<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 働き方改革 | main | BALMUDA(バルミューダ):コトの値段 >>

ガーベラの日

 今日14日は熊本地震から1年。もっとも2日後の16日に本震がくるのだが。熊本城は漸く足場が組まれ復旧に向けているのが象徴でまだまだ復興への道は厳しい。花の国日本協議会の3役会議に出席すべく7時過ぎ大田市場に行く。久し振りだ。仲卸通りを行くと大変な人が出ている。花の需要シーズンに入ったのを感じさせる。すると喧騒の中でも良く通る大きな声で「ガーベラは如何ですか!」と呼びかけている人がいる。浜松のPCガーベラの山中さんだ。来週18日の「ガーベラの日」に向けてガーベラフェアをやっている。PCガーベラはMPS(花き産業総合認証)の参加者。早速山中さん、山本さんと記念撮影。

 

 セリ場前に上がると大田花き、FAJ、中央通路ともほぼ全てガーベラ。各産地名と共に我品種こそで百花繚乱の体。山形おきたまはダリアの水揚げ剤を使用したものと水との比較を公開。

a1a2a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8時から花の国日本協議会の3役会議。井上理事長(青山フラ)、宮島副理事長(日比谷花壇)、磯村副理事長(大田花き)、西家副理事長(JFTD)と3役全員が揃うのも久し振りか。事務局は和田さん、李さん(日比谷花壇)と新体制。総会、フラワーサミット2017の日程、プログラムなど議題は盛り沢山。議論の中から花き業界を代表するようなトップの皆さんが今の花き業界をどのように見ていてどこに方向性を見出していくのかが見えてくるのが面白い。10時終了。品川駅まで井上さんに送ってもらって事務所に戻る。

 

 14時過ぎ今度は埼玉県鶴瀬に向かう。ららぽーと富士見に「花恋人 KARENDO」さんが14店目のお店を今日オープンする。花恋人野田専務にはJFMAフラワービジネス講座の講師として大変お世話になっている。今日オープンの店は関東に進出の第1号となる。私は今までお店を見ていなかったので野田さんのおられると言うことでお邪魔することにした。鶴瀬と言うとどんなに遠いところかと思ったら池袋から30分位で、ららぽーと富士見にはバスで7分位で以外に近い。15時半到着。

 

 お店に行くと人だかりがしている。オープンのイベントでアンケートに応えたらガーベラ1本プレゼントをやっていて、皆さんが集まっている。平日の15時半での集客に野田さんもびっくりとか。明日、明後日の土日となるともっと人が増えるだろう。500本用意したガーベラが足りなくなりそうなので手配をかけたとのこと。ガーベラは朝大田市場であったばかりのPCガーベラのものを使っている。品種カタログのボードが掲示されていて、「自分で飾ってみたいガーベラは?」或は「プレゼントとして上げたいガーベラは?」などとアンケートで聞いている。勿論、新しいお店「KARENDO」を知ってもらうのも目的で。母の日商品のカタログもガーベラ配布と共に渡している。小さな子まで笑顔でガーベラを選んでいる。PCガーベラの皆さんにもこの光景を見せてあげたかった。私にとっては朝の売込みと言い、KARENDOさんでの人気で4月18日を待たずに一足早いガーベラの日のようだった。新店は4月29日から母の日まで特設会場を設けて母の日キャンペーンをやるのだそう。同じフロアには近くにIN NATURALという観葉を売る店やヤオコーもあり競争は激しそうだ。

a1a2

 

 

 

 

 

 

 

 

 16時半過ぎ、お店を後にして東京に戻る。少し遅刻して18時過ぎから五反田で小学校の同窓会。全員が今年古希を迎えるのに元気そのもの。21時には帰宅

松島義幸 * - * 23:26 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ