<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JFMAフラワービジネス講座第5期中級講座始まる! | main | 北海道胆振東部地震 >>

平成30年イノベ事業 第2回検討会

 台風21号は朝には北海道の西海上に抜ける。東京は朝はもう雨が上がっていて少し風が強く感じる程度。今日から新井悦子さんがMPSジャパンに入社。花の国日本協議会との兼務だが人手が足りないところに強力な助っ人で助かる。まだ前の職場(お花屋さん)の仕事が残っていて、9月は週2日の出勤だが10月からはフルとなる。

 

a1 14時から法政大学新一口坂校舎101教室で国産花きイノベーション推進事業の第2回検討会を開催。樋口会長(東日本板橋花き)をはじめ検討委員16名、事務局4名が出席。農水省花き産業・施設園芸振興室から千葉課長補佐、森ご担当にもご臨席頂く。台風21号の影響で4名が欠席。

 

 第2回検討会は各実証試験の中間報告。ここまでの経過を委員の皆様に報告して今後の進め方などをご示唆頂く。実証試験は上手くいかなかった結果も大事なデータ。仮説と検証を繰り返すことに意味がある。

(1)実証事業試験中間報告

〕塾笋藩∩温度経過調査

▲椒搬从の効果の検証

D祺甲蔵試験と日持ちの検証:試験中 

げ屬混載輸送の標準化

ヂ羲嵳∩差圧冷却システムの検証

α綾萢でのSTSと鮮度保持剤併用の日持ち性向上の検証

В咤圍啜杣量と日持ち性向上の検証

┣硬戞時間値(CH値)の計測と日持ちの検証

(2)日持ち試験方法標準化会議報告

(3)JAS鉢物規格作成 中間報告

(4)販売評価調査等

‘持ち性向上対策消費動向調査報告

花のJAS海外受容可能性調査 調査方針説明

(5)日持ち性向上対策生販連携セミナー日程

 

 中間報告はデータがギリギリに集まってくる。いつものことでもあるが、これを事務所スタッフや委員の方に助けられて資料がまとまる。今日は予冷〜輸送温度試験、ボト対策で1時間半もかかってしまいどうなることかと心配したが予定通りに17時終了。大分、新たな課題(宿題)ももらったが全体としては順調だと思う。次回第3回検討会は12月3日。

松島義幸 * - * 22:59 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ