<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 岩手県立農業大学校来訪 | main | 11月16日 フラワーマイスターの現状とこれから >>

日本の花の生産地を見る

 14時菅家さん(JA会津よつば、平成30年度国産花きイノベーション推進事業検討会副会長)、宮西さん(フラワーウォッチジャパン、イノベ検討委員)が来訪。関係したここまでの実証試験について検証、追試などについて検討する。

 

 菅家さんは、福岡(9日)、八代(10日)と花き日持ち性向上対策推進セミナーで講演される。今年度は産地でのセミナーを全国10カ所で開催している。今週末で9カ所となりやっとゴールが見えてきた。事前申込で福岡86名、熊本81名もが集まってくれる予定で盛況で嬉しい。今回の産地にお邪魔してのセミナーは全て菅家さんに講演してもらっている。菅家さんは講演するだけでなく、産地に出向いて生産者さんと栽培・品質管理、出荷、農業経営などについてヒアリングされている。そうした中から日本の小規模農業・家族経営について考察、方向性を示唆する。

 

 菅家さんは第5期JFMAフラワービジネス講座中級Δ烹隠鰻遑横案(火)に講師として登場して「日本の花の生産地を見る」をテーマにお話される。今回各産地を歩いたこともお話される。また、ディスカッションでは、小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)、宍戸純氏(大田花き)と共に「今後の花業界にもの申す」で議論する。1回だけでも受講できますので是非参加下さい。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2018/03/2018-JFMAFlowerBusiness.pdf

 

*第5期JFMAフラワービジネス講座

 日時 11月20日(火)13:30〜17:00

 場所 JFMA事務所会議室

 主催 日本フローラルマーケティング協会

 受講料 9,000円(JFMA会員7,000円)

 申込・問合 JFMA事務局 野口宛

      TEL03−3238−2700 FAX03−3238−2701   

   13:30〜15:00 日本の花の生産地を見る 菅家博昭氏(JA会津よつば)

   15:15〜17:00 ディスカッション

           小川孔輔氏(JFMA会長)、菅家博昭氏、宍戸純氏(大田花き)

 

 読書週間が明日で終わる。文化の日を挟んで10月27日から11月9日までの2週間の出版界のイベント。以前にも書いたかもしれないが、読書時間ゼロの学生は53%で読書時間は1日平均23.6分(読書する学生では平均51分)だそう。一方、スマホを使う時間は2時間57分とのこと。電車に乗っていても皆一心にスマホを見ていて異様にも感じる。本を手にしている人は稀で、それも私の年代だ。大学生の我娘も本を読めと言っても「情報はスマホから」と頓珍漢なことを言っている。私も読書は大好きだが、読む量は減っている。今読んでいるので今年63冊目。文庫本屋新書ばかりだが。

 

a2 コープデリ「ヴィ・ナチュール」のMPSの花は11月の第3回は新潟県の「西脇農園」、「カミシオ」のチューリップの登場。写真は11月第1回の頒布でMPSジャパン和田さんが抽選に当たって持ってきてくれた高橋プランテーションのシクラメン。

 

 

 

 

a1

松島義幸 * - * 23:29 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ