<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 浜松花き日持ち性向上対策セミナー | main | アーチング栽培研究会 定例セミナー >>

火消し・・・。

 久し振りに終日事務所。ひたすら借金返済(山積する仕事)に努める。プライオリティを付けて仕事・・・などと言う恰好の良いものではなく私の場合は火消しに追われるようで誉められたものではない。それでもJFMA会員総会、定例セミナーが無事終わって少しだけホッとしている。

 

 午前中は会計事務所、午後は東日本板橋花き樋口常務が来てくれる。今年度の次世代国産花き産業確立推進事業の実証事業の進め方、セミナーなど詳細を打合わせる。日持ち性向上対策の実証試験はぼやぼやしていると夏の産地での試験が出来なくなってしまう。

 

 オリンピックのチケットの抽選結果が発表になっている。我事務所では本多さん(ECASジャパン)が大量に申し込まれて1枚(陸上予選)だけ当たったそう。1964年の東京オリンピックの時は私は高校生だったが、チケットは高校に割り当てられて私は水泳の決勝を無料チケットで見た。東京にいたからだと思うがのんびりしていたものだ。それにしてもビクトリーブーケはどうなっているのだろう。もうまもなく1年前。オリンピックを機会に日本の花もMPS−ABC認証取得となるだろうと僅かに期待していたが(北京オリンピックでもオリンピックに使われる花はMPSを取得した。もっとも国の助成がなくなったらほとんどが止めてしまったが)、ビクトリーブーケだって危ういのだからMPSどころではない。それより日本の花き輸出も国際認証なしでは止まってしまうかもしれない。日本の花き業界がSDGsやFSIに無関心のままでいられるかは、少なくとも輸出を考えるならノーだろう。ヨーロッパの状況は7月9日のJFMAアフターヌーンセミナーで紹介するつもりだ。

 

 今日は雑用に縛られて18時過ぎに帰途に就く。駒沢大学駅の書店で今日発売のレコード芸術を買う。読むところがないと不満でも60年の習慣で買ってしまう。

 

 昨日19日の日本農業新聞にJFMAセミナーの様子を記事にしてくれている。詳しくはJFMA会員だけになるがJFMAニュース、ウェブで紹介する。もう野口編集長がきっちとまとめていた。

a1

松島義幸 * - * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ