<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 花のJASプロジェクト 規格案まとまる! | main | 花き日持ち性向上対策実証事業検討会 >>

東京セミナー

 今日も目が回る忙しさ。明日の日持ち性向上対策実証事業検討会の準備、明後日のフラワーサミットの分科会のパネラーとしてのプレゼン資料など、同時並行で対応していく。何とか15時頃迄で目途をつける。

 

a1 15時半過ぎに事務所を出て大田市場に向かう。16時半過ぎ会場到着。大田花き五十嵐さん(品質カイゼン室長、実証事業検討委員)がスタッフの方と共に会場の準備をして頂いている。18時から東京日持ち保証販売啓発セミナー。50人定員の会場はぎっしり。農水省花き産業・施設園芸振興室綱沢室長も顔を見せて頂く。今日は最初に海下展也氏(クリザールジャパン取締役副会長)が「最新の日持ち保証販売」のテーマでお話頂く。日本の花き消費の低迷の現状、今後どのように取り組んでいけば良いのかを世界の成功事例も紹介しながら幅広い視野で説く。

 

 続いて薄木健友氏(フルーロン花佳、日持ち性向上対策実証事業販売実証チームリーダー)から「日持ち保証販売にトライ!〜日持ち性向上対策実証事業で得たノウハウの活用術」のテーマで講演。薄木さんの講演は全国8都市で開催する啓発セミナーのすべてで話してもらうもの。日持ちに関する管理のポイントをその原理から説き、具体的なノウハウまで紹介する。更には日持ち保証販売がなぜ必要か、事例も含めて熱く語る。67シートに及ぶプレゼン資料を1時間余で分かり易く話される。品目別取扱の資料を含めて資料としても有用でスタッフの勉強会など使えると思う。海下さんも薄木さんもそれぞれ持ち時間の中で話されるのは流石。

 

 次は来週9月6日(水)の仙台日持ち保証販売啓発セミナーとなる。講師は薄木さんと私となる。

http://www.mps-jfma.net/topics/pdf/170906_topics1_s.pdf.pdf

松島義幸 * - * 23:04 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ