<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

葬儀費用

 連休2日目。11時に東京駅北口前オアゾビルの居酒屋「えん」に高校時代からの仲間4人が集合。6人組だったのだが、22歳の時に1人は山(甲斐駒ケ岳)で遭難、もう一人は35歳の時に急死していて4人組となっている。実は一人は私の妹と結婚しているので義弟となる。義弟と言っても身長187センチでいつも見下ろされているが。50年以上も前の高校時代の話題から仲間や先生の近況、最近の健康など話は尽きない。13時半過ぎお開き。

 

 雑用で有楽町に行ったのでお花屋さんを少し見る。青山フラワーマーケットは「朝摘みひまわり」や「日本の夏ならではの花」と言うように相変わらず旬を売っている。銀座のHibiya-Kadan StyleはDisneyとのコラボ商品が目を引く。Hibiya-Kadan Styleは日持ち保証販売をやっている。スタッフにお客様の反応を聞いてみる。日持ちに興味を持ってもらえるそう。クレームはほとんどないとのこと。モンソーフルールは歩道沿いに全面にグラディエーションを作るような展示はこの時期だからかやめていて、グリーンを前面に出している。お店から少し入ったところにキクを中心に陳列。そこでも色のグラディエーションを作っているのは流石。

a10a3a4a5a6a7a8a9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の日本経済新聞の夕刊に花の話題。「お盆の菊 卸値3割高 高温で生育遅れ」の見出しで、お盆を控えて、産地の高温による生育遅れで出荷量が少なく(大田花き 2割減)前年比3割高となっていると伝えている。また、同じ夕刊のトップ記事は葬儀の話題。葬儀とは別に「お別れの会」が増えているそう。お別れ会の企画をやっている日比谷花壇では、この5年間で開催数は4倍にもなっているとのこと。一方葬儀は簡素化していて、1件当たりの費用は142万円(2016年)で10年前に比較して10万円下がっている。この傾向は今後も続くと記事は伝えている。

a2a1

松島義幸 * - * 22:46 * comments(0) * trackbacks(0)

卸売市場法抜本見直し

 山の日。涼しい1日。海の日があるなら山もと去年から祝日となっている。なぜ8月11日なのかと調べたら、当初はお盆休みにつなげて12日としようとしたそうだが、日航墜落事故の日はまずいと11日となったとのこと。お盆休み初日で高速道路下り線はどこも30〜40キロの渋滞。車で遠出する気になれない。私も今日から15日までお休み。貧乏性で例によって公私のチェックリストをつくるがチェックがいくつ消えるか、少しのんびりしてもいいかなとも思う。 

 

 音楽は久し振りにレコードでブルーノート。1950年代のモダンジャズ。「サムシン・エルス/キャノンボール・アダレイ」など不朽の名盤だと改めて思う。砲金のターンテーブルに乗った黒光りして廻るレコードを見ているだけでも癒される。

a1a2

 

 

 

 

 

 

 

 8月7日の日本農業新聞一面の論点に「卸売市場法抜本見直し」について立命館大学経済学部教授新山陽子氏の寄稿が出ていた。政府が卸売市場法の廃止が検討されていると言うような報道(日本農業新聞、下段新聞記事)がされる中で新山教授の寄稿は問題を良く整理されていて分かり易い。花きにおいても市場が中心の流通形態は日本に特有のものだが、生産者の規模が小さく、また、小売店も大半が小口の調達ということだと市場・仲卸の機能が不可欠となる。勿論、セリにかかるのは10〜20%、輸送費の高騰など正に抜本的な改革が必要で現状のままで良いと言うことではないが、市場の荷受、金融機能は残さないとならない。

 

2a3

松島義幸 * - * 22:57 * comments(0) * trackbacks(0)

日持ち保証販売啓発セミナー 日程

 週初めに作るアクションリストが余り減らないうちに週末を迎える。我事務所も明日の山の日から15日まで休日となる。私だけ出勤した年もあったが、今年は少し仕事を持ち帰っても休むことにする。今日は日持ち性向上対策実証事業の仕事を青木恭子さん(法政大学小川研究室)と整理する。常にチェックしないと毎日の忙しさにあっと言う間に日が過ぎてしまう。JFMA(事務局)、MPS、農水関連(日持ち、JAS)と同時並行に動いていて、どれもコーディネート、時にはプレーヤーもやるのだから大変だ。

 

 MPS参加の生産者さんからシャインマスカットが送られてくる。早速冷蔵庫で冷やして楽しませてもらう。上品な甘さと香りがたまらない。食べるのに頭がいってしまい写真を撮るのを忘れたのが残念。有難うございました。

 

 今月から11月まで全国8都市で開催する日持ち保証販売啓発セミナーの日程は下表の通りです。メインスピーカーは薄木さん(札幌 花佳、日持ち性向上対策実証事業販売実証チームリーダー)で、日持ち性向上におけるここまでに得られた知見の総まとめをお話してもらうと同時に品目別の品質管理の資料を配布します。テーマにもあるように少しでも多くのお花屋さんに日持ち保証販売を始めてもらいたいと願っています。生産者さんも是非参加頂きたいと思っています。セミナー参加費は無料です。

a1a2

松島義幸 * - * 23:16 * comments(0) * trackbacks(0)

365 FLOWERS

a2 車で大田市場に行く。旧盆の仕入れのピークは7日(月)だったかもしれないが、今日は仲通りなど閑散としていて拍子抜けする。8時から花の国日本協議会の3役会議。井上理事長(青山フラワーマーケット)、磯村副理事長(大田花き)と事務局和田さん、鹿子木さんが出席。第3期の決算(黒字で着地)、フラワーサミット2017(9月1日〜2日)の準備状況、プロモーションの進捗状況など。フラワーサミット2017は各分科会パネラー、モデレーターは概ね決定。参加者は8日現在目標の170名に対して122名(スタッフ含)。私もパネラーで「分科会C−1 コールドチェーンの取組み〜新しいパイ作りの礎をどう作り上げるか?」にパネラーとして出る。モデレーターは樋口さん(東日本板橋花き)。ブロック活動は中国四国ブロックで10月17日磯村塾+懇談会で開催予定。10時終了。

 

a3 家に車を置いて11時半過ぎ事務所。午後はクラシックの西尾社長を訪ねる。クラシックの事務所は麹町でタクシーを使い距離ではない。徒歩で10分余なのだけど少し歩くと汗が噴き出す。今日の東京は今年一番の暑さで37℃を超えたそう。アスファルトで照り返す日本テレビ通りは40℃近くあったのではと思う。日テレ通りの並木はサルスベリの並木。白い花が満開で綺麗だ。西尾社長に予冷試験などへのご教示と協力をお願いする。

 

 私の古巣のキリンビールが淡麗グリーンラベルのキャンペーン「365 FLOWERS by 淡麗グリーンラベル」を花の日に因んで8月7日にニュースリリースしている。花の国日本協議会事務局の鹿子木さんから教えられた。人気のイラストレーターポール・コックス氏が毎日の誕生花を劇団員として表現すると言う楽しいもの。花言葉だけではなくその花の原産地や特徴も踏まえたアニメーションを制作。決定版と言える花辞典を目指すとHPにある。https://365flowers.kirin.co.jp/light.html

 

a4

 

 

松島義幸 * - * 22:47 * comments(0) * trackbacks(0)

プロジェクト

 東京は台風5号の接近が嘘のように雨も降らずに昼前には晴れてしまう。10時から農水省で花のJAS(日持ち管理切り花の日本農林規格)の打合せ。今日は農水省(農水省食品規格室、花き産業・施設園芸振興室)、農林水産消費安全技術センター(FAMIC)、日本生産協会、農研機構市村先生、MPSジャパン(本多、松島)で打合せ。次回は8月29日。ここで原案としては概ねまとめて、パブリックコメントなどを経て基準案となる。

 

 16時から法政大学新一口坂校舎301教室でJFMA理事会。理事・顧問で13名出席。また、帰国中の西村さん(ECASジャパン社長、杭州伝化科技服務有限公司技術顧問)もオブザーバーで出席してもらう。今日は毎年8月恒例のフリーディスカッション。フリーと言っても先月からの繰り越しの課題で、新生JFMAの具体的活動、どんなプロジェクトを立ち上げていくかを議論。拠点物流検討プロ、中国輸出プロ、花き業界データ抽出プロ、・・・。活発な意見が出てもっと時間が欲しかった。いずれにしてもいくつかのプロジェクトを立ち上げていく。

 

 18時から法政大学近くの中華料理屋「麒麟宴」でJFMAイブニングセミナー。例年8月はお盆の準備の忙しい時期でもあり参加者は10名程度なのが今日は22名の参加者。沖縄から太陽の花の宮城組合長、兼島参事に参加頂く。今月も井上社長(三和陸運)など遠方からも多数参加。産休に入っている野口さんの後任の古川さん(JFMA事務局)も今夜は参加で助かる。理事会の続きのようで花き業界をどうしていくかで百家争鳴・・・。そうした中で日本カラリスト協会の方が来られていて、お花とカラーで仕掛けようと盛り上がり、トレンドカラープロジェクトを立ち上げるべく準備することになる。

 

 2次会は市ヶ谷駅近くの居酒屋「嘉多蔵」。遅い時間の予約が取り難い店で、粘って8人の席を電話で確保したが、参加者は11名。それでも隣のお客さんに協力してもらったりで無事着席。今度は日本酒と焼酎で盛り上がる。

松島義幸 * - * 23:29 * comments(0) * trackbacks(0)

青い菊

 暦の上では立秋。語呂合わせで「花の日」でもある。地域によってはポスターを作っているところもあるが、余り浸透していないように思う。花の日と言っても何をするのか、どうしたいのかのお客様への訴求がないと…の日と言っても取り組み難い。自転車並みのスピードだという台風5号が四国近畿に上陸して雨を降らせている。旧盆の仕入れのピークは今日位だと思うが、ここのところの天候不順や輸送への影響が心配される。

 

 今日は15時半過ぎに事務所を出て山王メディカルセンター(青山)に出向く。血管のチェックで異常はないそう。EPA(エイコサペンタエン酸)の錠剤を処方される。血液をサラサラにしろということだろう。次回は10月6日。そろそろ去年9月に受けた人間ドッグから1年近いので、山王クリニックで申し込んだら何と予約でいっぱいで来年の2月初めとなる。それでもここの先生の方が信頼できるので予約する。少し間が空くが、その前は8年間も全くチェックしなかったのだから好いだろうと。

 

 今日の日本農業新聞の一面に農研機構とサントリー(グローバルイノベーションセンター)が遺伝子組み換えで青い菊を開発したと言う記事。遺伝子組み換え換えのステージがどこなのかは記事にないので市場に出てくるのがいつ頃になるのかは分からないが、何年後であれ「青い菊」はいろいろな使い方が考えられて楽しみだ。これでサントリーさんは、カーネーション、バラ、菊と3台主要品目の青色品種開発に成功したことになる。青い菊の単独のブーケ、或は青と白、グリーンなどの組合せと商品の幅が広がるのは間違いないだろう。そう言えばロシアでは白い輪菊の1本のブーケや菊だけの贈答用のブーケがあった。

a1

 

松島義幸 * - * 23:24 * comments(0) * trackbacks(0)

旬を売る!

 今日8月6日は、広島原爆忌、広島平和記念日。原爆死没者慰霊式をTVで見る。毎年青い空と真夏の太陽で白く輝く原爆死没者慰霊碑の風景の様な気がする。ニュースによると海外からの参列者が増えているそう。

 

 午前中は母訪問。午後は大学の後輩を国立国際医療研究センター(新宿区戸山)に見舞う。7月25日に肝臓癌の摘出(1/5)手術をしたと言うので、大丈夫かなと少し覚悟してお邪魔したのだが、心配したのが拍子抜けするくらい本人は元気で声にも張りがある。人間ドッグで癌が見つかったそうで、待ち構えたように事の仔細を説明してくれる。正直ほっとする。病院の入口にお花屋さんがあった。聞くとこの病院が今のところに移る前から病院入口で店をやってきたとのこと。病院と花の問題も知っていて、この病院では駄目なセクションはあるが、ほとんどがOKだとのこと。

 

 同行した二人から新宿で呑んでいこうと誘われたが、16時過ぎから呑んだのではきっと長時間飲んで調子を崩すと思って断る。来週同じメンバーで会食することもあるが、私としては断るのは珍しい。帰途、新宿、渋谷の花屋さんを覗く。新宿の人の波は渋谷より一段上の賑やかさか。すごい人波だ。小田急さんも青フラさんもヒマワリフェア。青フラさんは南房総のヤマキ花卉園(MPS)のヒマワリ。花束に「ひまわり 夏の絵日記」、「マルシェブーケ」、草花を「サマーフラワーガーデン」と言うように花束にネーミングしているのが売り方が上手だなと思う。旬を売っている。17時過ぎ帰宅。

 

 今週はいよいよ世の中はお盆休みに入っていく。花業界はお盆の書入れ時で忙しい。8日に花のJASプロジェクト、JFMA理事会、イブニングセミナー。理事会は恒例のフリーディスカッション。今回はどんなプロジェクトを立ち上げていくかの議論をする。理事メンバーも若手が入ってきてどんな議論になるか楽しみ。また、イブニングセミナーは例年8月は参加者が少ないのだが、今年はどうしたわけか先週末で参加者が20名を超えている。もっとも台風5号が日本縦断の様相を呈してきているので、理事会もイブニングセミナーもキャンセルが出そうだ。花き業界の一番大切なもの日の前で影響が出なければいいのだが、これだけは無事を祈るしかない。

a2a3a4a5a6

松島義幸 * - * 23:27 * comments(0) * trackbacks(0)

完全オフ

 完全オフの日。従って絵日記も書くことがない(いつもですが・・・)。本屋と仏壇の花を買いに出る以外は音楽と読書三昧。花屋さんは暫く前に買って3日目の朝には駄目になってしまった所から今日はキク(スプレー、小菊)だけ購入。リターンマッチしてみる。午後ちょっとテレビを点けて見たら珍しくプロ野球を地上波でやっている。しかも巨人〜中日だ。偶には情けない我中日でも応援してやろうかと思ったら、菅野が投げているのに大差で負けている。直ぐテレビを消す。試合が面白ければ良いのだけど、こう負け続けていては嫌気がさす。

 

 音楽は久し振りにH.ケーゲルのCDを引っ張り出す。今日は幻想交響曲とバルトークのヴァイオリン協奏曲などの2枚。悲惨な晩年(自殺)の指揮者だがCDを50枚位持っているだろうか。一時はこの個性的な指揮者の音楽を一生懸命聴いた。久し振りで昔の恋人に会ったような懐かしさ。ベートーヴェンの交響曲全集をこの夏聴いてみようかと思う。

 

a1 本の方も2冊。時事ものとフィクションは江戸もの。何を読んだかは恥ずかしいからやめておこう。と言うより時事問題はすぐさま何千字も書きそうで怖い・・・。夜、ジンを飲みながら今日買ってきたWILL9月号を眺める。加計問題などなぜ大騒ぎするのかと私も思う(こんなこと書くと避難されそう、お友達はいけませんが)。50年以上も既得権を守り続けた獣医学会(岩盤)にメスを入れたことをなぜ評価しないのか、前川氏の文科省の天下り問題を起こして何千万もの退職金をもらっておいて噛みつくのはどうかと思ってしまう。前川氏は前川製作所の創業者一族のようで、私は仙台工場建設で前川のコンプレッサーを入れたなあと昔の技術屋時代を思い出してしまった。写真はLEDで7色に光るコースター。吉田さん(兵庫県生花)に頂いたもので、本来花瓶を置くと重みで光るというもの。

松島義幸 * - * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0)

日持ち保証販売啓発セミナー

 今年の農水省日持ち性向上対策実証事業の一環として「日持ち保証販売啓発セミナー」を全国8都市で開催していく。日持ち性向上のここまでの知見を集大成して分かり易く解説、それを消費拡大に結び付けるべく日持ち保証販売をやってもらうお花屋さんを少しでも増やしていきたい。日持ち保証販売をきちっとやれば売上増に結び付く。具体的にどうしていけばよいのか、成功事例を上げてお花屋さんの視点から薄木さん(札幌 花佳、実証事業では販売実証事業リーダー)に呼びかけてもらう。今月は、8月23日札幌、8月30日東京となっている。お花屋さんだけでなく生産者さん、流通の方にも参加頂きたい。

 

 17時半過ぎに大好きな仲間から電話。私の昔の部下と3人で一杯やらないかと。普通なら飛んで行くのだが、毎日の様な会食(昨日も神楽坂で日本酒を呑み過ぎ!)でボデーブローのように効いているのと、明日から合宿に出てしまう娘と18時半に食事の約束があったので涙を呑んで断る。こんなお誘いが一番嬉しいのに・・・。また誘って下さい。

 

a3 帰途麹町駅に向かうと浴衣姿の人たちが歩いている。日本テレビの駐車場で盆踊りをやるようだ。見ると櫓が組まれて今にも音楽が鳴り出しそう。普段はほとんど見かけないのに、どこから溢れてきたかと浴衣姿の子どもたちが集まっている。縁日のテントも出て楽しそう。そういえば、この地は昔言われた(今でも?)番町小学校、麹町中学の学区。この後日比谷高校、東京大学と続けば絵に描いたようなエリートの経歴だった。都立中学は地盤沈下しているから高校は違うのだろうけど。

 

a1a2

松島義幸 * - * 22:44 * comments(0) * trackbacks(0)

働き方改革

 今週の朝の音楽はリヒテルの弾くハイドンのピアノソナタ。渋いが空気が澄むように感じられ心地好い。今日は1日デスクワーク。本多さん(ECASジャパン)も審査から審査の毎日からやっと解放され暫し今月下旬まで事務所となり、少ないスタッフながら全員が顔をそろえる。守重社長(インパック)が午後事務所に訪ねてくれる。守重さんから頂いたお土産のお菓子で久し振りにたった15分だが「お茶会」をやる。今日の話題は電通の新入社員の自殺に端を発した「働き方改革」。少なくとも我事務所では、それぞれの自身の事情(育児、介護など)に合わせて仕事をしてもらっている。それで皆持ち味と能力を発揮して大変な仕事人だ。このブログで何度か書いているかもしれないが、初めて部下を持ったころから「一に健康、二に家族、三、四がなくて五に仕事」と必ず言ってきた。皆真面目で頑張り屋だからその位言わないと頑張り過ぎてしまう。働き方改革と言えば花業界こそやらなくてはいけない課題だと思う。

 

 花のJAS (正式には「日持ち管理切り花の日本農林規格」と言う)規格案、日持ち保証販売啓発セミナー(日持ち性向上対策実証事業)などの検討で忽ち1日が終わってしまう。セミナー日程、会場、講師など検討委員の皆さんに何とかメールする。お盆前のこの時期は皆さんてんてこ舞で電話するのも申し訳ない。

松島義幸 * - * 22:59 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ