<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 監査 | main | 父の日の商品創り コトの提案! >>

2020オリ・パラ 花と緑のおもてなし

a1 6時過ぎに車で大田市場に向かう。1日雨。気温も21〜22℃までしか上がらなくて肌寒い位。7時過ぎ大田花き、FAJのセリ場を覗く。FAJさんのセリ場入口などにMPS(花き産業総合認証)やSDGsのポスターを掲示してくれている。また、大田花きさんのセリ場では、品質管理認証(リレーフレッシュネス)取得の生産者の一覧が掲示されている。セリ前のショーウィンドーは新潟県津南のシャクヤク、ユリ。ジャパンフラワードリーム(藤目さん)も美しいマムのアレンジでアピール。

a2a3a4a5a6a7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

a8 仲卸通りに降りるとキープフラワー(フジ日本精糖)が花持ち剤の小袋を無償で配布している。BS放送でテレビCMを始めたのだそう。以前は綾小路きみまろを起用した面白いCMやポスターを作っていたが、今度はBS(徳光和夫 名曲にっぽん)で30秒のCMで花持ち剤の効果をしっかり訴求している。BSは高年齢層が見ているとかで、花を買っている層と一致するのだそう。

 

 8時から花の国日本協議会の3役会。井上理事長、宮嶋副理事長、磯村副理事長、西家副理事長、和田事務局長、鹿子木さんと3役メンバーが全員そろう。第4期収支見込、第5期事業計画、役員改選など検討。事務局体制については事務所移転先としてJFMAとしたいとのこと。基本的にはJFMAとして受け入れる方向だが、細部を詰めてから決定。

 

 2020オリ・パラに向けて「オールジャパンで花と緑のおもてなし」のコンセプトの下で日本花き振興協議会(会長:磯村大田花き社長)が表彰式ブーケ、花の文化発信、会場装花を目指して、花材、加工費は全て花き業界負担と言う条件で関係者に働きかけて頑張っているのだそう。2016リオ。2018平昌でなかったものが東京で復活できるか・・・。日程的にギリギリとなってきたが期待したい。

 

 10時半終了。車を家に置いて事務所に出られたのが12時半になってしまう。午後は銀行に行ったり、来週の総会準備など。本当に忙しい。

松島義幸 * - * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ