<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小型翻訳機 | main | 秋田ダリア園、秋田花き日持ち性向上対策推進セミナー >>

山形花き日持ち性向上対策推進セミナー

a1 5時半過ぎの電車で羽田空港に向かう。6時半過ぎ羽田空港に到着。直ちにラウンジに入るが今日はビール(一番搾りの生があったが)はぐっと我慢。7時15分発のフライトで山形空港に8時15分到着。同行は樋口さん(国産花き日持ち性向上推進協議会会長、東日本板橋花き)、菅家さん(協議会検討会副会長、JA会津よつば)、海下さん(検討委員、クリザールジャパン)、青木さん(MPSジャパン)と私で5人。空港からレンターカーで生産者さんをお訪ねする。今年のセミナーは全て産地で開催する。出来るだけ生産者さんに生産の考え方、課題、品質管理、販売の工夫、従業員管理への取り組みなどをヒアリングする。

a2a3a4a5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

a6 セミナーは14時から新庄駅に隣接している最上広域交流センターゆめりあ(2階 アベージュ)で開催。第1講は「なぜ、品質管理が必要か?〜花き農業経営を継続するために、今必要なこと!」のテーマで菅家さんの講演。花の品質だけではなく、花を作る過程の品質、仕事の品質を考える話だと言う。生産者として持続的農業を継続していくにはどうしたら良いかについて話される。お客様に購入頂く、リピーターになってもらうにはどうしたら良いか。それには日持ち性が重要なポイントとなる。品質保証をできる産地になることが基本だと。

 

 第2講は樋口さんから「日持ち性向上対策はなぜ必要か?」のテーマで、日本の花き産業の現状、社会の価値観の変化に対応すべく今後に向けて必要な施策を話される。

 

 第3講は海下さんから「最新の花き日持ち性向上対策」のテーマで、海外の花き生産の変革と言うことで、徹底した品質管理、流通・小売店の変化、花の購入を促すシステムを解き、それには日持ち性向上の施策が必要とその原理、更には具体的な鮮度管理、コールドチェーンの必要性を解説する。最後に青木さんから10分ほどの時間を使って生産者さんに品質管理状況の調査票に記入してもらう。予定を10分ほどオーバーして16時10分終了。

 

 明日から2日間「やまがたフラワーフェスティバル」で「ゆめりあ」の会場に山形県の花の品評会。農林水産大臣賞から県知事賞、市場社長賞など既に決定している。皆さんの精魂込めて作られた花をじっくり見せてもらう。明日はこの会場で花いけバトルなどが行われるよう。

a8a9

松島義幸 * - * 23:32 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ