<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 介護 | main | 第5期JFMAフラワービジネス講座始まる! >>

岩手県立農業大学校

a2 事務所を8時20分に出てJRで東京駅に向かう。今日は岩手県立農業大学校の公開講座でMPS(花き産業総合認証)の講演をする。東京駅発9:08の東北新幹線「はやぶさ」に乗り仙台で「やまびこ」に乗り換え、北上で降車、JR東北本線で六原駅に12時過ぎに到着。大学校から車で迎えてもらい10分ほどで岩手県立農業大学校に着く。

 

 講座まで時間があったので花き経営課の中里先生が学内を車で案内してくれる。各教室棟、研修館、実習温室、実習圃場、展示温室、体育館、学生寮などとに角広い。休館日で見られなかったが沖縄県と提携した熱帯温室まである。敷地面積はホームページを見ると308haとある。野菜、果樹、米、花き、畜産と農業全般なのだから広大な敷地が必要となる。田は一人で区画を持って田植えから収穫までやるのだそう。牧場では放牧されている牛がのどかに草を食んでいる。時計台や看板にリンドウがデザインされている。岩手県はリンドウを大事にしているのだなあと納得。

 

a1 13時半から公開講座。大学校の生徒さん、先生、農業普及センター指導員、雫石や北上市の生産者さんも来られている。演題は「花き産業総合認証:MPSとは?」だがMPSの認証システムだけではなく、世界でのサステナブルの動向(FSIなど)、日本の花き産業の現状と課題(日持ち性向上対策など)を盛り込んだ。少し話題を変えてカーボンフットプリント、バーチャルウォーターについても話した。質疑応答を入れて15時半過ぎ終了。2時間があっという間だった。帰途は北上駅まで車で送ってもらう(JRは1時間に1本しかない)。

 

a3a4a5a6a8a7

松島義幸 * - * 23:14 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ