<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 忍ぶ会 | main | 日持ち品質管理認証 品目別未達成率 >>

JFMAフラワービジネス講座

 昨日西日本を襲った小型台風並みの風雨が関東地方を襲うというので、東京発のフライトが欠航になったり、鉄道が運休とか報道されていたが、通勤時間帯の8時頃には雨も上がり青空も出始めている。気温も上がり28℃。もう夏の天気だ。

 

 午後は第3期JFMAフラワービジネス講座(JFMA主催、法政大学イノベーションマネージメント総合研究所共催)上級の最終回。2月から始まり今日で6回目となる。講義は大田花き宍戸さん「これからの花業界」、ヌボー生花店山崎社長「花屋に来ない人を来店させる秘訣」の2講。続いて小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)がコーデネーターで宍戸さん、山崎さんによるパネルディスカッション。

 

 宍戸さんは、生産育種現場の源寿と課題、利益を生んでいる産地の分析、花き消費の現状、販売原板現状と課題、生き残る花屋の条件、ミスマッチの解消、これからの花業界を話される。大きく現状と課題を俯瞰して、具体的に個々の問題を取り上げていく。とてもここで紹介できないが花き業界のフロントで活躍している中からのもので貴重だ。購入層の世代交代(演歌層からJポップ層へ)、婚礼、葬儀の需要変化に対する現状の需給のミスマッチ、・・・。

 

 山崎さんの講義はいきなり2045年問題、シンギュラリティ(Singularity 技術的特異点)という言葉が出てくる。人工知能(AI)が人間の知能を超えることで起こる出来事だそう。第4次産業革命と言われるキーテクノロジーの人工知能やIOTの世の中の動きから俯瞰する。面白い。人間の労働需要(肉体労働、頭脳労働、事務労働)は2045年にはAIやロボットにとって代わられて10%位しか残らないだろうと。技術革新による変化は私の実感で言えば、時代が違うがCAD(Computer Aided Design)がある。2、3日かけて製図台・ドラフターで鉛筆で図面を描いていたのがCADでものの30分で描かれてしまう。データのまとめや分析なども昔は長時間かけていたものがエクセルで簡単に表やグラフにしてくれる。私の昔の想いなどどうでも良いが、確かに猛烈な変化でまたそのスピードは速まっている。勿論講義は具体的に成功している花店の紹介、強みをみえる化していく重要性、コラボなど具体的に解説していくのだが。

 

 最後は修了式で小川会長から修了書が受講者に渡される。最終日は市ヶ谷駅近くの居酒屋で恒例の小川先生を囲んでの打ち上げ会。宍戸さん、山崎さんも入って受講生にとっては貴重な情報交換の場となっただろうと思う。皆さん良く飲まれる。大幅に会費オーバー・・・。今日こそ2次会なしで帰ろうかと思っていたが、まだ早いと誘われる。そこで4人で先週も行ったアイリッシュパブ。1ℓのメスシリンダーのビール、ハイボール。雌シリンダーのビールを見るとキリンの入社した頃の新人容量検定を思い出す。今は時代が違うからやっていないと思うけど(アルハラ:アルコールハラスメント、と糾弾されるだろう)、2リットルのメスシリンダーでどのくらい飲めるかなどとやっていた。仕上げはラフロイグのロック。

 

 今日で第3期のJFMAフラワービジネス講座が終了。第4期は6月の基礎講座から始まる。申込み受付中。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2017/03/01fe04726a5b63083eba4e4676717e8a.pdf

松島義幸 * - * 23:36 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ