<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 値上げの仕方 | main | 全米テニス >>

重陽の節句

 今日は重陽の節句。陰陽で奇数は陽を表し、その陽の気の強い一番大きな奇数が2つ重なった日でおめでたいとされる。邪気を払い長寿の効能があると考えられていた菊を飾り菊の節句とも言われる。ただ残念ながら余り知られていないようだ。昨日、今日と少しお花屋さんの店頭でも見て歩きたかったが、雑用な仕事で渋谷すら行けなかった。仏壇の花を買いに三軒茶屋に出た時にオランダ屋さん、青フラさんを見たが、流石に両店とも黒板で重陽の節句を告知していた。特にオランダ屋さんはボードの下に明るい緑のディバッドマムを陳列して目立っていた。路面店のお花屋さんは何も告知していなかったどころか重陽の節句を知らなかった。一般的にもそんなものなのだろうが、形、色の種類が豊富で花持ちする菊の素晴らしさを知ってもらう良い機会なのだが。

a1a2

 

 

 

 

 

 

 

 

 バタバタしてそんなに仕事ははかどらなかったが、バックの音楽は久し振りにエリック・サティ(ピアノ:チッコリーニ)。6枚組のCDを順番に聴く(流す)。お客さんの頂き物のケーキがあったので、これも頂き物のポール・バセット(バリスタ世界チャンピョン)のコーヒーを飲む。僅かな時間が至福の時となる。

 

 今週は11日がJFMA行事の集中日。第131回アフターヌーンセミナーはテーマは「バラのボトを防ぐには?」で講師は足立好徳氏(もりや産業)。第6回理事会、イブニングセミナーと続く。13日(木)はMPSジャパンがある会社と業務提携をする調印式、ニュースリリースをする。その他いろいろで今週も忙しそう。

松島義幸 * - * 22:30 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ