<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

日本から欧州への花き輸出は?

 8時半に事務所を出て、市ヶ谷から総武線、総武線快速、京成線を乗り継いで千葉中央駅に9時40分に到着。10時からちば愛犬動物フラワー学園のカリキュラム委員会に出席。はこねフローリスト田中社長、花門フラワーゲート安部専務が出席。学園の活動状況をビデオを含めて報告を受け、現行カリキュラム、ライセンス取得などについて議論。学園のフラワーデザインコース(植物管理科)の2年生のカリキュラムにJFMAフラワービジネス講座に単位が与えられている。学生たちでフラワーショップ(週2日)を開いて、学園の農園で栽培された花もアレンジ、花束にして販売している。店のコンセプトは「大人ゆめかわいい」だそう。学生さんの一生懸命が目に浮かび可愛い。コロナ禍には、ZOOM・ユーチューブ利用と実習の組合せで対応されている。12時過ぎ終了。

 

 事務所に13時半過ぎに戻る。16時半からリモートでMPS本部と打合せ。オランダ(1名)、ドイツ(1名)、日本(3名)から参加。議題が日本のMPSの現状と今後と言うようなことなので私も参加。と言うより社長(私!)の考えが聞きたいと言うことのよう。日本の花き産業の現状と課題、MPS認証取得の経過と2020年度の取組みについて日本側からプレゼン(鈴木大介氏、私の英語は不可)。欧州での花き取引では、FSI(Floriculture Sustainability Initiative)で2021年1月(コロナ禍で6カ月猶予期間が延びた)以降は、MPSなどの国際認証が必要となることを確認。日本から欧州への花き輸出は少なくともMPS−ABC認証取得が不可欠となる。18時過ぎ終了。オランダ側から今後は5週間に1回位今日のようなミーティングをしようと言う・・・。

 

 今日のコロナの感染者数は全国で491人、東京都171人で首都圏・大都市で409人、83%と最近の傾向は変わらない。シルバーウィークを前に規制を厳しくと言う専門家もいる。ブラジル・ボルソナロ大統領(経済優先、コロナ軽視で支持率最高値)の真似は間違っても出来ないが、ゼロには出来ないコロナウィルスで不安ばかり煽っているように思える。

松島義幸 * - * 23:51 * comments(0) * -

旬を飾る。

 やっと真夏日から解放された。朝晩は22℃位で涼しい。今日は事務所は珍しくほぼ全員出勤(1人在宅)してきたので、半年振りにリアルで情報連絡会を開催。withコロナの業務体制はそれぞれの業務で在宅と出勤、ZOOM会議を組み合わせて落ち着いているが、顔を合わせてのミーティングはやはり良いものだ。10月からは毎週月曜日の13時からリアル&リモートの事務所(JFMA&MPS)の情報連絡会を開催していく。

 

 15時からZOOMで松村展示会プロジェクトリーダー(自由が丘フラワーズ)とJFMA事務局(松島、野口)で展示会(フローラル・イノベーション)の準備打合せ。懸案事項を整理する。18日にZOOMで展示会プロジェクト会議が予定されている。

 

 コロナの新たな感染者数は550人。東京都は163人。首都圏では330人で丁度60%、首都圏・大都市では461人で84%を占めている。東京23区の料飲店の営業時間は今日から制限解除。Go To トラベルの東京除外、イベントの5千人以内の制限も解かれるよう。菅新政権となってもコロナ対応は変わりようがなく継続されると思われる。大都市=汚染地域と言う意識で移動に対して地方が受け入れない状況が変わらない限りは現実的には動けない。「出来れば来ないで欲しい」と言われれば、大丈夫だからとは言えない。専門家は恐れがあるとコメントしてもどうすれば心配しなくていいとは誰も言わない・・・。

 

a3 昨日会食で表参道に出たので、久し振りに青山フラワーマーケット青山本店にお邪魔する。入口で敬老の日のサインボードと敬老の日商品、メインはオータムフェアで秋に相応しい花束やアレンジ、草花で旬を訴求している。モノを売るのではなくコトを売る、更にはトキを売る・・・。シャンペトル風(田舎風)に飾って見るのも好い。Enjoy Home with Flowersのサインを掲げているが、その商品を店頭で提案しているのに感心する。家飾りに使えそうないろいろな形大きさの花瓶を並べている。

a1a2a4a5a6a7a9a10a11a12a13a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の日本農業新聞に9月後半の切り花の市況が出ている。9月19日(土)から25日(金)は秋のお彼岸。

a1a2

松島義幸 * - * 23:42 * comments(0) * -

ビジネス講座 花の効用、鉢物管理の基本

 花の国日本協議会事務局の和田さん、李さん来訪。9時から2019年度(2019年7月〜2020年6月)の監査を行う。帳票類のチェック、会計処理上の決裁権限など監査。監査役として無事捺印。花の国日本協議会の会員総会は9月30日にオンライン(ZOOM)で開催される。10時半会計事務所来訪。

 

 13時30分から第7期JFMAフラワービジネス講座 後期△鬟ンライン(ZOOM)で開催。第1講は「花の効用〜花や緑がもたらす心理効果」のテーマで、講師はフラワーライフスタイリスト協会理事の和田幸一氏。和田さんと言えば、日比谷花壇フローラルアセットシェア本部部長の本職の他、日本花き振興協議会事務局長、花の国日本協議会事務局、農水省事業などで超ハードスケジュールの方。花の効用の生理的・心理的効果、認知機能の改善等についての科学的効果の解説から実際に老人介護施設での活動、東日本大震災の「ひまわりプロジェクト」など社会的活動を話される。更には、♯花きの効用×♯花きのチカラプロジェクトを紹介。

a1

 

a1 第2講は、15時から「花鉢・観葉植物の管理の基本〜鉢植え植物の特性を知る、育てる環境を考える」のテーマで西村潤氏(西村農業コンサルタント)の講演。西村さんは、中国杭州で活動されていたが、コロナ禍で1月以来日本で仕事されている。私がキリンアグリバイオカンパニー社長時代は、「ここち博士」としてウェブで活躍、フラワーゲートの社長、キリンを退職してからは、上海交通大学教授・花き研究所長など歴任。現在はECASジャパンの社長もお願いしている。MPSニュースを見ている方は「植物大好き 西村社長のコラム」で毎月お馴染みの顔。鉢物の特性、水やり、温度、光の強さ、肥料の与え方、ポット苗の陳列、・・・全てに具体的で分かり易い。今日のテキストそのものがすべてオリジナルで貴重な資料となる。下表は西村さんが自身のご経験からまとめられた鉢物の管理の目安の一覧表。便利だ。16時20分終了。次回は、10月6日(火)で小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)による「フィールド調査」。後期講座で唯一リアル講義となる。

a1a2

松島義幸 * - * 23:40 * comments(0) * -

花のサブスク 

 朝晩は涼しい。やっと秋の気配か。夕方は心地よい風で気持ち良い。ニュースは大坂なおみさんの全米オープンの優勝と人種差別アピールの称賛、自民党総裁選で一色の感。菅総裁誕生。2位岸田さん、3位石破さん。自民党役員人事、首班指名、組閣と続く。野党も過日立憲民主党の代表選だったが、気の毒な位に無関心。自民党も枝野代表の野党の中は小選挙区制で安泰だろう。東日本大震災時の菅(かん)首相、枝野幹事長(だったか)の狼狽え振り、メルトダウンなど情報操作?などひどかったことも忘れない。最近ではモリカケ・サクラばかり・・・。経済政策、安全保障などどうしていきたいのか全く見えない。いけない、政治ネタは本ブログご法度でした。
 

 今日の新たなコロナ感染者は全国で269人と昨日から更に大幅に減少。東京都80人、大阪府32人など大都市で193人、72%と大都市集中は変わらないが、福岡県7人、兵庫県8人と一桁となっている。ニュースを見ていたらPCR検査付きツアーと言うのがあるそう。PCR検査で陽性ならツアーに参加できないと言うもの。いつまでも東京などから県をまたいでの移動が事実上(拒否されて)出来ないなら、東京(汚染地域)から非汚染地域に行く場合はPCR検査で陰性を確認して・・・としたらどうだろう。そんな検査はやってくれないか。費用の問題もある。

 

 11日の日本農業新聞に「花のサブスク活況」の見出しの記事。withコロナの家籠りの中での花飾りでサブスクが伸びている。サブスク(サブスクリプションsubscription)は一定期間毎に定額で商品やサービスを受けられると言うシステム。新聞の宅配などは古くからあるサブスクと言える。花のサブスクもブルーミ―ライフのようにポストに入る専用の箱に入れて花を届けるものや日比谷花壇のようにお客様にお店に来てもらって好きな花を持ち帰ってもらうシステムもある。日比谷花壇さんの方式は、配送費がかからないこともあるが、何よりお客様にお店に来てもらうことでお花を買う習慣につながっていくのだと思う。以前、韓国のソウルで最初に花瓶付きで花を売って、その後に2週間毎にその花瓶に生ける花を送ると言うシステムを見た。

a1

松島義幸 * - * 23:40 * comments(0) * -

決断のとき・・・。

 午後雨を心配しながら散歩を兼ねて三軒茶屋(隣の駅)に仏壇の花を買いに出る。若い人にマスクをしていない人を結構見る。それも5、6人の若い男の子の集団がマスクをしていないで通り過ぎたりする。三軒茶屋の居酒屋さんは通りまでテーブルを出して昼間から(15時頃)お酒を呑んでいる。入口にはコロナ安全看板が掲げてあるが何か空しい感じがする。飲食中だから勿論マスクはしていないし、ソーシャルディスタンスもお構いなしだ。普通ならほほえましいくつろぎの風景なのだがやはり心配になる。散歩はやっと7400歩。

 

 嬉しいニュースが2つ。ベネチア国際映画祭で「スパイの妻」の黒沢清監督が銀獅子賞を受賞。2003年「座頭市」の北野武監督以来だとか。それと大阪なおみ、テニス全米オープンで2度目の優勝。人種差別の抗議もユニークで爽やか。アスリートや芸能人の政治活動は難しいが、人種差別という普遍的なものに対してでストレートに想いが伝わる。

 

 惰性でコロナを綴る。新たなコロナ感染者数は全国で439人。東京都146人、大阪府77人など首都圏・大都市で375人で85%を占める。傾向は毎日全く同じだ。今週末19日からイベントなどの観客制限数の緩和、このままの推移だと10月1日からGo To トラベルを東京都も含めることになりそうだと。その後にはGo To イートも控えている。

 

 今週は、15日はオンライン(ZOOM)で第7期JFMAフラワービジネス講座 後期◆峅屬慮用〜花や緑がもたらす心理効果」、「花のケア、管理(花鉢・観葉植物)、18日午後には、オンラインで展示会プロジェクト、オランダ本部ミーティングがある。また、17日午前中は「ちば動物フラワー学園」のカリキュラム委員会で千葉に行く。農水省補正予算「花きの活用拡大支援事業」の諸々書類提出、令和2年度次世代国産花き拡大など忙しい。コロナ禍で様子見を余儀なくされていたが、もう9月も半ばで待ったなしでいろいろ決めなければならない。

 

 いつも通りに三軒茶屋のお花屋さん3軒を覗く。スパー内の店O店は小さく「ビタミンF」のポスターを掲げている。折角ならもう一歩お客様に訴求してくれたらと思うが。陳列の花の量は結構多い。染のカスミソウが目立つ。

a1a2

 

 

 

 

 

 

 

 青山フラワーマーケット三軒茶屋店。メインはローズフェアを継続。店頭のダイニングブーケ、キッチンブーケ、グラスブーケが目立つ。

a3a4a5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家の花飾りは、リビングは重陽の節句の日に買った花が元気、玄関は今日仏花と一緒に買ったリシアンサス他をザクッと花瓶に投げ入れる。

a6a7

 

 

 

 

 

 

松島義幸 * - * 23:19 * comments(0) * -

遠い安全宣言

 今日の東京は1日曇り空。夏日(30℃以上)からも解放されたよう。局地的な雷雨があると言う天気予報に雨男の私は出かけるのを止める。近所の駒沢大学駅上の本屋さんを覗きに行っただけで散歩もなし。積読が溜まるばかりなのに文庫本4冊購入。その1冊に「ゴッホの手紙」(小林秀雄、新潮文庫)。9月1日に出たばかりの新刊だが、小林秀雄全集からゴッホに関する著作を集めたもの。ゴッホは弟テオに650通もの手紙を出している。読むのが楽しみだ。

 

 先週買ってきたLD「The Art of Conducting 2〜黄金時代の伝説的な指揮者たち」を見る。メンゲルベルグ、フルトヴェングラー、クリュイタンス、ミンシュ、ムラヴィンスキーなど往年の大指揮者の指揮姿や練習風景が収録されている。ムラヴィンスキーのレニングラードフィル相手の練習風景(得意のチャイコフスキー交響曲第5番)、「・・・コンサートで大切なのは一つ、霊感のほとばしりだ。それを明瞭に出す必要がある。」などと言い慣れた曲を繰り返し練習している。この時代の指揮者たちはとに角個性的。こんなLDを見てしまって、また音楽が聴きたくなる。素晴らしい演奏に録音の古さは気にならない。

 

 コロナの新たな感染者数は東京都が226人でまた200人超え。全国で648人で首都圏・大都市で523人、81%を占める。全体としては収まってきているが、首都圏・大都市がエピセンター(汚染地域)と言う構図は変わらない。この構図から県を越えての移動がOKとなっても、大都市=汚染地域(ではないのだが・・・)からの受け入れが怖いと受け入れてもらえない。しかるべき処置をすれば怖くないのだという専門家の見解が明確に出されない限りは現場は動かない。恐れがあると警鐘を鳴らすばかりで、こうすれば安全だと言ってくれる専門家はいないから困る。

松島義幸 * - * 23:22 * comments(0) * -

変曲点

 今日は9月11日。アメリカ同時多発テロから19年。ニューヨークのワールドトレードセンターに旅客機が激突する映像を衛星放送でライブで見せられた衝撃は生涯忘れられない。私は上海から日本に戻った翌年、アグリバイオカンパニー社長に就任した年で54歳だった。これから2020年はコロナで忘れられない年となるのだろう。withコロナによる働き方改革、ネット社会への更なる移行、製造業における生産性、グローバル化見直し・・・全てにおいて変曲点・ターニングポイントになっていくのは間違いないと思われる。仮に歴史的にコロナ対応が過剰反応があったとしても社会の仕組みを変えるきっかけ、後押しをしたことに大きな意味があったと評価されると思われる。我花業界もどう変われるか。大事な局面にあることは間違いない・・・。

 

 東京は真夏日が続くが、朝晩は過ごし易くなってきた。今日は家の風呂場のテレビの取り換え工事でお休みをもらった。工事屋さんが9時半過ぎに入って終了は14時。今までのTVは14型でなぜかアナログなのに見れてしまっていた。今度は地デジの24型で画面も大きくなり見易くなった。ニュース等は朝晩お風呂に浸かりながら見ているのが多い。

 

 夜は珍しく会食(3人)で都心に出る。美味しい料理とお酒(勿論、一番搾り・・・)、何より静かに語り合える空気感が今や貴重で楽しい。20時過ぎには帰宅。

 

 今日のコロナの新たな感染者数は全国で645人。東京都187人、大阪府120人など首都圏・大都市で534人、83%を占める。落ち着いていると言うか毎日全く同じような数字だ。大学生の娘は6カ月振りに大学(薬学)に行く。リモート講義と併用だそうな。

 

 コープデリの「ヴィ・ナチュール」のMPSの花。今回は山形の熊谷園芸さんと安彦園芸さんのバラ。申込んでいるが抽選で当たるかどうかは分からない。価格が安過ぎるのではと思う。これでは注文殺到だろう。

a1

松島義幸 * - * 23:25 * comments(0) * -

フラワービジネスノート2021〜花き業界のデータブック

 9時過ぎ小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)が何カ月振りだろう、事務所に来られる。今日はインパック守重会長をお迎えしてJFMAニュースで連載している小川会長によるトップインタビュー(記録 事務局:野口弥生さん)が行われた。11時過ぎ終了。

 

 14時からリアルの来客。ある案件についての打合せだが、アクリルの衝立越しでもリアルの話し合いだからこその空気感が伝わって有意義なものとなる。

 

 新型コロナウィルスの新たな感染者は711人。首都圏・大都市(東京都276人、神奈川県112人など)では619人と全体の 87%を占めている。19県がゼロ。ほとんどの県は3、4人以下となっている。東京23区内の料飲店の時間制限、イベントなどの5千人の制限などが解除となるようだ。もっとも一番の関心事は移動制限の解除だが、新たな感染者がほとんどいない県が、汚染地域(ではないのだが)と見られて受け入れてくれるかどうかが問題なのだが。その方面では意識の問題だからなかなか元に戻らないのは辛いところだ。もしも・・・が一番のブレーキだ。流石に「来週にはニューヨークのようになる恐れ・・・」などと言う専門家はいなくなったが。
 

b1 大田花き花の生活研究所から発行される2021年度版フラワービジネスノートが発売され、注文していたものが今日届く。事務所メンバーに配布する。ビジネスダイアリイなのだが、花き業界のデータ満載で欲しい情報は何でも入っているミニシンクタンクだと思っている。52週の販売アイディアまで掲載されていて年間のMD計画にも使えるのではないかと思う。今年は装丁が変わって大きさもA5版で価格も@900円と買い易くなっている。ドウダンツツジのイラストが表紙で爽やかな装丁の手帳となっている。

https://www.otalab.co.jp/flowerbiznote

 

松島義幸 * - * 23:43 * comments(0) * -

重陽の節句〜菊の節句 

b3 重陽の節句。菊の節句とも呼ばれ5節句の一つ。陰陽の陽の数である奇数の極である9が重なることから重陽と呼ばれ、菊で健康・長寿を願う節句だそう。JFMA遠藤顧問から菊に浸したお酒を呑みなさいと言われたが、残念ながら食用に出来る菊を置いている花屋さんはなかった。大きなスーパーには置いてあったかもしれないが。帰りが遅くなってしまったので三軒茶屋ZOOMの花屋さんだけ3軒の店頭を見た。1軒は重陽の節句をPOPで記してピンポンマムやディスバッドマムを@299でひっそりと単体で販売。青山フラワーマーケット三軒茶屋店はマムフェアの看板を上げて、重陽の節句花束@2200を置いていた。もう1軒は重陽の節句を知らなかった。菊の節句も一般的には知られていないのが現実だ。我家は菊を買い損ねてしまってSPマムとクルクマ、ドウダンツツジを花瓶に投げ入れる。

b1b2

 

 

 

 

 

 

 

 今日は8時からオンライン(ZOOM)花の国日本協議会の3役会議。井上理事長、宮嶋、吉川、磯村各副理事長、事務局で8人がフル参加。事務局和田さん、小川典子フラワーシーンプロデューサーから総会(オンライン)、各プロモーションの準備状況、これからの活動内容など報告、議論。10時過ぎ終了。

 

 15時からJFMA事務所で日本能率協会を迎えてフローラルイノベーション2020(11月11日〜13日、@東京ビッグサイト)の打合せ。本プロジェクトリーダーの松村さん(自由が丘フラワーズ)、JFMA事務局野口さんが出席。出展者のレイアウト、イベント会場も決まり、展示場所の設営、搬入搬出、セミナー開催など打合せ。16時半終了。

 

 新型コロナウィルスの新たな感染者数は、全国で508人、東京都で149人、神奈川県106人をはじめ首都圏・大都市では435人で86%を占めていて判で押したように昨日とほぼ同じ。大都市集中は変わらない。コロナ関連で一番のニュースは、最終段階の臨床試験(治験)に入っていたアストラゼネカ社・オックスフォード大学が開発していたワクチンの安全性に問題(副作用)が出て一時中断されたとのこと。日本でも治験中だったようだがこれも一時中断。アストラゼネカ社は日本政府と1億2千回分のワクチン供給で合意している。元々最低5、6年はかかると言うワクチン開発を猛烈なスピードで各国で開発されている。ワクチンで思い出すのは、過日マンションの駐車場の私の隣に止めている方に偶々顔を合わせたら、挨拶の後にいきなり「松島さん、コロナのワクチンは絶対受けては駄目よ。副作用が怖いのだから・・・」と言ってマンションに戻ってしまった。時々会った時に立ち話をする位で正直何をされている方かも知らないのだが、余りにもはっきり言うので驚いた。上品な年配のご婦人なのだが、医療関係者か研究者だったのかとも思う。ワクチン開発は、経済復興からオリンピック開催にまでかかっている。

 

 日本農業新聞に秋の鉢物の市況が掲載されている。業務用の回復が十分でない中、家庭で長く過ごす人が多く、花壇苗の人気は継続と記事にある。

a2a3

松島義幸 * - * 23:44 * comments(0) * -

JFMAアフターヌーンセミナー 気候変動の今をどう乗り越えるか?

 二十四節句の「白露」。露が出来る気候とは程遠く、今日の東京は猛暑日を記録。

 

 14時から第141回JFMAアフターヌーンセミナーをオンライン(ZOOM)で開催。「気候変動の今をどう乗り越えるか〜花生産者の挑戦」のテーマで青木園芸青木社長に講演頂く。昨年の台風で甚大な被害に合い、また、今回のコロナ禍と度重なる試練にどう立ち向かわれたのかについてお話される。昨年の南房総を襲った台風では栽培面積8000坪、101棟(パイプハウス58棟、鉄骨ハウス43棟)の中の54%に被害を受け、多くがパイプハウスだった。被害状況、その時何が不足したのか、断水、停電、燃料、食料・・・。青木さんは地域の消防団のトップもやっておられて自分のところだけでなく奔走されて大変だったよう。救援に駆けつけてくれた仲間。大規模に素晴らしいマネージメントをされていると思うが、災害を通してリスクマネージメントが出来ていなかったと言う。強化パイプハウス、鉄骨ハウスへの転換、保険対策を図られる。そして新型コロナウィルスによる消費低迷。ピンチをチャンスへと生産を更に効率化、販売チャネルの多角化、業務需要からホームユースへのカバーなどに取組まれている。お話頂いてから小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)が司会して、カラー生産者杉谷さん(JFMA理事)にも入ってもらって質疑応答。15時半終了。

 

 16時からオンライン(ZOOM)でJFMA理事会。18人が出席。11月のフローラル・イノベーション2020のイベント、Enjoy Home with Flowersプロダクトアイディア大賞のエントリー、審査状況、ホームユース花き消費拡大推進協議会として農水省からの支援など経過説明。11月、12月のアフターヌーンセミナーの講師などについて決める。17時半終了。

 

 新型コロナウィルスの新たな感染者数は、全国で513人、東京都で170人をはじめ首都圏・大都市では417人で81%を占める。漸減傾向と大都市集中は変わらない。手洗励行・マスク着用・3密防止、在宅勤務、県を越えての移動自粛などが効いてきていると思う。我慢ももう一歩か。勿論規制が緩和されてもwithコロナは変わらないが。

 

 日経の「コロナ 世界は今」の連載。ブラジルのボルソナロ大統領はコロナを「ただの風邪」と言ってマスクもしない。「失業者の増加は不景気をもたらし、最後は病気や死へと導く」と経済優先を貫いている。結果は累計413万人(世界第3位)の感染者、12万6千人の死者を出している。1日の新規感染者が4万人、死者も千人となるレベルだ。それでもボルソナロ大統領の支持率は上昇している。ブラジルでは殺人事件の被害者を含めて毎日3千人の死者が出ていることや新型コロナへの危機感が薄くなっていることが背景にあるのだそう。貧困率19%(地方では30%)の中で、外出規制をかければ仕事に就けない人が出てしまう。日本は累計感染者数は7万人、死者は1378人(9月7日現在)。今日マスクをしないで大声を出した乗客が飛行機から降ろされたそう。日本はルールを守る安全で素晴らしい国だと思う。

松島義幸 * - * 23:38 * comments(0) * -
このページの先頭へ