<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 坂嵜さん育種 アジサイ(Hydrangea Runaway Bride) | main | エコプロダクツ2018 SDGsに向けて >>

JFMA新春セミナーは「新しいフラワーショップのスタイル」!

 今日は二十四節句の大雪。今週末から冷えこむようだが東京は暖かい日が続く。今冬はまだコートの出番がない。今日は外出もなく来客もない仕事日和。いつの間にか一度片付けたはずの机の書類の山が高くなってきていて山を崩すチャンスなのだが、朝から三菱UFJ銀行(海外送金など)、みずほ銀行などを廻ったりで瞬く間に時間が過ぎてしまう。

 

 夜は今日も忘年会。連夜で流石に呑み疲れているが、メンバーが変わるのだから仕方ない。今日はキリンの東京工場時代の仲間(1970年に13人でビール88本、日本酒64本飲んだ仲間)。17時開始では行けるわけはなく遅刻して参加。六本木のトニーローマ。年寄りの集まりにスペアリブは辛いのだがメンバーの一人の息子さんが就職している。昔ほどではないが皆(私も)良く呑む。終わって19時過ぎ。早いので2次会はアイリッシュパブ。ただ、ここでもビール。ラフロイグ(サントリーさんの扱い商品)を呑むとはキリンの仲間では言えない・・・。20時過ぎ解散で、六本木駅近くの「セルベッサ」に寄って挨拶代わりに一杯飲んでいこうと思ったら店がない。閉店したのか移転したのか。21時前には帰宅。

 

 来年1月22日(火)に恒例のJFMA新春セミナー・賀詞交歓会を開催する。「新しいフラワーショップのスタイル〜ハイブリッド型フラワーショップの提案」のテーマで立地に合わせて(ターゲット)お店の商品ラインアップを変えているKARENDO(花恋人)さん、昨年4月からHibiya-Kadan Styleで日持ち保証販売に取組んでおられる日比谷花壇さんに講演頂く。来賓でいらして頂く農水省花き産業・施設園芸振興室野口室長のお話も聞けます。引き続いての花き業界のジャンルを超えた交流会、賀詞交換会と合わせて是非参加願います。

 

a1

松島義幸 * - * 23:20 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ