<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ボトを防ぐには? | main | MPSジャパン MPS−GAPでNECソリューションイノベータ社と提携! >>

PERT(Program Evluation and Review Technique)

 ジャケットを着けていて丁度良い過ごしやすい気候になってきた。お客様はなく静かな1日。遅れている仕事をひたすら追いかける。

 

 夜は昔の部下と会食の為に銀座に出る。新入社員で入ってきて私に付いた人が定年で退職したと言う。自分も歳をとったなあと思う。丁度千歳工場の建設をやっていた頃で自社開発の機械の立上げに苦労していて、缶詰機のバルブの動きを高速度撮影して分析したり当時は必死だったが今から思うと面白い仕事をやっていたと思う。私はPERT(工程管理手法)の松島などと言われるくらいPERTが大好きで使っていたが、PERTはその後の会社生活で随分役だったと言われて嬉しかった。私自身は大分鈍ってきてできていないが、今でもPERT的(アクティビティ、クリティカルポイント・・・)発想を基本としている。

 

 銀座の会食場所に行く途中で3軒の花屋さんを見る。どこも9月17日の「敬老の日」の告知をしている。青山フラワーマーケットはダリアを前面に出していた。帰宅時間(18時)で行列が出ていた。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本農業新聞に「香りでユリPR」の見出しの記事。ユリは香りが強過ぎて嫌われることもあるが、香りの種類や強さを表示してお客様に購入時の目安にしてもらおうと言う試み。ただ香るではなく香りでお客様に選んでもらう。どんどん広げていったらと思う。

a1

 

 

 9月4回目のコープデリ「ヴィ・ナチュール」のMPSの花は、土っこ田島ファームの湯田さんのリシアンサス(大輪の八重咲き)と昭和村の管家さんのカスミソウ。

a2

松島義幸 * - * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ