<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< MPSマーク | main | フィールドワーク >>

インフラ整備

 東京はすっかり春の陽気。もうスプリングコートもいらなくなるのも近いだろう。市ヶ谷のお堀端の桜も蕾が膨らんできているのが見て取れる。今週末開花の予報通りとなりそうだ。昼は2月から事務所の仲間になった鈴木大介さんの歓迎昼食会。皆のスケジュールが合わないので、2月からなのに今日になってしまった。場所は市ヶ谷「中華飯店」。8人全員が揃うのは久し振りだ。

 

 今日は朝から平成31年度公募事業(農水省次世代国産花き産業確立推進事業)の修正作業。昼からは検討委員の宮西さんが助けに来てくれる。と言うより修正の大半はこの休み中にやってくれていた。実証事業で検証した結果の効果を明確に、2022年度の目標値も明確に掲げる。そして数値は当然のことながら根拠のあるものでなければならない。私たちの進めてきたのは日持ち性向上対策や物流の効率化などで本来なら花き業界としてやれていて当然のことばかり。一生懸命働きかけてお客様に棚から商品を取って頂く、ただその商品が悪かったら(日持ち)ネガティブキャンペーンを行っているようなものになってしまう。お客さまが安心して商品(花)を買って頂けるようにインフラ整備をやっているようなもの。花き消費拡大の基盤造り。地味だ。何年かかっているのだと言う声も聞こえてきそうだ。見違えるように変わった産地がある。こうした目に見える変わりように勇気づけられる。これを広げていく。私たちの取組みは基盤整備だから派手さはない。真面目に誠実にやっていくしかない。夕方農水省に修正計画書を提出しながらの想いだ。

 

 夜は日本橋三越6F三越劇場で第608回三越落語会。今回のトリは柳家小三治さん、人間国宝だ。昔の上司、一緒にMPSジャパンを設立した江川さんご夫妻、MPS・ECASの新しい仲間、鈴木大介さんご夫妻、私の妹など今日は仲間34人が参加。小三治さんも79歳。恒例の長いまくらも(本当に長い、今日も落語「小言念仏」より長かったのでは?)正直面白くない。流石に歳を取ったか。金原亭馬生のお馴染み「抜け雀」、むかし家今松「穴泥」など楽しむ。終えていつも通りにキリンエンジ時代の仲間と今日は日本酒熱燗で軽く一杯。三越前からは半蔵門線・田園都市線で乗り換えなしで帰れて楽だ。

松島義幸 * - * 23:34 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ