<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ベクトル合せ・・・。 | main | 日持ち保証販売実証試験 >>

染めのカスミソウ

 日本農業新聞が適宜連載している営農×流通の特集記事のテーマは「染のカスミソウ」。JA会津よつばかすみ草部会の立川部会長の笑顔の写真と共に「”出色”の染め技術」の大きな見出し。メーカーとの連携で染料、染めの環境(温度、湿度)、前処理剤の使用などの長い研究の成果で綺麗な染めのカスミソウが出来た。菅家博昭さん等の長い間のご苦労を見ているだけに感慨深いものがある。染めの技術と共に日持ち性の向上、独特の臭いへの処理したことも人気が高まった原因だろう。素晴らしいと思うのは得られたノウハウを産地内に留めておかないで広げていったことにもある。

 

c3 染めたことで用途が広がったこと、人気のドライフラワーにも使い易いことも人気の秘密だろう。本ブログでも何回か取上げた上海のお花屋さんでは白も含めてカスミソウだけのブーケがブームのようにどこのお花屋さんでも店頭に並んでいた。しかも結構な値を付けていて堂々たる主役の商品となっていた。日本でもカスミソウブーケをお花屋さんの定番商品にしても良いのではと思う。

a2a1

松島義幸 * - * 23:35 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ