<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1500年の香文化とは。 | main | 母の日参り >>

家計調査速報

 農水省平成29年度日持ち性向上対策実証事業の修正予算を何とかまとめて農水省のご担当にメールで提出。元々の計画・予算を半分にするのだから大変な作業だった。プロジェクトの座長である農研機構市村先生のチェックを頂く時間も少なくて申し訳なかった。

 

 花卉園芸新聞に総務省統計局の2016年家計調査速報から花きの支出金額が出ている。二人以上の世帯における1年間の支出金額が、切り花9317円(前年比3.1%減)、園芸植物4057円(5.5%減)、園芸用品4388円(0.4%減)とありいずれも前年から減少している。毎年3%減が続けば3年で9%、5年で14%、10年で26%減となる。図にもあるようにじりじり減少している。記事では、都市別の支出金額を2011〜2016年を表にしてくれている。切り花の1位は鹿児島市で13543円、園芸品・園芸用品の1位は山形市で12911円。注目されるのは下位の年と2、3倍の開きがあること。切り花なら仏花の割合、園芸品なら住宅事情などが要因としてあるだろうが、この辺の分析も消費拡大の鍵があるかもしれない。

a3a1a2

 

松島義幸 * - * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ