<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インパック、スミザーズオアシスジャパン展示 | main | 来年のフローラル・イノベーションは? >>

フローラル・イノベーション終了!

 二十四節気の小雪。今日は朝から雨模様で気温も10℃に届かない。12月中旬の寒さだそう。今週からコートを引っ張り出したが、今日は寒さレベル2のコートとする。

 

 11月22日は「いい夫婦の日」。ただ今年はアメリカ発の年末販促イベントのブラックフライデーにぶつかってしまって、朝のニュース(ワイドショー)を見ていてもブラックフライデーで「いい夫婦の日」がぶっ飛んだ感じだ。帰宅して新聞の折り込む広告を見てもイオン碑文谷(我が家からは遠いので普段はチラシが入らない)の黒一色と言う感じの「BLACK FRIDAY」のチラシが入っている。食料品から衣料品、家電、寝具、旅行用品・・・全て半額だ。アマゾンでも今日1日だけのセールをやっているそう。中国初の独身の日(11月11日)のアリババの売上は1日で4兆円を超えたとのことだが、正に現代は意味づけをして(ストーリーを作って消費者にその気にさせて)需要を作り出す時代だ。花業界も母の日やお盆とモノ日を持っているが力が落ちている。フラワーバレンタインをはじめ今日の「いい夫婦の日」、「愛妻の日」など頑張っているのだが、ハロウィンのお祭りのようなイベントには遠く及ばない。評論家的なことを言っても意味がないが、消費喚起の普段からの取組み、需要と供給の構造的な問題など総合的なものの結果としてあり、花き業界は結局のところ”ワンチーム”になれていないことからきていると思う。

 

a1 さて、3日目最終日を迎えたフローラル・イノベーションEXPO 2019。今日も沢山の人がブースを訪ねてくれた。本当に予想以上?の賑わいで嬉しい。小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)も手答えを感じているのか、忙しい中を3日連続でブースに陣取る。IFEX時代にはなかったことだ。IFEXに比べて会場も小さいし、来場者も少ないかもしれないが、来てくれる方が目的意識を持っておられるように思う。同会場のアグリビジネス創出フェア(農水省主催)の関係からか行政や大学関係者、学生も多い。今年は取組みが遅く花関係の出展が少なく、共催させてもらった主催の日本能率協会には申し訳なかったが、花き業界の情報発信・収集、人材育成、交流の場、勿論商談の場として大事にしていきたい。

 

 3日目のセミナーは、「これからの花物流の在り方」(井上三和陸運社長)、「人と地域と出会えるSNSのつかい方」(GreenSnap 西田貴一社長)、「キーワードで読み解く花のトレンド」(大田花き 宍戸純氏)、「花を生かす色彩のテクニック」(日本カラリスト協会 上田裕子氏)と充実のラインアップで盛況だった。

 

 展示会は毎度のことながら自分では見る機会がないのだが、15時過ぎから会場内をさっと廻ってみる。メーカー、大学、県、農研機構などの国の研究機関、いろいろなコンソーシアムが出展している。植物工場、青果物の鮮度、生ごみ処理、・・・SDGs、サステナブル、スマート農業の看板が目立つ。かなり専門的なものも。会場の一画には、鳥獣対策・ジビエ利活用展と言うのもあるが、そちらは匂いが苦手なので近づかなかった。この3日間会場内に強くなないが、所謂獣(けもの)臭が漂っていてこれだけは気分が悪かった。

 

 17時無事終了。少しフライングして16時半過ぎから片付けだして事務所に戻す荷も待たずに宅急便(本多さん、鈴木さん、青木さんがやってくれる)も出せて17時15分頃には作業終了。皆帰途に就く。会場を出ると結構な雨。国際展示場駅まで大半は屋根があるので助かったが。りんかい線は副都心線への乗り入れで渋谷迄直通で行けるが帰宅のラッシュ時で大変な混雑。途中気分が悪い人が出て少し停車したりすると、どこかの叔父さんが口汚く罵る。渋谷を降りる時も人をかき分けて降車するにも一苦労。やはり混んだ電車は乗りたくない。人の嫌な面がむき出しで見たくない。

a2a3a4a5a6a7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

a8 花で出展のシルクフラワーの「Sフローラル」のブースにお邪魔して西村小百合代表に話を聞く。生花のようなシルクフラワーが陶器(信楽)に生けられている。気品があって高級感漂う。陶器との組み合わせを変えると違った趣となる。Sフローラルさんは展示会参加に際してJFMAに加入もして頂いている。

a9a10

 

松島義幸 * - * 23:36 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ