<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年の生産者さん向け品質管理セミナーは? | main | 重陽の節句 >>

値上げの仕方

 娘(大学2年、20歳)がパリ旅行から戻るので迎えに行ってあげる。11時過ぎに上馬の自宅を出て11:45に羽田空港国際線ロビーの駐車場に到着。ボードを見ると11:46に娘の乗ったエールフランス便は到着している。羽田空港だからすぐ出て来るかと思ったが、娘たちが到着ロビーに現れたのは13時過ぎ。娘はパリは2度目。5年前の夏に私と二人で行っている。その時はモンサンミッシェルと美術館巡り以外はパリ市内をメトロを使って歩き回ったが、高校時代からの親友と行った今回のパリは、モンサンミッシェルとパリのディズニーランド、エッフェル塔など代表的な所を見てきたと言う。パリまで行ってDLでもないだろうと思うけど、無事戻ってきて一安心。

 

 この週末の最大のミッションは、期限を過ぎてしまった頼まれている原稿などもあるが床屋に行くこと。カールしている髪だから少しむさ苦しさも助かっているが、別に長髪にしている訳でもなくみっともない。この歳になると外見がどうこうということではなく、人に不快を与えないことをコンセプトにしているが、来週は写真に撮られる正式な場もあり何としても床屋に行きたかった。先週は3度足を運んで一杯だったり、もう閉まっていたりだったが、今日は15時過ぎ、お客がいなくてやっとさっぱりした頭になる。床屋さんは高齢者なので疲れると店を閉めてしまう。

 

 夕方私の主食でもある牛乳を近所のスーパーに娘と買いに行く。何時頃だったかそれまで飲んでいたメーカーからスイッチした北海道牛乳が1本もない。北海道胆振東部地震の影響だとすぐさま思う。仕方なく東京牛乳を買ってみる。牧場は多摩とある。以前愛飲していたM乳業の牛乳は沢山陳列されていたが買わない。値上げの仕方が姑息だったから。値上げはしても良いのに、わざわざパッケージをノズル付にして呑み易くなりましたとか、容量を1000ccから900ccに少なくしている。パッケージを変えましたなどと一時TV広告までしている。ノズル付になって一人で開栓できない母には持って行けなくなった。堂々と前の仕様で値上げすれば良かったのにと思う。私は50年以上朝は牛乳(とヤクルト)だけ。また夏は牛乳をガバガバ呑む。だから牛乳の銘柄(味、香り)にはうるさい。M乳業は普通に変える銘柄としては一番好きだったのだが。大企業のマーケターの考え過ぎの陥りやすいところだと思う。品質で勝負しているなら堂々と値上げすればよい。消費者は価格だけで買っていない。美味しさで買っている。安さで勝負する牛乳はそちらに任せておくと言うような見識が欲しい。

 

 コープデリの「ヴィ・ナチュール」(カタログ販売の宅配)のMPSの花は、9月第2回が「ソテツ」(岐孝園)。第3回が「カランコエ」(ロイヤルグリーン)。

a1a2

松島義幸 * - * 22:08 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ