<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JFMAフラワービジネス講座 | main | 生産者さん訪問 >>

高知日持ち性向上対策推進セミナー

 今日は高知のセミナー。羽田空港発11時25分のフライトなのだが、荷物を持って混んだ電車は嫌なので7時に家を出て8時には羽田空港に着く。国内線のラウンジは飲み物しかないが10時半頃までじっくり仕事ができる。流石に今日はビールは我慢。ラウンジからMPSニュース10月20日号の巻頭言を中村るみ子編集長に送付。今月は展示会をテーマとした。

 

 羽田空港で今日の講師の樋口さん、菅家さん、中曽根さんと合流。フライトは高知空港に12時50分着。14時からのセミナーに間に合うため昼食をとる時間がないのでカツサンドを買って機内で食べる。ところが運が悪いことにフライトは20分遅れて到着は13時10分。14時に間に合うか心配したが何とか13時45分到着。少しでも道が渋滞していたらアウトだった。

 

a1 セミナー会場は、高知県教育会館高知城ホール。どうしたことかどこの会議室も一杯で7軒目でやっと予約できた会場。畳の部屋に敷物を敷いて椅子と机を入れてもらっていた。会場は63名の参加者でいっぱい。香川県からも参加頂く。講演は下記の通り。

 

 

 「なぜ、品質管理が必要か?〜花き農業経営を継続するために、今必要なこと!」 

     国産花きイノベーション推進事業検討会副会長 菅家博昭 氏
 「最新の花き日持ち性向上対策」 

     国産花きイノベーション推進事業検討会会長 樋口博紀 氏

 「私とリシアンサスの歩み〜地域で品種開発をする取組みと、これから」 

     ナカソネリシアンサス 中曽根 健 氏

 

 講演後、アンケートタイム。事務局から説明。日持ちに対する取組み、花のJASについて調査。

 

 セミナーは16時過ぎ終了。有志による交流会を市内の居酒屋「喰多朗」で開催。37名が参加。板の間で私はP箱に座る。鰹のタタキで土佐鶴、司牡丹の地元の酒を燗で呑む。2次会も参加。最後は中曽根さんと二人で「シジミラーメン」。これが滅法美味しい。呑んだ後のラーメン。最低だけど美味しかった。反省なし・・・。今日の居酒屋さんは何の番組か入口でテレビのクルーが収録している。見ると広末涼子さんがいる。すっとして綺麗な人だ。そう言えば高知の人だった。

松島義幸 * - * 23:18 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ