<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フローラル・イノベーション終了! | main | 環境の変化に対応できるところだけが生き残る! >>

来年のフローラル・イノベーションは?

 貧乏性にもこの週末のアクションリストは公私で12項目。仕事も大事だが一番のミッションは床屋に行くこと。勇んで行くとお休み。電話をかけても良いのだけど居室の電気が消えているので今日は遠慮する。店主一人でやっている床屋さんで高齢だ。1996年にここに越して以来の付き合いで他に行く気がしない。

 

 今日は勤労感謝の日で祝日。1日中雨で気温も上がらず寒い1日。午後雑用で渋谷に出る。悪天候なのに相変わらずの人出。傘を挿しているので歩道が一杯に埋まっているようで少しずつの流れで歩く。後ろから「三ノ宮はここに比べると閑散やな…」とか若い男の子の声が聞こえる。

 

 ここのところ音楽はロックばかり。ほとんどが1960年代から1980年代までのものだが、久し振りに聴くと新鮮で楽しい。今日はプリンス、ドアーズ、ボブ・ディラン、ジミヘン・・・。

 

 フローラル・イノベーションは昨日終わったばかりだが、来年の開催要項が発表されている。来年は11月11日(水)から13日(金)で東京ビッグサイトで開催。開催テーマは(今年は初年度で設けられなかった)、「花き業界の存続の危機をどう乗り切るか?〜気候変動、人出不足、消費低迷への対応策」。詳細は下記の通り。セミナーも今年同様実践的なテーマ、講師陣で充実させる。まだ発表できないが、会場でイベント的なことも実施する。皆様の出展、来場をお待ちしています。出典の締切は2020年7月31日(早期出展申込締切は5月29日)。

松島義幸 * - * 23:44 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ