<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< FLORAL HOLLAND、VAN ZANTEN、胡蝶蘭、花束加工 | main | ロンドン郊外の量販店の花売場 >>

アムステルダムのお花屋さん

今日はアムステルダムからロンドンに移動。午前中は自由行動。吉田さん(JF兵庫県生花)、水谷さん(ベルディ)、竹内さん(花恋人)の4人でアムステルダム市内のお花屋さんを見て廻ることにする。団長は水谷さんだ。9時過ぎにタクシーで市内に出る。

 

【街のお花屋さん 

 10時、道路脇にお花屋さん。バケツに花が入れられて価格などの表示も何もない。お客さんが来ていて花束作りの最中。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【高級店mennokroon

 10時15分。今日の目的の一つ「mennokroon」に行く。店全体が綺麗にディスプレーされていて高級感がある。花に価格は着いていない。ニンニクを型取った花瓶が面白い。水谷さんが購入される。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【街のお花屋さん◆

 11時、歩道の一画にお花屋さん。Rembrandt BLOEMENと言うお店。花はバケットに無造作に入れられて並べられている。芍薬が旬なのかいっぱい並べられている。

a5a6a7a8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【街のお花屋さん】

11時10分、歩いているとまた道路脇にお花屋さん。見ているといきなり日本語で話しかけられてびっくり。スタッフは日本の女性。花屋で働いて勉強しているそう。日本でお花屋さんを開くのかと聞くと、オランダの居心地が好いので当面はオランダだと言う。ここもバケットに花が入れられて陳列されているが、価格は表示されている。綺麗にラップされた花束が15€(2千円)。すると見ている間に若い男性が花を買いに来て、嬉しそうに芍薬10本(8€、1000円)を抱えて自転車で去っていく。

a9a10a11a12

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

【高級店MC BLOOM

11時半、高級店MC BLOOMを訪ねる。お花屋さんと言うより美術品店のよう。贈答の注文の花束や装飾のお店なのだろう。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【高級店 NH FLOWERS

 12時、今日最後の訪問地の高級店 NH FLOWERSに到着。ここもMC BLOOMと同じように完璧にディスプレーされた店で近寄り難い雰囲気さえ漂わせている。価格表示などは勿論ない。

 a1a2a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お花屋さん巡りを終えてトラムでセントラル駅に向かう。トラムは1時間3.2€。10分ほど遅刻してレストラン「De Kroonprins」に到着。13時半にレストランを出てスキポール空港に向かう。16時55分発のKL1029便でロンドン・ヒースロー空港に向かう。スキポールでのチェックインもパスポートをかざすだけの自動、荷物の預け入れも成田空港でやったのとと同じようにバスケットにスーツケースを置き、チケットをかざして送り込む自動になっている。

b1b2b3b4b5b6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 17時10分ヒースロー空港到着。イギリスはオランダより更に1時間遅くなり、日本との時差は8時間となる。ヒースロー空港は入国審査に時間がかかることで有名な空港。それが驚くことに入国審査が自動となりスムース。昨日から変わったとのこと。迎えの車が駐車場が混んでいるとかで1時間近く待たされる。結局は同じだ・・・。

松島義幸 * - * 23:39 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ