<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 花き業界の展示会は? | main | 高知日持ち性向上対策推進セミナー >>

JFMAフラワービジネス講座

 東京は爽やかな気候。陽射しが柔らかく気持ち好い。今日も事務仕事に追われる。海外送金業務(銀行に設置されているテレビ画面で送金)は空いていて20分で終了。過去最短か。

 

 13時半からJFMA事務所会議室でJFMAフラワービジネス講座中級い開講。恒例のイントロダクションは私から花き業界の展示会についての話題を提供。国際フラワー&プランツEXPO(IFEX)が15年で一つの節目を迎える。次回からライフスタイル総合EXPO(雑貨・インテリア)に入る。日本の花き業界は閉鎖系の取引形態、つまり生産者〜市場・仲卸〜小売と基本的には取引先が決まっている。従って、IFEX=商談の場という位置付けだけでは、高い小間代を出して出展する意味が少ない。情報発信・収集、交流の場、学習の場でもなければならない。インパック社が15年間出店し続けたのは常に情報発信するものがあり続けたからだ(インパック受講者が3人)。

 

 今日の第1講は「お花屋さんの接客・クレーム対応〜CSアップの方法とは」のテーマで日比谷花壇福島由美氏にお話頂く。第2講は、「インターネット(ICT)活用について〜ネットショップと実店舗の集客」のテーマで自由が丘フラワーズの松村社長の講義。実は私はどちらも聞けていない。明日の高地でのセミナーの準備などで動きが取れない情けない状態。私もしっかり聞かせてもらって役得(事務局)の門前の小僧になりたかったのだが。次回は、11月6日、「花恋人」の野田社長の登場で「お花屋さんの利益を生み出す方法〜日々の仕事の管理」のテーマでお話を頂くのと不肖私の「年間販売計画〜年間52週のMDの法則」の講義。私の講義はともかく野田社長の講義は宝物になりますから是非受講して下さい。1日だけの参加もできます。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2018/03/2018-JFMAFlowerBusiness.pdf

松島義幸 * - * 23:23 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ