<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< レコード | main | 七夕フェア >>

プルトニウム

 午前中はピンクのバラと芍薬の花束を持って母訪問。言うまでもなく母が一番喜ぶのは花だ。テーブルの上は母の生けたアレンジと花束で花いっぱいとなる。車載の温度計は34℃、午後は大人しく家に籠る。

 

 今日の日本経済新聞に「プルトニウム 日本の選択」と大きな見出しの記事。日本が47トンものプルトニウム保有(原子爆弾6千発に相当)していて国際社会から問題視されていると言う。日本の原発はウラン型。副産物としてプルトニウムが出てくる。モノの本によれば、そもそも1950年代にウランではなくトリウム型原子炉の選択肢もあったが、プルトニウムが出ないことから(原爆の原料とならない)トリウム溶融塩炉は採用されなかった経緯がある。米国の意向でもあった。トリウム型であれば今のような原発の問題は起こらなかった訳だが、今になってプルトニウムの持ち過ぎが問題になっているとは皮肉なことだ。

 

 ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、2018年1月における世界の核弾頭総数は1万4465発だそうで、その内訳は、米国6450発、ロシア6850発、英国215発、フランス300発、中国280発、インド130〜140発、パキスタン140〜150発、イスラエル80発、北朝鮮10〜20発だとのこと。日本の6千発相当分のプルトニウムを持っているのもすごい数字だ。

 

 今週は、2日(月)が名古屋・岐阜、3日(火)予冷試験打合(イノベ事業)、ビジネス講座、4日(水)〜8日(日)がベトナムとなる。7月もスケジュールがいっぱい。年寄り頑張れだ。

 

 金曜日に紹介した6月30日農文協から発売された菅家博昭さんの「苧(からむし)」の本は楽天で下記の通りです。

https://www.amazon.co.jp/%E8%8B%A7-%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%80%E3%81%97-%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E8%B3%87%E6%BA%90%E3%82%92%E6%B4%BB%E3%81%8B%E3%81%99%E7%94%9F%E6%B4%BB%E5%B7%A5%E8%8A%B8%E5%8F%8C%E6%9B%B8-%E8%8F%85%E5%AE%B6%E5%8D%9A%E6%98%AD/dp/4540171135/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1530330636&sr=8-1&keywords=%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%80%E3%81%97%E3%80%80%E8%8F%85%E5%AE%B6

 

 コープデリ「ヴィ・ナチュール」(7月第2回)のMPSの花は、福島県昭和村の菅家博昭さんの染のカスミソウ花束。MPSの花は昨年10月から始まっているが、第1回に菅家さんのカスミソウと湯田さんのカラーでスタートした。7月7日は七夕・カスミソウの日でもある。限定300セット。さて、MPSジャパン和田さんは抽選に当たるか・・・。

a1

松島義幸 * - * 23:41 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ