<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 外国人労働者 | main | お盆の花 >>

花の国日本協議会 今年もフラワーサミット開催

 8時から大田花き会議室で花の国日本協議会(FJC)の3役会議。井上理事長(青山フラワーマーケット)、宮嶋副理事長(日比谷花壇)、磯村副理事長(大田花き)、和田事務局長、鹿子木さんが出席。第4期の収支見込、第5期の事業計画、事務局体制、フラワーサミット2018などについてが議題。日本花普及センターを出た事務局はJFMAに移転することで着地。JFMA、MPSジャパン、ECASジャパン、FJCが同じ事務所に居を構えることになる。

 

 今日の一番の議題は8月31日(金)、9月1日(土)に予定されているフラワーサミット2018について。今年も8つのテーマを設けて分科会で議論して日本の花き業界を考えていこうと言うもの。事務局案に従って議論するが、一番の心配はモデレーターやパネラーの方の日程が取れるかどうか。本人に打診していないのにここで触れる訳にはいかないが、多忙な方ばかりなので心配だ。最終的には7月24日(火)の理事会で決める。因みに私は花き物流のテーマでしっかりモデレーターになっている・・・。

 

 10時過ぎ3役会議終了。もうセリは終わっている。今日から16日まで新盆。今日は迎え火を焚く日。セリ場前には迎え火セットが飾ってあった。我が家はマンション住まいと言うこともあるが、迎え火は久しくやらない。家に帰るのに環七は珍しく事故渋滞。家に車を置いて事務所に出たのが12時半過ぎになってしまう。

 

 予冷試験などイノベの実証事業の試験計画をMPSジャパン和田さんや中村さんが細かくチェックしてくれる。赤の疑問や修正に気付かされる。優秀なスッタフに感謝だ。

 

 夜は第604回三越落語会。柳家喬太郎「花筏」、立川志らく「紺屋高尾」・・・。お馴染みの話で楽しむ。喬太郎が枕でいきなり「日大の内田です。」には笑った。そう言われれば似ている。落語会の仲間は今日は36名。海外にいた10年のブランクはあるが、もう35年以上幹事をやっている。今日は妹も一緒。恒例の呑み会は6人。いつもの店で落語の余韻を楽しむ。23時帰宅。

松島義幸 * - * 23:42 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ