<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 卸売市場改革の決着 | main | エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展 >>

花の国日本協議会3役会議

a1 6時過ぎに車で大田市場に向かう。車載の温度計によると外気温は5℃。寒い。途中ガソリンスタンドに寄る。給油は35ℓで満タン、トリップメーターを見ると780キロ走っているから燃費は22キロ/ℓとなる。今の車(プリウス)は燃費が良い。セリ場前の展示はすっかりお正月模様。松や千両、お正月飾りが展示されている。セリ場を覗く大田花き、FAJ共満席ではないかと思うほど盛況。全般に値が出ている。SPバラもほとんど100円以上の値を付けている。

 

 8時から花の国日本協議会(FJC)3役会議。井上理事長はお休みで、宮嶋副理事長(日比谷花壇)、磯村副理事長(大田花き)と事務局和田さん、鹿子木さんの出席。FJCの請け負っている国産花きイノベーション事業の進捗状況、フラワーバレンタイン、ウィークエンドフラワーの各プロモーションの取組み状況など報告。雑談で宮嶋さんからHibiya-Kadan Styleの業績が大変良いそうで、日持ち保証販売を始めたことも寄与していると言われて嬉しい。9時半終了。

 

 車を家に戻して事務所に10時半過ぎに到着。今日は珍しく夜何もないので車で事務所に行ってしまいたいのだが、麹町のパーキング代は15分で300円(上限4800円)で高額だ。余程の必要性がないともったいなくて駐車できない。

 

 午後上海時代に仕事を一緒した張威さんが事務所を訪ねてくれる。青木さん(法政大学リサーチャー)と共に中国ビジネスについて情報をもらうと共に示唆頂く。張さんには2016年2月のJFMAアフターヌーンセミナーで「中国ビジネス成功の鍵」のテーマで講師として講演してもらっている。  

 

 17時過ぎからJFMAに依頼されている花育の効果の検証方法について青木さんと打合せ。花き消費拡大への効果、情緒面での効果など問題点の整理とアプローチの組立てはまとめる。正直限られた予算でなかなか難しい課題だ。定点観測している消費動向調査からの結果は出せるが。19時過ぎ終了。週末の宿題として月曜日に再打合せとする。

 

 今週は台湾で遊んでいたので短い。忘年会シーズンなのに今日は奇跡的に何もない。20時半過ぎ帰宅。今日はパールハーバーの日であり、ジョン・レノンが凶弾に倒れた日。1980年だから37年になる。折角だからCDを聴こうと引っ張り出しておいたが、読みだした小説が面白くて聴かなかった。11月25日に二子玉で買ったガーベラは流石に2本は脱落したがまだ頑張っている。明日は片づけるが随分長い間楽しませてもらった。リビングはポインセチアに加えてシクラメンも加わり年末らしくなってきた。我が家の鼠小屋には立派過ぎるか。

a2a3

松島義幸 * - * 23:40 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ