<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フラワー学園卒業式 | main | 母の日にMPSの鉢花を贈ろう! >>

公募事業ヒアリング

 8時から大田花き会議室で花の国日本協議会3役会議。井上理事長、宮嶋、磯村、西家副理事長、和田事務局長、事務局鹿子木さんとメンバー全員が集まる。今日の主な議題は先週8日に農水省に提出した平成31年度公募事業についての内容確認、実施体制などについて議論。事業実施母体は「国産花き需要かい推進委員会」で事務局が花の国日本協議会となる。検討委員メンバー、位置付け、活動内容(ホームユース消費拡大、実態調査・・)など花の国日本協議会としては初めての試みとなるので検討・課題も多い。その他、男性に特化した花贈りの実態調査について検討。10時終了。

 

 セリ場を覗く時間は少ししかなかったが、キク、バラ、カーネーションなど主要品目が全体に安値に見えた。春の彼岸、卒業・入学シーズンの需要の最盛期を迎えてこれからだ。セリ場前の展示の花バラ、カーネーション、リシアンサスなど・・・。どれも素晴らしい。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 車を家に置いて昼から事務所。今日は確定申告の締切日。ひどいことに先ずネットで申告書類を作成。ネットでやるのは初めてなのだが、驚くべきことにあっという間に書類が出来てしまう。もっと驚いたのは今年は還付されること。ずっと15〜50万円位追加税金を納めていたのにどうしてだろうと疑問が出てくる。状況は例年同じなのだから。そんな暇はないかもしれないが、ここ2年くらいの数字をネットで入れてみようと思う。納めた税金が返ってくるかも・・・?。

 

 夕方17時に8日に提出した公募事業(農水省次世代国産花き産業確立推進事業)についてヒアリングと言うことで農水省にお邪魔する。検討委員の宮西さん(フラワーウォッチジャパン、インパック)に同行してもらう。15分ほど待たされて1時間余、書類不備な点の指摘を頂く。実施計画書は、以前のイノベ事業からかなり様式が変わったが、簡単に言えば実施したことの効果を明確にと言うこと。効果についても以前から当然あったが、目標年度も明らかにしてより明確に提示する。私たちのように多くの実証事業を広域に進めていくことから表現が難しいが、18日夕までに修正提出となった。

 

 18時半ヒアリングの前の組の和田さんと鹿子木さんが一杯飲もうと待っていてくれる。先週と同じパターンだ。今日は新橋に出て適当に居酒屋さんに入る。驚いたことに生ビール(アサヒスーパードライですが)が1杯179円。安い!つまみも同じようなもので、店内はサラリーマンで一杯。20時過ぎまで呑んで4人で1万円いかない。それぞれがビール、ハイボール、焼酎、日本酒と呑んでだ。新橋から銀座線で表参道に出て田園都市線。21時前には帰宅。今週も慌ただしく終わってしまう。

松島義幸 * - * 22:46 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ