<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 11月16日 フラワーマイスターの現状とこれから | main | JAやつしろ花き日持ち性向上対策推進セミナー >>

福岡花き日持ち性向上対策推進セミナー

 9時45分羽田空港発のフライトで福岡空港に11時45分到着。地下鉄で博多に入る。所要時間は5分。福岡空港は市内中心部に近く便利だ。ホテルに荷物を預けて菅家さん(JA会津よつば)と今日の福岡花き日持ち性向上対策推進セミナーの会場に向かう。会場はWITH THE STYLE FUKUOKAと言うやけにお洒落なホテル。14時既にMPSジャパン青木さんは来ていて福岡花市場の人たちと準備をしてくれている。

 

b1 15時からセミナー開始。講師の薄木さん(フルーロン花佳)は札幌からの飛行機が遅れてギリギリに会場に飛び込む。88名が参加。日持ち性向上対策セミナーは平成30年度のイノベーション推進事業で今日で8回目となるが高知や会津のセミナーを抜いて最大の参加者となった。講演は下記の通り。

 

「なぜ、品質管理が必要か?〜花き農業経営を継続するために、今必要なこと!」 

     国産花きイノベーション推進事業検討会副会長 菅家博昭 氏

「2021年以降に求められる国産花きとは?」

  〜品質の見える化と、求められる花とのリンク

     株式会社花佳(フルーロン花佳) 代表取締役 薄木健友 氏

 

 質疑応答も枝モノの鮮度保持剤への質問から始まって終了予定時間を超えて質疑、品質・日持ちへの関心の高さが窺われる。品質管理認証、花のJAS(日持ち生産管理切り花のJAS規格)への受容性を問うアンケートにも協力をもらいほぼ全員から回収。

 

 17時半から同じホテルの別会場で福岡県花卉農業組合主催の交流会に参加。ここでも二人の講師を囲んで熱心な質問でやりとりされる。気が付くと私の名刺入れに残る名刺は1枚、JFMAの名刺も5枚しかない。明日の熊本セミナーで不足するだろう。名刺は箱で持ってくるべきで不覚だった。今日のビールはハートランド(キリンのオールモルトビール)。私が一番搾りの次に好きなビール。WITH THE STYLE FUKUOKAは普段からハートランドだけだそう。

松島義幸 * - * 22:28 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ