<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 花屋さんに役立つマーケティング お客様を知る! | main | キャリアパス >>

フラワーサミット分科会準備

 8時半からの打合せで、久し振りに大田市場にお邪魔する。お彼岸前で活気がある。セリ場入口にはもうハロウィンの展示。北海道のダリア、テマリソウ。スターチス、アジサイや群馬のマムなど。FAJさんの新しいセリシステムも見学。大田花きのセリ場には日持ち性向上対策の品質管理認証を取得した生産者のリストが掲示されている。また、市場の場内温度が貼りだされていた。
a1a2a3a4a5a6a8a7
































 午後は13時からの打合せ中に花の国日本協議会(FJC)事務局の松本氏から電話。13時半から青山で打合せだと言う。15時からと私は思いこんでいて大変な勘違い。何と打合せの一行はJFMA事務所に来てくれる。お陰様で打合せや銀行業務を終えることができたが何とも申し訳なかった。10月13日のフラワーサミットの分科会、私がモデレーターを務める「国産花きイノベーション推進事業を実り多きものにするために」の事前打合せ。パネラーは東京フラワーポート小塚さん、フラネット日比谷藤井さんで、もう一人のパネラーをお願いすべく、南青山の一般社団法人アプローズの光枝茉莉子代表を訪ねる。アプローズは障害のある方がフラワーアレンジメントの技術を身に付けながら働く事業所を運営している。光枝さんにはパネラーとしての出席を快諾頂く。
(アプローズ:http://applause-aoyama.com/aboutus/message/

 16時半から中華屋さんで打合せ方々いっぱい。丁度1時間でお開き。私は事務所に戻って、少し仕事を片付けてから上海稲門会に出席すべく赤坂の中華料理屋に向かう。上海に駐在、留学した早稲田の人の集まりで、正確には上海稲門会東京支部と言う。忙しいのだからキャンセルすればいいものを我ながら律儀に出席。出れば出たで昔の仲間から現役の学生までで楽しい集まり。もっともよく見ると今日は学生が極端に少ない。安保法制のデモに引っ張られているのだとか。遅れて飛び込んできたのは慶大のSさん。南アフリカのヨハネスブルグに駐在していて一時帰国中で稲門会に駆けつけてくれてまた盛り上がる。他のお客さんに遠慮しながら、校歌を一番だけ、早慶のエール、記念写真でお開き。
松島義幸 * - * 23:14 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ