<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 母の日参り | main | 働き方改革 >>

アルストロメリア

 東京は昨日の冬の寒さから20℃近くまで気温が上がって春に戻る。小川先生と打合せするのに法政大学まで歩くだけで少し汗ばむような陽気だ。お堀端の桜も葉桜も混じって最後の輝きを見せている。風も結構あるので桜の花びらが舞って綺麗。歩道は散った桜の花びらで一杯でピンクの絨毯のよう。

a1a2

 

 

 

 

 

 

 

 午後はお客様もなく珍しく静かな1日。日程が6月20日(火)と決まったJFMA定例セミナーのプログラムを野口さん(JFMA事務局)と検討する。昨日の理事会で理事の皆さんのいろいろな意見(かなり幅広い)を踏まえて何とかまとめ上げる。今月のJFMAニュースで発表できたらと思う。

 

 事務所に嬉しい贈り物。信州伊奈の片桐花き園さんからアルストロメリアが届く。片桐さんはJFMAの会員さんで、毎年会費を送ってくれる時にアルストロメリアを贈ってくれる。それも100本位はある。事務所は3つの花瓶に飾ると共に事務所メンバーに分けて持ち帰る。片桐さんはアルストロメリアを栽培して38年、育種もやられていて、今日頂いた品種は80%はオリジナル品種だそう。箱には花の飾り方が丁寧に説明されている。アルストロメリアの花言葉「未来への憧れ、エキゾチック、・・・」、和名「ゆりずいせん、インカのユリ、イメージネーム:ゆめゆり草」などなど何か片桐さんのアルストロメリアへの想いがいっぱい感じられて嬉しい。花持ち剤の使用、花瓶洗浄は殺菌剤入りの洗剤を使えとか気温が1度上がると花持ちが1日悪くなるとまで説明されている。我事務所もしばらくアルストロメリアを楽しませてもらう。

a3a4

 

松島義幸 * - * 23:09 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ