<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アムステルダムのお花屋さん | main | 青山フラワーマーケット ロンドン店 >>

ロンドン郊外の量販店の花売場

 ホテルを8時20分に出発、専用バスでロンドン郊外(中心部から74km)のベッドフォードに向かう。ロンドンは4割が外国人で、人種のルツボと言われているが、ベッドフォードは白人、中産階級の人たちの住む地域。午前中はスーパーの花売場を見る。今日も晴天で暖かく、からっとして爽やかな気候。美しい緑の田園地帯に街に入ると赤いレンガ作りの家並みが現れる繰り返し。

 

Waitrose

a7 9時半、ウェイトローズに到着。ウェイトローズは高級スーパー。入口に花売場がある。花束は3.25〜5£(500〜800円)で安い。切り花も鉢物もフラワーガーデンと統一ブランド名を付している。店頭陳列期間が明示され日持ち保証をしている。例えばキクのブーケでは陳列期間が5月29日(今日は22日だから長い!)、日持ち保証期間が7日とある。バラで24日まで陳列、保証が5日とある。花束の下には鮮度保持剤が付いている。鉢物は5.5〜10£(800〜1500円)で店頭陳列期間を明示している。イギリス産のものにはユニオンジャックを付けている。

a1a2a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【M&S】

a1 10時、M&S SIMPLY FOODに到着。マークス&スペンサーが高速道路のインター近くのガソリンスタンドに併設して、車通勤客の食料品や日用品を買ってもらおうと言うコンセプトの店。M&Sはすべて自社ブランドで品質の良いもので勝負しようと言うこだわりのスーパー。入口にこじんまりとした花売場。4段のラックにバケツが2〜3並んでいる。日本のコンビニでもこんな花売場があったらと思う。価格は5〜15£(800〜2300円)。イギリス産の花にはユニオンジャックを表示している。イギリス産のチューリップは8本束で8£(1本150円)。店頭陳列期間の明示、日持ち保証(5日間)、花持ち剤の添付を行っている。

a2a3a4a6a5a7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sainsbury's

a1 10時半セインズベリー(イギリス売上高3位)を見る。スーパー入口に楕円形の売り場を設けている。商品アイテムは多く花束は2.5£(400円)から15£(2300円)と幅広い。陳列量は5〜10£の花束が多いか。日持ち保証は5日間、日持ち剤を付けている。バラ10本で2.5£(1本40円)もある。チューリップは7本で2.5£で1本50円位。

a2a3a4a5a6a7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TESCO

a1 11時過ぎイギリス最大の売上のテスコに到着。見たのはTESCO extraの大型店。やはりスーパの入口に花売場があり、楕円形で切り花と鉢物が背中合わせに売場が構成されている。ここはJFMAツアー時に定点観測している店で、今日もフィールド調査(売場の通行量、立寄り人数、購入人数、陳列価格と束数)を行う。時間帯からか通る人も少なく、今日は止めようかと私など思っていたが、小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)が始めてしまう。私は一番大変な売場陳列量を手分けして調査。テスコは贈り物用にTESCO finestのブランド名を付けている。15£(2300円)で余り高くないが、以前は5千円位のものも置かれていた。テスコの日持ち保証期間は、カーネーション14日、バラ7日、キク10日、ユリ7日、カスミソウ7日、花束7日。鉢物はミニバラ21日〜7日、胡蝶蘭14日。

a2a3a4a5a6a7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランチはFOX&HOUNDSと言う田舎のパブでイギリスの代表的なフィッシュ&チップスを食べる。ビールはPale Aleでスッキリして美味しい。揚げたての熱々のフィッシュ&チップスとビールは良く合う。

b1b2

松島義幸 * - * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ