<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アーチング栽培研究会 定例セミナー | main | 夏場の店頭 >>

夏至

 今日は夏至。昼間が一番長くなる日。アーチング栽培研究会の2日目は植物工場を見学して、千葉大学大学院園芸研究科丸尾達教授の講演(施設園芸と環境制御技術の高度化・近代化の現状と展望)、バラ園視察となっているが、私は残念だけど予定通り欠席。週末に抱えている仕事を考えるとやむを得ない選択だ。今日午後に予定されていた高校の同期会も私としては珍しくキャンセル。少々情けないが仕方ない・・・。

 

 6時半に宮西さん(インパック IFRL:国際花き分析センター)の車に乗せてもらい帰宅。ホテルバス、JRで帰って10時頃の予定が7時45分帰宅。車中実証事業の打ち合わせもできて得した気分だ。早速43℃の風呂に入って頭を洗って、少々飲みすぎた体をしゃっきとさせる。

 

 午後気分転換で久しぶりにタワーレコードでも行ってぶらぶらしたかったが、結局家に閉じこもって雑用と仕事の片付けに専念。ただ、忙中閑ありで読みかけの文庫本を読み上げる。少し古い本で「名画の言い分」(木村泰司、ちくま文庫)。高階秀爾、中野京子、原田マハ、吉田秀和、井出洋一郎など絵画に関する本が好きでよく読む。絵の見方が広がって面白くなる。

 

 夜は二子玉のお寿司屋さんに行く。一番搾りと燗酒、いつも通りのひかりもの。今日は穴子フェアでいろいろな食べさせ方をさせていた。鮎のにぎりも珍しく美味しかった。

松島義幸 * - * 23:50 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ