<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 木屋路さん訪問 | main | 札幌 日持ち性向上対策説明会 >>

30周年記念花卉懇談会セミナー

  30周年記念花卉懇談会セミナー・記念式典・祝賀会に出席した。会場は東京農大の100周年記念講堂。花卉懇談会はいつも出席させてもらっているが、午後からとか、夕方懇親会に間に合わせてとかもあったが、今日は記念セミナーなので始まりから真面目に出席。家からタクシーだと15分位で行くので楽だ。
 

 a1記念講演は「これからの10年、花き業界への思い」のテーマで佐分利応貴氏(京都大学経済研究所先端政策分析研究センター)の登場。佐分利さんは、京大を退任されたと言われて、副題に「若手座談会を踏まえて」とあったが、花業界へのお別れのメッセージのように感じた。フラワービジネスは感動創造ビジネスであり、動き出さないだけでやればできるのだと説く。最後にTEDの3分間ビデオを見せ「一人のバカをリーダーに変えたのは、一人のフォロワーだと」、動かない理由はいくらでもある、「気付き力、目指し力、踏み出し力」が大事と結論付けた。

 

a2 続いて、花道家大久保有加氏が「時代が求める花の力、日本の花文化発信の必要性」のテーマで講演。いけばなの現状、大久保さんの幅広い活動、フロリアード2012の活動、今後への思いと静かな語り口で話される。氏が長い間提唱してきた「一輪挿し」と「二輪挿し」も紹介。五年前にオレンジページのムック本として「花のあしらい帖」としても出版している。身近に、しかもお洒落に花を楽しんでもらう楽しい本だった。「日本人が長い歴史で紡いだ花文化を伝える」をミッションとして「一般社団法人ジャパンフラワー&コミュニケーション」(Jaflac)を設立した。

 

 記念講演の最後は宮川洋蘭の宮川将人氏の登場。「サイバー農家の花チャレンジ〜元気な花で笑顔をお届け!」で正に元気印の講演。佐分利さんの講演の気付き、目指し、踏み出し力全開で自らをしっかり分析してネット時代に合った事業展開をされて成功している。以前、MPS参加者ネットワーク協議会で講演頂いたことがあるが、そこからでも大きく飛躍されている。同窓の皆さんも大いに参考になったのではと思う。

 

 花き振興法の説明(皆さんの夢を実現していく法律と説明!)、記念式典の後に会場を食堂に移して祝賀会。ここから急に人が溢れてきたように会場は人が一杯。もう恒例となった賑やかな交流会となる。いろいろな方に出会えるのも花卉懇談会の魅力の一つだ。私は毎日飲み過ぎだし、仕事も抱えているしで二次会はなしにしようと思っていたが、素晴らしいメンバーに囲まれ過ぎて、三軒茶屋に繰り出してしまう。

松島義幸 * - * 23:39 * comments(1) * trackbacks(0)

コメント

土曜日は、30周年記念花卉懇談会セミナーにご参加いただきありがとうございました。
Comment by 稲葉善太郎 @ 2014/07/27 11:43 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ