<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< フラワーバレンタイン | main | スーパーマーケット・トレードショー2017 >>

仕掛けと結果!

 昨日のバレンタインは、野口さん(JFMA事務局)が夕方池袋の何軒かの花屋さんを見て廻ったそうで、男性の客が多かったそうで、特に池袋の日比谷花壇さんでは男性がレジ前に並んでいて賑わっていたとのこと。一方、フラワーバレンタインの告知はしていてもポスターも貼っていないような店は普段と変わらない様子だったとか。野口さんのフェイスブックを見せてもらうと、青山フラワーマーケット渋谷店では男性ばかりが10人位がレジ前で列を作っている写真(花の国日本協議会フラワーシーンプロデューサー小川典子さん撮影)も嬉しい光景だ。店頭を見て廻れなかったのが悔やまれる。

 

 さて、3LOVE STORIES。今度は3月14日のホワイトデー。その前の3月8日は「国際婦人デー(ミモザの日)」もある。以前のこのブログでも紹介したが、今年はミモザだけでなく「幸せの黄色い花」(HAPPY YELLOW)というような形でキャンペーンをしていこうというのもあるよう。ポスター、黒板などで告知(コトを伝える)する、告知したモノ(花)を店頭に並べる。バレンタインを見ていても何か仕掛けたお店は結果(売上)を出している。個々のお花屋さんが情報発信の基地になることがシナジー効果を生んでお客様の心にフックする流れを作っていく。やってみましょう・・・。

 

 午後は、JFMA将来構想プロジェクト(リーダー:三好ミヨシ社長)の6回目の検討会。JFMA会員さんへのJFMAの活動についてのアンケート調査結果を踏まえてどんな活動が望まれているのかなど論議。一番多かったのが、セミナーの充実と花き業界のデータの収集と提供。経営・販売のコンサルティング、人材紹介サービスなども。また、理事などの役員選任方法、任期など組織会議体の検討、財政面での裏付け・・・。いよいよ答申に向けて2月20日が最終回となる。2月22日小川会長へ答申、3月14日の理事会で答申説明、最終的には6月の会員総会で方向性が決議されることになる。

 

松島義幸 * - * 23:14 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ