<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1970年3月 | main | 走馬灯 >>

ノブレス オブリージェ?

 いつも通りの日曜日で午前中は母訪問。目に見えて衰えてきているのでいろいろ考えなければならない。老いていくことは防ぎようがなく、穏やかに静かに毎日を送ってくれることを願うしかない。

 

 午後から雑用もあって渋谷に出る。今日は31℃位だろうか、35℃を超える猛暑から4〜5度下がっただけで随分楽に感じる。夏休み中だからか、普段にも増して若い人で溢れている。相変わらず外人もだ。スクランブル交差点近くのガード下で人だかり。何かと野次馬根性で覗くとなぜか超高級スーパーカー(ランボルギーニ?)が集結。皆写真を撮っている。

 

 タワーレコードに行ってみる。何かのイベントがあるのか若い女の子がいっぱい。7階のクラシック売場のフロアにはほとんど人がいない。大丈夫だろうかと心配になる。今クラシック売場はどんどんなくなっていると聞く。止せば良いのに今日もセットモノ中心にCDを26枚購入。相変わらず古い演奏家ばかり。シュナーベルのシューベルトのピアノ曲、チッコリーニのサテイのピアノ曲、プーランクの管弦楽集、・・・。

 

 今日はお花屋さんを見て廻る元気がない。通り道なので東京東横の青フラさん覗く。この暑さのせいなのか、珍しくお客さんが少ない。今日のお花は「クルクマ」を告知。クルクマの花束をいっぱい出していて新鮮な感じがする。流石だなあと感心する。

a2a1

 

 

 

 

 

 

 

 今週のお盆休み中の事務所は毎日2、3名が出勤するだけ。私は情けなくも今週やらなくてはいけない仕事がびっしり。それでも様子を見て1〜2日は休んでしまおうと思っている。適度に休まないとは思うのだが、あちこち火がついている状況(アクションリストがいっぱい)を少しでも鎮火させなければとのジレンマだ。1週間でも2週間でも休んでも好いと思うのだが自らの貧乏性だと思う。noblesse oblige(立場に相応しい社会的責任と義務)などと言えたらカッコいいのだが、自分で勝手に責任を感じているだけかもしれない。第一ちっとも偉くもない。自意識過剰は大嫌いなのですが。

松島義幸 * - * 23:34 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ