) * trackbacks(0)

マンスリーナイトセッション

 いつものように朝6時過ぎには事務所。来週の北海道(29日:新はこだて、30日:JAながぬま)のセミナーの準備。6種類の資料を75部コピー。そのほかにアンケートもある。休む間もなく銀行に行くなどで午前中が終わってしまう。

 

a1 14時から法政大学新一口坂校舎101教室で花の国日本協議会の理事会。恒例の出席理事の近況報告が面白い。今日は出席理事が多く(15人)内容をここに書ききれないが、北海道のブラックアウトの顛末には改めて大変さを思う。停電に花の荷物が出荷できなくてどんどん溜まってしまう。そんな中で青山フラワーマーケットが店を開けた。生活物資もままならないのに花が売れたのだそう。青フラさんのお店が輝いて見えたと。

 

 議事は先のフラワーサミット報告、バレンタインなどプロモーションの進捗報告など。来年2月1日封切りの映画「雪の華」とのコラボ企画は素晴らしい。中身は極秘情報だそうで紹介できないのが残念だが期待したい。今日は海下さん(クリザールジャパン取締役副会長、JFC顧問)による特別レクチャー。国内・海外の花き産業の動向について1時間弱のプレゼンテーション。

 

a6 18時半から赤坂のTEA HOUSEを貸し切って開催された第1回マンスリーナイトセッション(主催:花の国日本協議会)に出席。先に行われたフラワーサミットで問題提起、議論されたままに終わってしまっては勿体無い。プロジェクトチームを作って検討を進めるなり具体的にしていこうと言うことで、先ずは集まって方向性を出していこうと井上理事長の発案で開催となったもの。25、26人が参加。井上さん自らテーブルを移動して意見交換して回っている。さて、アルコールの入った席でどこまで方向性を付けられるか、これからのフォローが大切だ。

 

 いつも満席の人気のTEA HOUSEは久し振りだが、花と緑の素晴らしい空間。ハウス側から青山フラワーマーケット赤坂店の様子が見られる。19時、20時の時間帯でひっきりなしのお客様。流石だ。今日のTEA HOUSEの料理は特別なもの。ビールはハートランドの生。ワインやハイボールなども楽しめる。日本酒と焼酎は置いていないところにもお店の拘りが感じられる。

a2a3a4a5

松島義幸 * - * 23:39 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ