<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生協のイベント ヴィ・ナチュール | main | スパイラルブーケマシン >>

猛暑 世界的な現象

 母訪問の車の積載温度計は38℃を表示。東京も35℃を超える猛暑日か。今日の日経によると日本各地で過去最高気温を更新するなど記録的な猛暑となっているが、米国やアフリカなど世界各地でも最高気温を更新しているのだそう。長期的な気温上昇は続いていて2016年の日本の年平均気温は1898年以降で最も高い値となり過去100年当たり1.19度上昇している(気象庁 2017年気候変動監視レポート)。過日岐阜で40.7℃を記録しているが世界でもサハラ砂漠51.3℃、カルフォルニア州52℃、北極圏でも30℃を記録している。専門家はこれらの異常気象は長期的な地球温暖化傾向と関係があると指摘している。

 

 温暖化⇒気温上昇⇒水蒸気量増加⇒集中豪雨⇒洪水リスク上昇と考えられるが、世界気象機関(WMO)では、異常気象が地球温暖化に起因するとは特定できないが、整合性があるとしている。国土交通省はこのまま温暖化が進むと全国の河川でどれだけ洪水が起こるかを試算している。その結果国の管理する1級河川で21世紀末には現在の4倍の洪水が起きるとしている。

 

 昨日からの頭痛が治らない。我慢できない痛さではないが今まで経験がないので気持ち悪い。頭痛と肩こりを知らないことを自慢にしてきたが、段々いろいろなところにガタが来る。鉄人29号の看板はとっくに返上しているが、歳相応と言うことで無理するなと言うことか。午後も近所の7−11にビール(7−11しか売っていない「一番搾り 匠の冴」)を買いに出ただけで暑い中家で大人しくしている。

 

 今週は23日(月)インパック本社工場にお邪魔して最新の花束加工機を見せてもらう。24日(火)は花の国日本協議会の理事会、26日は農水省訪問、28日(土)は花卉懇談会セミナーに参加する。また、今週から予冷試験など夏場にやりたい日持ち性向上対策実証試験のデータ取りが秋田、福島、大分で始まる。

松島義幸 * - * 22:54 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ