<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 静岡日持ち性向上対策推進セミナー開催! | main | 静岡花き日持ち性向上対策推進セミナー >>

JASのマーク

 やっと秋らしくなってきた。朝晩はひんやりする。スーツとネクタイとなり私などの世代はこの方が落ち着く。ここのところ事務所にいるのが少ないので戻ると(大事な)雑務で追われてしまう。明日の静岡花き日持ち性向上対策推進セミナーの準備、期限を過ぎた原稿提出などで一息つく。プロジェクト管理、経理業務などはきちんとできて当たり前、最高点は常にゼロ点の世界。私がエンジニアの頃の機械設計、工場建設などの仕事も性能が出て当然、期限通りに竣工して当然の最高点ゼロの世界だった。不足したら大変なお目玉となる。

 

 日本農業新聞(10月20日)に「新JAS”顔”決まる」の1面トップ記事。JAS(日本農林規格)を高品質の目印とし、国内に加えて、海外での有利販売に結び付ける狙い。年内に告知して新マークへの移行を順次進めるとのこと。花のJAS(JAS0001 日持ち生産管理切り花)も今年4月に施行となっている。

a1

松島義幸 * - * 23:15 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ