<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 上海カップゴルフ | main | 5月のイブニングセミナー >>

クスノキとスダジイ

a1 午前中は母訪問。東京は9時頃には20℃、お昼前には28℃の気温。半袖シャツでも少し歩くと汗ばんでくる。もう夏の天気だ。この季節になるとマンションの前のクスノキとスダジイの大木が創る緑陰が嬉しい。小さな公園になっていて木は世田谷区の保存木となっている。ただ問題もあって、温かくなるとここで若い人が何人かでビールを飲んだり、過日は浮浪者が夜毛布を持って寝ていたりする。私はラインで娘に公園側を通らないように(遠回りして)帰るように連絡した。公園敷地はマンションの私有地なのだが、看板位では侵入を止められないのも悩みだ。

 

a2 また、木は常緑樹だが落葉して新しい葉に変わる。この時期はクスノキの落ち葉が公園や駐車場に積もってしまう。落葉は毎日掃除してもらえるが、木に留まる鳥の糞が車を汚してしまう。木は毎年枝を落として剪定するのだが、その費用もかかる。世田谷区は2年毎には費用を出すが、マンションの負担(50万円)の方が大きい。過日のマンションの理事会では世田谷区と交渉して木を切ってしまったらとの意見も出る。確かにすべての解決にはなるが私は反対した。樹形も堂々として樹齢何年か不明だが、少なくともマンションより先にあったのだから大切にしたい。楠(クスノキ)は残った・・・。

 

 今日2回も聴いたCD。リヒテルの1956年のシューマンのピアノ曲のアルバム。いきなり行進曲なのだが、どこが行進曲なのかというシューマンらしいロマン的な曲。続いて「森の情景」、「幻想小曲集」。シューマン晩年の地味な曲だが、しっとりとこんなに好い曲だったかなと私にとっては再発見だ。

 

 今週は24日(火)から29日(日)までミャンマーに行く。全く個人的な旅行でミャンマーに行ったことがないので見てみたいと思っただけ。きっかけは小川先生(法政大学経営大学院教授)が調査に行かれるのに同行しようと言うことで3月に行く予定だった。台湾時代の仲間がミャンマーのビール工場で働いているので会いに行くのも目的だった。その後先生はご都合で行けなくなり、私は仕事の都合で延期して今週の渡航となった。明後日からが楽しみだ。

松島義幸 * - * 22:38 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ