<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ファイリング | main | 切り花大輪ダリアのシンポジウム >>

9月のアフターヌーンセミナー  花の香り

 今日も普段通り出勤。電車はガラガラ。朝家を出る時には傘は挿さなかったが小雨。麹町に着くと晴れて陽が射してくる。昼前には一時的だが激しい雨。そして晴れ間が出る・・・というような台風10号の接近の影響で不安定なお天気。

 

a1 朝から名刺の整理。名刺入れ12箱を会議室に運び込んで溜まった名刺を入れ込んでいく。名刺管理は相変わらずのアナログだ。1枚1枚名刺を見ながらすぐ顔を思い出す人、覚えていない人・・・。総じて記憶力が落ちていて情けない。名刺整理で昨日のファイリングの整備と併せて私の机上もすっきり。何時まで続くことやら。

 

 10時半、会計事務所来訪。15時過ぎから次世代国産花き産業確立推進事業の打合せ。消費動向調査結果も速報で出ていて消費動向は相変わらず厳しい結果となる。今年は切り花の長さ、持っている花瓶の大きさなどについても聞いていて短いものが求められているのがはっきり出ている。今年のテーマに生産者が造るスペックと消費者の望むお花のマッチングを図っていこうとうのがあるが、その基礎資料となる。

 

 盆休み中の仕事は、今日で終わらせて15〜16日(17日からは北京)と休みたかったが、予定の仕事が終わらない。少なくとも1日は出ることになってしまう。

 

 夜は芝の「とうふ屋うかい」にインパック守重会長に招待される。10日ほど前にも来ているが東京タワーの真下とは思えない静かな雰囲気で日本庭園を愛でながら素晴らしい料理を楽しむ。今日のお客様はメディア関係の方お二人。一人はJFMA顧問をお願いしている。今日はビールはグラス2杯だけで静かに会話を楽しむ。我ながら場の雰囲気に合わせられ、単なる酒飲みではないと・・・思う。21時半帰宅。

 

 9月のアフターヌーンセミナーは「花きの販売に香りを活かす〜香りの知識を現場へ」のテーマでで農研機構の大久保直美氏にお話頂きます。セミナーはどなたでも参加できます。申込はJFMA事務局(FAX:03−32378−2701 メール:info@jfma.net)。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2019/08/0f6a92b6a09e11371f509ed860c6cd76.pdf

a1

松島義幸 * - * 23:22 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ