<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

在宅セリ・夜間にセリ時間変更

 東京は今日も爽やかな気候。朝は空気が冷たく感じる。10時からオンライン(ZOOM)で事務所メンバーの情報連絡会。2週間余に迫ったフローラル・イノベーション2020のスケジュール確認、人員配置、パネル作成の分担等打ち合せる。私以外は全員在宅で打合せが違和感なくできるのだからwithコロナの仕事に慣れてきたものだと思う。来週から月曜日の情報連絡会(オンライン)を再開することとする。午後も展示会でオンライン打合せ。

 

 今日は菅首相の所信表明演説。コロナ対策、デジタル社会の実現等と共に2050年迄に温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすると宣言。火力発電に頼らざるを得ない日本では大変な苦難の目標だが、パリ協定、欧州諸国とようやく足並みを揃えることとなる。気候非常事態ネットワーク(Climate Emergency Network:CEN)も立ち上がり、国会で気候非常事態宣言を発することも遠からず行われると予想される。池田首相:所得倍増、田中首相:日本列島改造、中曽根首相:民営化、竹下首相:ふるさと創生・・・。菅首相=グリーン社会の実現となるのだろうか。

 

 今日の日本農業新聞に大阪鶴見花き市場(なにわ花いちば、鶴見花き)の在宅セリ・セリ時間変更の記事。4月から在宅セリ、7月から18時からのセリ時間に変更した。セリ場に集まらなくて良いコロナ対策は別として、他の市場のセリ前日の夕方に在宅セリをすることで、市場にとっては、働き方改革(省力化)、経費節減、販路拡大につながる。買参人にとっては前日に競り落として、翌日朝から荷を受け取れて店に早く並べることができる等メリットがあるだろう。オークネットアグリビジネス(鶴見と同じ)を除いて、他の市場とセリ時間が違うことで流通の問題、過当競争にならないか等心配もある。一番は生産者と小売側をつなぐ情報の交点としての市場の役割は益々重要になってくると思う。これが進むと産地からの情報の一元化(RFIDタグ)が益々求められていくと思う。

a1

松島義幸 * - * 22:23 * comments(0) * -

アーチング栽培研究会ZOOM情報交換会

 気持ちの好い秋晴れの1日。陽射しの中では薄手のジャンバーも邪魔な位の暖かさ。午後先週に続いて渋谷タワーレコードに行く。レコード芸術11月号で紹介されていたCD(クレンペラーの最晩年のアメリカ訪問時のフィラデルフィア・オーケストラを指揮した録音)が聞きたくなったからだ。先週も書いたが、クラシック売場にはお客が3人位しかいない。棚も空きが目立ち在庫を減らしているのではと思ってしまう。世界ではタワーレコードはどんどん無くなっているので心配だ。音楽もダウンロードして聴く時代の流れには逆らえないか。今日の渋谷は天気が良いせいか結構な人出。マスク姿を除けば昔に戻ったよう。

 

 パリ在住のJFMA会員荒井さんからメールをもらう。ヨーロッパ各国は新たなコロナ感染者数が毎日のように過去最高を更新して大変なことになっているが、パリでも「・・・フランスはイベントやパーテイーが禁止になっていますので,有名なフロリストの仕事はほとんどありません。来年に入ると,フロリストの15%が閉店に追いやられるだろうとのことです」とあり大変なことになっているよう。日本では、コロナの新たな感染者数は1日全国で500〜600人、東京で150〜200人という所だが、ヨーロッパは2桁多い。Go To・・・で沸き返っているが、それでも感染者レベルが減らないが、増えもしないので何とか留まっているとも言える。

 

a1a2 昨日の日経のコラム「モノストリート」に米国ではアナログレコードの人気が高まってきていて、2020年1〜6月のアナログレコードの売上がCDを上回ったとのこと。日本では未だCDの売上の方が圧倒的に多いが、アナログレコードの売上が数量・金額共に6年連続で増加しているのだそう。記事では、レコードプレーヤーの進化と言うことで飛んでもない超弩級のレコードプレーヤーが紹介されている。ステラ(東京・板橋)と言うメーカーの「Air Force Zero」と言うプレーヤーで何とターンテーブルの重さが121kgもあるそう。桁違いかと思ったが、超重量のターンテーブルにレコードを吸着させて、ターンテーブルは空気で浮かせて回転するのだとか。ターンテーブルは重い方が慣性で回転が安定して良い音が出るとされるが、それにしても凄い。価格は5千万とかで写真を見ると立派な機械設備だ。私の家のレコードプレーヤー〈40年使っている)も砲金削り出しの10キロのターンテーブル(写真右)を廻しているが(糸ドライブ)、最初は手で廻して定常回転になるのを待ってカートリッジの針を下す。

 

 20時からZOOMでアーチング栽培研究会の情報交換会が開催されたのだが、私は何故かZOOMに入ることが出来なかった。2週間前にも開催されたが、ZOOMのトラブル(扱い不備)で40分で終わってしまったので、主催者側のトラブルと思って待っていたが私だけ入れなかったようだ。ZOOMに入って、IDとパスワードを入れると「ホストは間もなくミーティングへの参加を許可します。もう暫くお待ち下さい」のまま・・・。顧問の末松さんに電話するとミーティングはやっているとのこと。どうも私だけが何か不備があるよう。ZOOMに入ってID、パスワードを入れてやり直してみても変わらない。情けなくも私の方の問題だ。21時過ぎパソコンをシャットダウンして再起動してアクセスすると今度は繋がった。ただ、もう終わりで余り意味がなかったが。19人参加していた。話題は農業試験場の研究成果、農水省の災害見舞金の申請の情報交換などだったよう。今後は2カ月に1回日曜日の夜に開催するのだそう。生産者さん同士の情報交換は素晴らしい。上手くいって欲しい。

松島義幸 * - * 10:52 * comments(0) * -

環境認証の花 MPS

 今週MPSジャパン(担当:本田 繁)から全国の農業大学校、農業高校に向けて「世界の花き認証〜環境・社会認証の普及と多元化する品質」(国産花き日持ち性向上推進協議会編 2019年3月)の冊子とMPS(花き産業総合認証)資料を送付した。冊子は世界の花き認証の動向、日本の現状などをまとめたもの。ここ最近の環境への意識の高まりを受けて、特に農業学校関連の方々からMPS(花き産業総合認証)に関する問い合わせが増えていることから送付したもの。生産者さん、種苗会社からの問合せも増えている。また、来月11月11日(水)から13日(金)に東京ビッグサイトで開催されるフローラル・イノベーション2020の案内状も同封した。展示会では、国産花き日持ち性向上推進協議会のブースで、研究成果、実証事業の報告、国際認証MPSの展示を行うとともに各担当者が常駐して説明させて頂く。

 MPS http://www.mps-jfma.net/about/

 

 現在、MPS(花き産業総合認証)の環境認証MPS−ABCを取得されている農業学校は下記のとおり。

  *島根県立農業大学校

  *山形県立置賜農業高等学校

  *栃木県栃木農業高等学校

  *三重県立四日市農業高等学校

 

 コープデリのMPSの花の紹介です。関東を中心に7都県に展開する生協のコープデリ「ヴィ・ナチュール」(カタログ配布数:35万部)は、ナチュラル&オーガニックの宅配。コンセプトは「じぶんらしいナチュラルなくらしと、つくる人・環境・地球にやさしいシンプルなくらしをここから」。「ヴィ・ナチュール」で取り扱われる花はMPS認証取得しているものに限られます。加工はすずき商事さんですが、MPS流通認証(MPS-ABC)を取得しています。今回は、岐阜のセントラルローズ、千葉のタカハシプランテーションです。

a1a1

松島義幸 * - * 23:18 * comments(0) * -

ゴルフ

 今日は二十四節気の霜降。季節が巡るのが早く感じる。もう次は立冬となる。さて、今日は休暇でゴルフ。7時、朝食でクラブハウスのレストランに集まる。先ずは今日のゴルフをやるかどうかを決めなければならない。今にも振り出しそうだが雨は降っていない。ただ、天気予報では9時頃から降り出し、12時頃からは雨脚は強くなると言う。ならば止めようと決めようとしたら、スマホが得意な一人が、栃木県塩谷町の雲の動きを示して、雨が降り出すのは11時だと、それから1時間くらい強い雨となって、後は小雨で15時頃に降りやむと言う。それなら雲の動きを信じて、OUTだけでもプレーしようということになる。

 

 8時40分OUTからスタート。1年振りで、その間練習も全くなしで2、3回の素振りだけでプレーするのだから我ながら図々しい。予想に反して芝は濡れていないで、また寒くもない。プレーを始めてマスクは外す。ネット情報より少し早く10時過ぎから小雨、残る2ホールの10時半位から本降りとなる。お昼の休憩中の雨は更に強くなり迷わずに止めとする。スコアはまとまるはず、と言うよりまとめるつもりもないが相変わらずで散々。ただ、パットだけは9ホール中5ホールでワンパット。パーも拾えたりする。

 

 熱い温泉に浸かって、来年の春の日程を決めて13時過ぎに解散。東北自動車道から首都高速で、都内に入って少し渋滞で15時半に帰宅。今年のゴルフは今日のハーフ1回だけで終了。それでも半分でもプレーできたのはネットの気象レーダーの雲の動きの予報があったからだ。これでも久し振りに休みを楽しめた。

松島義幸 * - * 23:44 * comments(0) * -

雨男?

 今日はブログはお休み。絵日記だから記録はしますが・・・。仕事昼迄でお休みとする。明日は栃木県でゴルフ。天気予報は無情にも雨だと言う。情けなくも私はどうも雨男らしい。ゴルフで雨に合う確率が相当高い。事務所の皆さんは「まただよね・・・」と言う顔をしている。私も自虐的に明日は昼から仕事しているからなどと言う。

 

 帰宅して埃を被っているゴルフバッグを車に積み込んで14時半出発。三軒茶屋から首都高速、東北道に回って渋滞もなく162キロを1時間40分、16時10分には栃木県ロペゴルフ場に到着。ゴルフ場近くになっての1本道で群馬ナンバーのゆっくり走っている白いアクアの後ろに着く。間違いなくお世話になった方の車なので抜けなくて一緒にゴルフ場に入る。大先輩の車はクラブハウスにバッグを預けないで駐車場に行ってしまう。後で聞いたら雨でゴルフは出来ないだろうからと・・・。後ろに私の車がいることは気が付いていたそう。私の車はプリウスのライムグリーン(ほとんど黄色)で目立つ。

 

 1年振りの4人で一番搾りでお互いの無事を祝して乾杯。今時珍しいニンニクたっぷりの餃子、下しニンニクと食べる馬刺しと美味しいのだけど歯を磨いても口の臭いは消えない。今年初めてゴルフ場に来て、レストランが一杯なのに感心する。私は春も秋もゴルフは今日を除いて全て中止としていたが、ゴルフ場はもう賑わっているようだ。

 

 このゴルフ場の楽しみは温泉。それも相当湯が熱い。早速夜露店風呂に行くと私一人。熱い湯に浸かる。静かだ。3段の岩から流れ落ちる湯の音と虫の音がどんな音楽よりも心地好い。明日のゴルフはなくなっても皆と旧交を温めて、この温泉を楽しめただけでも満足だ。

松島義幸 * - * 23:05 * comments(0) * -

気候非常事態ネットワーク(CEN)朝食会

a1 秋晴れの爽やかな1日。6時45分事務所を出て神保町の学士会館に向かう。7時半から気候非常事態ネットワーク(Climate Emergency Network:CEN)の第1回朝食会に出席した。山本良一委員長(東京大学名誉教授)他発起人委員、協賛企業、スタッフで49名が出席。コロナ対応で広い会議室に隣とは2m近くの距離を保って着席、テーブルにはアクリルの衝立がずらっと置かれている。CENは11月18日に帝国ホテル孔雀の間(2千屐砲農瀘総会が予定されている。大ホールで出席者は200名に制限して行われる予定だそうで、小泉環境大臣、小池知事も出席される予定だとのこと。

 

 山本委員長から発起人会員募集の結果報告。約210の企業、団体が参加している。当面300社を目標とする。MPSジャパンは既に参加。これから国会、全ての自治体、学校・団体、美術館などに気候非常事態宣言をするよう働きかけていくそう。その他、気候非常事態行動計画作成ガイドブック紹介、カーボンニュートラル・アクションプランの事例発表(藤沢市)、学生青年気候委員会(Youth Econet)活動の紹介など。最後に出席者全員が一言ずつ挨拶。日本で気候非常事態宣言第1号となった長崎県壱岐市から白河市長、大学、公益団体、大企業から宗教団体まで多様な出席者が次々と挨拶された。9時15分終了。

 

 ■TEMPERATURE CHANGE JAPAN SINCE 1901

a4

 

a3a2

 

 午後は日比谷花壇本社にお邪魔してフレネットHIBIYAに花き流通等についてヒアリング。15時前帰社。今日はあちこち良く歩いた。帰宅して、スマホの万歩計を見ると12900歩。普段どこも行かないで事務所だけだと4、5千歩。散歩した位の運動にはなったか。

松島義幸 * - * 22:57 * comments(0) * -

JFMAフラワービジネス講座 お花の品質管理

 東京は晴れて気持ちの好い気候。6時過ぎから会計事務所の来る10時半までは事務所は一人。音楽を流しながらのいつものwithコロナの仕事風景だ。新井さん(花の国)、本田さんが(MPSジャパン)が出勤してくる。

 

a1 13時30分からオンライン(ZOOM)で第7期JFMAフラワービジネス講座 後期い魍催。人気の薄木健友さん(フルーロン花佳社長)の登場。テーマは「お花の品質管理・日持ちするお花の為のノウハウ〜花の目利き、道具、水揚げ、管理方の知識」でたっぷり75分が2コマでテキストは90頁ある。今日は受講者は20名。8割は花屋さんやスーパーの花担当者。ビジネス講座は「お花屋さんの仕事 基本の”き”」(誠文堂新光社)をテキストとしているが、薄木さんは「水揚げ&花のケア」(誠文堂新光社)を出されている。薄木さんは、国産花き日持ち性向上推進協議会の検討委員でもあり、花き日持ちに関する研究開発の実証事業にも加わって頂いている。

 

 花の目利きからハサミ、ナイフの使い方、水揚げ、鮮度保持剤の使い方、ボト対策・・・。全てに具体的で、なぜなのかを解説しながらで分かり易い。鮮度保持剤、殺菌剤、洗浄剤などもメーカー、商品名を上げて説明してくれるので実践的。最新の知見まで披露。何と言ってもご自分で確かめておられるので説得力がある。「ドクトル薄木」で検索すると「花店の水揚げと花のケア」でYouTubeで見ることができる。また、フローラル・イノベーション2020(11月11日〜13日、@東京ビッグサイト)のセミナーで薄木さんの講演がある。また、11日、12日は国産花き日持ち性向上推進協議会(MPSジャパン)或はJFMAのブースにおられるので是非いらして下さい。

【ドクトル薄木】花店の水揚げと花のケア

https://www.youtube.com/playlist?list=PLLKJq9al2BeOP1KDILvB0CEKaO3KeXk-L

松島義幸 * - * 11:03 * comments(0) * -

令和3年度協議会実証事業

 東京は雨模様の寒い1日。朝は11℃、11月下旬の気候だそう。ネクタイを締めて、ジャケットで出勤。月曜日なのでウィークリーレポートをJFMA理事、顧問に発信。10月のMPSニュース巻頭言もMPSジャパン本田編集長に朝一番で出す。それから午後の会議資料を作成、午前中は一人なので電話応対したりしながらバタバタしていたら間違って作成中のパワポを消してしまう。設定の問題だ。普通なら自動保存されていて、問題ないはずが、保存されていない・・・。11時、最初からやり直し。お昼抜き(牛乳、オレンジジュースだけ)で頑張ったが、形を整えるだけで時間切れ。もっとも午後の会議は会議資料などなくても良かったのだが・・・。

 

 14時から国産花き日持ち性向上推進協議会(会長:樋口東日本板橋花き副社長)として令和3年度の農水省実証事業について在京のメンバー中心で打合せ。JFMA会議室でテーブル上のアクリルの衝立、マスク着用のコロナ対策でリアル打合せ。協議会・検討委員の組織の見直し、継続案件、新規事業を検討。項目的には下記の通りだが、久し振りの(8カ月振りの人も)リアル会議で幅広く情報交換、課題を拾い上げられたことが収穫。以前なら会食しての更なる情報交換となるのだが、コロナ禍の中で勿論なし。折角の機会なのに残念。

 

【継続案件】

  ‘持ち性向上対策(冷蔵試験 ボト対策 輸出出荷基準 温度時間値)

  花き日持ち認証制度(制度見直し 日持ち日数表示 日持ち試験有効利用)

 H稜篌他據米持ち保証販売 ホームユース規格販売) 

  ぃ唯丕喃Ь敍各(花き業界SDGs対応 品質管理 輸出対応) 

  セ邯蓋Φ羞兮魁淵┘船譽鸞从 草花・枝物 鉢物日持ち)

 δ敢沙業(花き消費動向調査:定点観測 顧客満足度調査)

 

 【新規検討案件】

     \源此⇔通、加工、小売までの情報のデジタル化(RFIDタグ)と統一

  ∧流の効率化と情報管理(台車の採用、箱の統一化)

  データの活用

      は∈郛祿欧販愃遏土壌分析

松島義幸 * - * 23:08 * comments(0) * -

GoToキャンペーンは年寄禁止?

 天気予報が外れたか、東京は陽射しも出て過ごし易い1日となった。昼からいろいろ雑用で渋谷に出た。天気が好いのに人が少ない。メディアに渋谷の人出だとスクランブル交差点やセンター街の様子などが出るが、コロナ前を見ている私から見れば6、7割に戻ったというところか。もっと少ないかもしれない。久し振りにタワーレコードに寄ってみた。話題の韓国グループのBTSの壁一面の写真の写真の前に1階は若い女性で賑わっていたが、その他のフロアーは閑散としている。7階のクラシック・ジャズ売場は久し振りに来たら清算カウンターもなくなって他の階で支払い・・・。その中に売場そのものが無くなるのではと心配になる。P.クレッキーの1946年のライブ録音を見つけて1枚だけ購入。

 

 新型コロナウィルスの新たな感染者は全国で431人、東京都132人を含む首都圏で246人(57%)。首都圏・大都市で333人(77%)。昨日の数字では、全国で624人、東京都235人を含む首都圏で362人(58%)。首都圏・大都市で460人(74%)と傾向は同じである意味安定している。しかもこの感染者数はクラスター感染が含まれている。

 

 私はGoToトラベル、イートにどうも納得できない。旅行業界、飲食業界を支援するのは分かるが、業界側にも利用者側にも不公平感がある。東京都も都内の旅行に5千円を出してくるが、クーポン券も含めて上手くやるとタダ同然だったりおつりがくるのだそう。ニュースを見ていると、年寄グループ(私も年寄ですが)がタダで5日間楽しめる等と言っている。年金で豊かなのだから自分のお金で楽しみなさいと言いたい。年寄りがコロナに係ると危ないのだから家に籠っていれば良いと思う。GoToキャンペーンは60歳以下に限定すれば良いと私は思っている。年金が少額な年寄は元々旅行などに行く余裕はない。年寄りのカラオケのクラスター発生…本当に怒りが湧いてくる。GoToキャンペーンの莫大な資金は国の借金を増やしている。この負担(借金)をこれから払うのは若い人たちなのだから、将来に迷惑を掛けてまで年寄りが使ってはいけないキャンペーンだと思う。コロナの感染者数のレベルを下げたいのであれば、通勤を除く60歳以上の移動を禁止したらどうだろう。言い過ぎで非難を受けそうですが。

 

 海外はアメリカ、ブラジルも相変わらずだが、欧州が夏のバカンス、経済再開で9月以降完全に第2波の感染拡大が続いている。WHOによると10月16日で1日の感染者数は15万3千人となっている。ベルギーなどは人口が1060万人で東京都より少ないのに1日の新たな感染者が10369人となっている。東京のレベルの40〜50倍だ。夜間外出禁止(フランス)、飲食店夜間営業禁止(英国)、通勤・通学を除く都市間移動禁止(スペイン)・・・と各国共対応に追われている。

 

 夕方いつもの二子玉の寿司屋に行く。駅前の青フラさんを覗く。今日は行列はしていないが、お客は入っている。ダリアフェアをやっていて、ハロウィンのディスプレーも始めていた。秋のブーケやテーブルブーケにベロニカなどの草花が使われている。

a1a2a3a5a6a4a7a8

松島義幸 * - * 23:01 * comments(0) * -

音楽の楽しみ

 東京は1日雨。最高気温は12℃だったよう。駅近くに2度出ただけだが、長袖に薄手のジャンバーでは寒かった。仕事の借金は溜まっているが、今日は本当の休養日にする。それが当たり前なのだけど。

 

 ずっと目をつぶって知らんふりを決め込んでいた今年のプロ野球。贔屓の中日ドラゴンズがシーズン終盤の今頃になって7連勝。いつの間にか5割に復帰して2位につけている。私は本ブログで野球ネタは禁止されている(元来”絵日記”なので個人的なことばかり綴っているが、一応MPSジャパン社長としてのブログで政治ネタも禁止)。なぜ禁止かと言うと、東京生まれの東京育ちのくせにアンチ巨人、中日ファンだからだ。素直に育てば巨人、少し捻くれてもヤクルト、ロッテ・・・。何度も書いているが、初めて野球場に連れて行ってもらった試合が巨人×中日。後楽園球場だからほとんどの観衆が巨人ファン。子供心に皆と一緒は嫌だとそれ以来中日を応援した。6歳の時だったが、巨人は強くて中日は弱かった。応援してやっと優勝した昭和49年には名古屋にいた。1999年の優勝の時は上海にいた。嬉しかった。上海では上海ドラゴンズ会の会長もやらせてもらった。今年はコロナ禍で中止だが、未だに上海ドラゴンズ会OB会を1年に1回だが行っている。

 

 音楽の話題は本ブログで許されている。当時の社員から音楽話題を書いても良いからブログを始めて下さいで始まった。そう言われても好きで聴いているだけで、評論家でもないから書くことは余りないのだが。今日は好きなバルトークなどを聴いたが、面白かったのはべネゼイラの指揮者、E.チバス。ベートーヴェン交響曲全集から6番と8番を聴いた。以前メキシコの指揮者バティスを好きで良く聴いた。CDを19枚持っているが、何を聴いても分かり易く明るい。チバスは、元々べネゼイラのフルトヴェングラーとCDの帯にあったので買ってみたのだが、交響曲第8番は、5番や7番かと見紛うどっしりと凄い迫力の演奏。ライブ録音だが2017年なので音も良く、ヴァイオリンを両翼配置しているので音響的にも楽しめる。田園(6番)はフルトヴェングラーのようなゆっくりとしたテンポで野山や小川のせせらぎ・・・ではなく、緑が迫ってくれ様なこれも豪快な自然讃歌のよう。チバスは久し振りに聴いたが、英雄や7番も聴いてみたくなった。

松島義幸 * - * 23:37 * comments(0) * -
このページの先頭へ