<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブラックフライデー | main | 農薬訴訟 >>

店頭陳列期間

 寒い1日。風邪をひいてしまったよう。やたら鼻を噛む。午前中はマンションの理事会。12月の総会に向けての議案の検討。普通は契約している管理会社が用意してくれたものを追認して任せてしまうのだろうが、割と真面目に議論する。マンションの大規模修繕の時期に来ているのだが、今年度の総会では見積が甘い、3社相見積をしていないなどの理由で否決してしまった。前回(2005年)2400万円だったものが4400万円に膨らんでいる。オリパラ建設の影響で建築費は上がっているが、それにしても高過ぎる(1.8倍)のではと言うことだったが、結局認めて次年度予算に計上することとした。現在ある積立金5700万円を相当切り崩すが、必要なメインテナンスをやらないわけにはいかない。その他4KのTV放送が本格的に始まるので対応するかどうかなど色々で理事会が終了したのはお昼前になってしまう。

 

 午後から雑用(買い物)で渋谷に出る。用件だけにしておけばいいものを欲しいCD(クルレンティス指揮マーラー交響曲第6番)があるのでタワーレコードに寄る。余分なものまで買ってしまって19枚(古い録音が大半)。聞く暇もないくせにもう病気だ。

 

 昨日売り切れていたスーパーにまた同じような時間(17時過ぎ)に花を買いに行ってみる。今日も仏花はあったが、洋花はユリ以外はバケツは空っぽ。良く売れているようだ。このスーパーは店頭陳列期間を明示している。間違いなくリピーターが付いている。店頭陳列期間を明示すると新しいものから売れてしまう心配があるが、毎日売り切るくらい売れればその心配もないのだろう。昨日ほぼ売り切れだったのだから店頭に並んでいる花は今朝並べられたもの。店頭陳列期間は11月28日とある。さて今日は仏壇の花しか買えなかったが、何日持つか楽しみだ。

 

 2025年大阪万博が決まったとのニュースが飛び込んでくる。私は誘致活動をやっていることを知らなかったので少しびっくり。余り話題になっていなかったように思えるが。大阪万博は1970年以来だから55年振りの開催となる。1970年の時は私は会社に入った年で休みも取れなかったので見ていない。東京の2020年、大阪の2025年と建築ブームが続くのだろうか。テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。健康、医療に関する技術貢献を目指す。会場は大阪湾の人工島・夢洲内の155ヘクタール、2025年5月3日〜11月3日の185日間開催する計画。2800万人の来場を想定している。

松島義幸 * - * 23:57 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ