<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 11月のイブニングセミナー | main | JAながぬま花き日持ち性向上対策推進セミナー >>

JA新はこだて花き日持ち性向上対策推進セミナー

 混んだ電車を避けて6時半過ぎに駒沢大学を出て7時半過ぎに羽田空港到着。ラウンジでゆっくりする。10時15分羽田空港発のフライトで函館空港に11時半過ぎ到着。空港で今日のメンバー、樋口さん、菅家さん、海下さん、薄木さん、事務局全員が揃う。レンタカーで七飯(ななえ)に向かう。

 

 14時からJA新はこだて七飯基幹支店会議室で花き日持ち性向上対策推進セミナーを行う。プログラムは下記の通り。

 

機屬覆次品質管理が必要か?」

      〜花き農業経営を維持するために、今必要なこと!

    国産花きイノベーション推進事業検討会 副会長 菅家博昭氏

供崙持ち性向上対策はなぜ必要か?」

        東日本板橋花き 常務取締役 樋口博紀氏

   (国産花き日持ち性向上推進協議会 会長)

掘孱横娃横映以降に求められる国産花きとは?」  

  〜品質の見える化と、求められる花とのリンク

   フルーロン花佳 代表取締役 薄木健友氏

 

 今日のセミナーはほとんどが生産者さん。菅家さんは毎回問いかけるように話をされる。小規模農家だからやれる強みや旬の草花が花店から求められていることなどご自分の目で見て話されるので説得力がある。また、来られた生産者さんが何を作っているかで話を変えている。今日はカーネーションの生産者が多いと言うことで海下さん(クリザールジャパン取締役副会長)に前処理、連蔵保管、予冷の重要性を海外の最新の情報から急遽お話してもらう。最後の質疑応答では海下さんへの質問が集中した。

 

 樋口さんは市場の品質確保の取組み、生産者に最低限求めることなど日持ち性向上の切り口から話される。予冷や前処理・後処理剤の使用の有無での違い、低温貯蔵後の日持ち試験結果を画像で見せて分かり易い。

 

 薄木さんは、1時間半位は欲しい内容。オリンピック後の2021年の花業界がどうなっているかから説き起こし、より品質向上管理が必要だと。産地、花店の最新の日持ち性向上の取組みを具体的にお話される。エチレンやボト対策も具体的に解説。

 

 最後はアンケート記入の協力をもらって16時20分終了。車で函館空港に戻る。途中雹、突然の突風、雨が降ったかと思うと晴れると言う不安定な天候。大きな虹がかかる。直ぐ消えてしまうが、しばらくするとまた虹を見る。18時35分のフライトで札幌・丘珠空港に向かう。19時半札幌着。夜は流石に冷える。10℃位か。

松島義幸 * - * 23:35 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ