<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 老人の日 人生100歳時代 | main | 敬老の日 >>

高校園芸部

a1 午後から渋谷に出て9月13日オープンした渋谷ストリームを覗く。渋谷駅周辺の再開発の一環で渋谷駅から246号線(青山通り)を越えて代官山方面に向く商業ビル。エクセルホテル東急も入る。入口の広場から渋谷川が見える。パンフには心地好い水辺空間とあるが両岸をコンクリートで固められた渋谷川にそれを感じるのは少し無理があるか。夕方井の頭線の久我山で高校の集まりがあるので、早く出て渋谷ストリームをゆっくり見て廻ろうと思ったのだが、すごい人波で早々に退散。あちこちの店先で開店のお祝いの胡蝶蘭が飾られている。外壁のかなりの面積が壁面緑化されている。

a2a3

 

 

 

 

 

 

 

 夕方まで時間ができたのでやむなくタワーレコードに行く。足を踏み入れて時間があれば余分な買い物をしてしまうのは必須でセットモノばかり5セット買ってしまう。CDの枚数では46枚。ゆっくり聞く時間もないのにと自分でも思うが、もうこれは病気だ。

 

a4 渋谷は3連休中だからかいつもにも増して人が多い。道玄坂は歩行者天国となっていて渋谷109の前では御神輿が出ている。渋谷は今日がお祭りだったのだ。

 

 

 

 17時から西高園芸部OB/OG会(総会&懇親会)に出席。高校の学園祭に合わせて開催している。会場は最寄り駅の久我山駅近くのダイニングバー「Local hills」。久我山駅も高校卒業以来初めてだが、当たり前だが50年以上も経って昔の面影はどこにもない。私の知る久我山駅はローカルの小さな駅。エスカレーターやエレベーターを備える立派な駅舎に変わっている。

 

 さて、園芸部の集まり。私は高校時代は全く縁のないクラブ。OB会会長や世話人が同期生ということもあって誘われて会員にされている。今日は私たちの年代が(71歳)が最年長で、現役の高校1年生は16歳。この年齢差の交流は余りないだろう。花が好きということで集まっている。16〜17歳の若い人たちが熱く花を語ってくれるのは嬉しい。園芸部は花壇に四季折々花を咲かせるだけではなく、近隣の公共施設にボランティアで植栽している。11月はチューリップの球根植だそうだが私は(腰も悪いので、また期待もされていないので)いつも失礼している。20時半修了。

 

 今日私の前の席の女性は土師(はじ)さんと言う方。珍しい名前なので話を聞くと、先祖はキリンにもかかわったと言う。明治の初めには岩崎彌之助やグラバー氏を資金面でも助けてキリンビール(前身のジャパンブルワリー?)の設立にかかわったとか。帰宅してネットで調べると土師家は日本神話の天穂日命の末裔で埴輪を発明して天皇家から拝命した名前だとか。とても控えめな人で何も言っていなかったが、本当に名門なのだとびっくりした。

松島義幸 * - * 23:02 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ