<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JFMAフラワービジネス講座 | main | イオン 国際認証品に全面切り替え  >>

日持ち品質管理認証 品目別未達成率

 1日事務所でじっくり仕事。JFMA、MPSジャパンの2016年度決算、2017年度予算をまとめてきて午後会計事務所と打合せ。決算についてはほぼ細かい数字の出入りはあってもまとまる。5月の連休中には総会議案書にまとめて理事会に提示(5月18日)する。

 

 農水省平成29年度国産花きイノベーション事業 花き日持ち性向上対策実証事業計画書の修正版を再々提出する。やらせて頂くならデータ取りの日程からも5月末にはキックオフしたいと思っている。間に合ってくれればと願うばかりだ。

 

 今日は夜の会食はなし。久し振りにゆっくりと言いたいところだが、家で追われている原稿を片付ける。今日は昼間は夏日で暖かかったが、夜食事に出る頃には風が冷たい。油断すると風邪をひいてしまう。家でパソコンを開いて、ブログを公開するのを忘れているのに気付く。本当に我ながらボケている。

 

 MPSジャパンの中村さんが花き日持ち品質管理認証の生産部門の各審査項目の未達成率を品目別に集計してくれた。日持ち品質管理認証に参加している生産者さん490軒のデータで現状どういう項目が出来ていないかを知ることができる。日持ち品質管理認証制度は、19のチェック項目で110点満点で70点以上を合格にしている。但し、3項目の必須項目(前処理剤の使用、採花日記録)はクリアしていなければならない。

http://www.mps-jfma.net/rf/index.html

http://www.mps-jfma.net/rf/pdf/himochi_guide_book.pdf

 

 下表で着色されているのが未達成率が50%以上の項目。例えば、採花してからバケツに入れるまでの時間(30分以内)は未達成率が高くなっている。これは品目によっては30分を超えると日持ちが悪くなると言う農研機構のデータも出ているが現実には難しい。冷蔵庫に入れるまでの時間も同様で基準に届かない。勿論、各項目で品目によっては除外されたりしているので数字だけでは見られないが、全体の傾向は示している。

花き日持ち品質管理認証の要件 生産部門 品目別審査項目未達成率

a1

松島義幸 * - * 22:51 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ