<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 年頭所感 | main | 初セリ 「一人一花」運動 >>

今年の課題

 世の中は今日仕事初め。我事務所は明日5日からだが明後日から3連休となる。1週間の休みなどあっという間に終わってしまう。元々お正月休みだから休めばよいのだが、貧乏性で休み中にやっておこうなどと言うチェックリストを作ってが、公私の公の方はほとんど消えず仕舞い。3連休にかけるか年初から大車輪で頑張るしかない。この休み中少し充電(と言っても雑事に追われただけだが)したと思うことにする。いつまでこんな仕事に追われる生活を続けるのだろうと自分でも思うが・・・。

 

 少なくとも下記のような項目が今年の課題となる。どれ一つとっても大きなテーマで皆の協力なしには推進できない。

 

 1.花き日持ち性向上対策の推進

  〜農水省実証事業のまとめ、日持ち保証販売の推進 

 2.花き品質管理認証の拡大

 3.MPS−ABCの推進 

  〜FSIの世界の流れの中で 

  〜環境対応のリテーラーの要求(ヴィ・ナチュールへの対応)

 4.花き物流改革の提言(JFMAプロジェクト)

 5.中国新事業(伝化集団)検討・推進 

  〜日本花き輸出・販売物流システム構築・日本花き生産拠点

 6.花のGAP(MPS−GAP)の日本への導入の検討

 7.花き業界教育プログラムの充実(フラワービジネス講座)

 8.花のJAS(日本農林規格)の推進 規格・審査体制

 

 今日聴いた曲はH.シェルヘンの指揮するベートーヴェンの第九。猛スピードで駆け抜ける演奏で、他の指揮者が72〜74分位で演奏するのをシェルヘンは60分と快速。第4楽章などはベートーヴェンがメトロノーム記号を書き間違えたと言うのを楽譜通りにやっているので、オーケストラが付いていけない猛スピードとなる。これが不思議と緊張感があって魅力的な演奏となっている。

 

 今週は明日の1日だけとなるが、大田市場の初セリ(7時から)、花の国日本協議会の3役会議(@大田花き、8時〜10時)、昼前に事務所に出て、夜は親戚の通夜参列。覚悟の上だが年初からフルで忙しくなりそう。

松島義幸 * - * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ