<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 花いけ甲子園! | main | MPSトレサート認証取得、仙台セミナー >>

ビジネス講座、花研手帳&アイデアノート

a1 今日の東京も愚図ついたお天気で気温も上がらず10月の気候だそう。13時30分から法政大学新一口坂校舎302教室でJFMAフラワービジネス講座。中級講座の第1回で11月21日の第6回まで月2回ペースで開催される。第1講は小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)による「マーケティングのトレンド」。第2講は宍戸純氏(大田花き)による「花き業界のトレンド〜現状の課題と今後の展望」。小川先生の小売と消費のマーケティングの基本を他業界を含めて解説、最新の花きの消費動向調査結果をもとに市場と消費の動向も話される。一方、宍戸氏は最先端で活躍されている花き業界の現場から生産、流通、小売の現状を分析と今後の方向付けについて話される。販売カテゴリー別の仕入れの傾向と需給のミスマッチング、今後の消費動向は素晴らしい提言。

 

 2018年度の花研手帳が8月28日に発売開始となったと先週30日に内藤さん(大田花き花の生活研究所)から紹介頂いた。花研手帳はいつもカバンの中に入れて便利帳で使用させてもらっている。来年も基礎データに加えて花業界プロモーションの認知度やどこに花があったら好いかのアンケート、話題のハロウィンと情報が満載。来年はアイデアノートなるものも花研手帳と同じ大きさの冊子で出されている。週毎の催事や商材を考えるヒントが詰まっていて、こちらはアイデアのヒントと出たアイデアをメモする機能となっている。これが活用できるかどうかは本人次第だ。どちらも1冊680円。セットで買うと1300円だそう。

 詳細並びに購入:http://www.otalab.co.jp/hanakentecho

 

 2018年度版の花研手帳と2018アイデアノートの表紙。どちらも手帳サイズでポケットなどに収納しやすい。

a1

  アイデアノートを広げてみると、週毎のやること(TO DO)、時流ヒント、提案商材の切り口、その時期の切り花、鉢物のリストが載っている。

a2

松島義幸 * - * 22:44 * comments(1) * trackbacks(0)

コメント

松島社長
花研手帳とアイデアノートを松島社長の人気のブログでご紹介賜りまして、ありがとうございました!

内藤
Comment by ボンジュールないとう @ 2017/09/06 9:13 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ