<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JFMA海外情報連絡会 | main | 師走寄席 >>

振り返り

 東京は雨、寒い1日。外に出たのは本屋と夕食を家族で出かけただけ。今日発売のレコード芸術1月号、レコードアカデミー賞が発表されているが、昔のような感激がない。そうなの・・・で終わってしまう。第一クラシックは新譜が少ない。今月も交響曲で7枚、管弦楽では1枚だけ。ほとんどが再発売だ。それより店頭で見つけて即購入してしまった「ビジュアル版ザ・ビートルズ全史〜1000点の貴重な資料で体感する歴史大図鑑」(日経BP社、大人のロック編、1600円)が面白い。ビートルズモノの似たような本はいくつも持っているが、これはぺらぺらとページを繰るだけで楽しい。このムック本を眺めながらビートルズを聴くのも楽しいだろう。1日積み上がった本とCDを片付ける。雑誌も大量に捨てる。捨てたくないものもあるが狭いネズミ小屋だから仕方ない。 

 今週はJFMAニュース、MPSニュースのそれぞれ12月20日号を出した。編集責任者(JFMA:野口さん、MPS:泉さん)が毎月良くやってくれている。JFMAニュースは、ベトナム・マレーシア報告、日本フラワー・オブ・ザ・イヤー、MPSフェアの様子、JFMAの勉強部屋(連載)、花の国日本協議会の入会案内、フラワーバレンタイン、日持ち性向上対策認証制度、フラワービジネス講座、新春セミナー・賀詞交歓会(1/20)案内と盛り沢山。野口編集長らしいのは2014年の振り返り。こうして1年を振り返ると2014年も大変な意義のある年だったなあとの想いと今年も沢山の人と出会えたなあと今更ながら思う。まだ大雪の残る中を水泳大会に出かけて、表彰式のマムのブーケの写真を撮ったのもついこの間のような気がする。隣に座っていたのが、愛知みなみの千賀さんだった。その後日持ち性向上対策実証事業でご一緒することになる。

 「フローリスト」1月号(誠文堂新光社)のカスミソウが素晴らしい。アルタイルでフラワー・オブ・ザ・イヤーOTAの最優秀賞をとられた昭和花き研究会の菅家代表が「農耕と園芸」1月号(誠文堂新光社)に寄稿されている。2014年は輸送費が前年の2倍になったと。2015年は、日持ち性向上対策、エコマム、流通加工センター整備・・・、全て流通の合理化・効率化にかかっている。写真はフローリストから。4枚目は我が家の染のカスミソウが買えなくてそのまま飾っているもの。

a4a1a3a5





 
松島義幸 * - * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ