<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高校園芸部 | main | 第5期フラワービジネス講座◆.沺璽吋謄ングとサステナブル >>

敬老の日

 敬老の日。メディアによると高齢者(65歳以上)の総人口に占める割合は28%、70歳以上で20%だそうで世界一の高齢化とのこと。また高齢者の20%が就業している。これも日本が世界一だそう。これは生活のためと言うより人生100歳時代に元気な年寄りが増えていると言うことなのだと思う。いつまでも働いていることが若い人の活躍する場を奪ってしまってはいけないが、経験を活かして若い世代をサポートするようなことになれば好いのだが。

 

 私個人については、いつまで仕事を続けるつもりだ、後継者をなぜつくらないかなどと言われる。言われるまでもなく私自身が一番の課題だと思っているが、解が難しいのと毎日の仕事に追われて時が過ぎていくと言う駄目なパターンに落ち込んでしまっている。自分がこうあるべき、こうありたいと言うことと現実との乖離が大きくなってきている。トップ(組織は小さくとも)は明るく先を示さなければならない。私の仕事の60点主義も周りからエクスキューズに聞こえるようになったら終わりだ。で、錆びついた鉄人29号が頑張ってしまう・・・。皆さん、私に対する老人介護をしっかりお願いしますね。

 

 午前中は母訪問。以前は外に連れ出して食事に行ったりしていたが、最近は弱ってしまってそれも難しくなっている。今日は母の好きな栗かなこを持って訪問。衰えているなりに静かな時を過ごす。

 

 敬老の日に向けての花屋さんの店頭はどうだったろうか。お花屋さん巡りをしたわけではないが、渋谷、銀座、三軒茶屋、二子玉川など何軒か見たが、敬老の日の告知はやっていてもその商品までしっかり提案しているとは言えないと感じた。ここでも青フラさんがパンフレットまで作ってブーケでもアレンジでもしっかり提案していた。ミニ(ミディ)胡蝶蘭を提案している店もあった。

a1a2

松島義幸 * - * 23:24 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ