<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 71歳誕生日 | main | 花き物流を考える! >>

来週のJFMAセミナーはタネ業界の視点から学ぶ

 東京も入梅らしく1日雨。月曜日はウィークリーレポートをJFMA理事に送信することから始まる。前の週の出来事と今週の予定を記した1ページのレポート。キリン時代からの習慣だから25年以上は続けているだろう。JFMAに移ってからは手元にファイルされているから、JFMA、MPSジャパンの記録はまとまっていることになる。

 

 明後日13日に世田谷花きで開催する日持ち試験標準化検討会(国産花きイノベーション推進事業)は29名の参加者となる。12、13名の日持ち試験目合わせの検討会と考えていたのに嬉しい誤算だ。当日使う「切り花日持ち試験実務マニュアル」など資料を準備する。

 

 午後農水省。来週19日(火)のJFMA定例セミナーで来賓挨拶を頂く花き産業・施設園芸振興室野口武人室長にご挨拶にお邪魔する。4月以降何回か農水省にお邪魔していたが、運悪くいつもご不在で今日初めて名刺交換をさせてもらった。セミナーのテーマは「花が面白くなくなっているのはなぜか?〜タネ業界の視点から学ぶ、花業界へのヒント」です。パネルディスカッションでは今年のチェルシーフラワーショーで新品種コンテストで最優秀賞(フラワーオブザイヤー)を受賞された坂嵜潮氏(フローラトゥエンティワン社長)も登壇されます。どなたでも参加できます。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2018/05/722e3818fc61ce24af32cfc63ef0f02c.pdf

 

 昨日、今日はメールを開くと昔の仲間など誕生祝いのメール。最近宿泊したホテルや小売店からもお祝いメール。これは勿論商売の為。良く調べている。ダイレクトメールも車のディーラー、アパレル、デパートなどから。ご丁寧に割引券まで入っていたりする。昼は事務所全員で、といっても6人だけだが隣のビルのレストランで昼食。1日遅れのバースデーと言うことで皆さんにご馳走してもらう。予想外のことで嬉しい。

 

a1 夜は上野の蓮根料理の店「レンコン」。小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)が私の誕生日祝いをやってくれる。先生の教え子で中小企業診断士の石川千穂さんも私と同じ6月10日生まれで、ご夫妻で参加。もう1人はやはり先生の教え子で木村氏。同僚も連れて来られて6人で賑やかな会食。千穂さんご夫妻とは去年も同じ「レンコン」でお祝いした。サプライズは小川先生から花束をもらう。先生とのお付き合いも18年となるが、花束を贈られたのは初めてだ。早速お気に入りの花瓶(津軽ガラス)で玄関に飾る。

a2

松島義幸 * - * 23:49 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ