<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フラワーバレンタイン推進委員会法人化 | main | これまで買った花束の最高額は? >>

30周年記念花卉懇談会フォーラム

a1  午後から「30周年記念花卉懇談会フォーラム」に出席する。場所はいつもの東京農大キャンパスではなく市ヶ谷駅近くのTKP市ヶ谷カンファレンスセンター。積雪被害で25名ものキャンセルが出たそうだが、当日いきなり参加の方も多く190名の出席だったとのこと。同窓の皆さんが多く集まることもあるからだろうが、この会はいつも暖かく明るい雰囲気が好い。
 

 座長はいつも通り稲葉善太郎先生。今日は30周年ということで「花卉懇談会の30年」を元会長今西JFPC会長が登場。セミナーは、「花育と地域活動」のテーマで埼玉県農業大学校小高香氏の講演、「花き業界の人材育成とは」でサカタのタネ三浦高明氏の講演、「次世代に向けて〜海外ブリーダーと共に」で藤田植物園藤田善敬氏の講演と続く。小高氏は花育を生産者、市場、花屋さんまで結び付けるユニークな活動。子供にお花屋さんを訪問させたり、修了証を出したりする。三浦氏のテーマは難しいが、自らのキャリアパスと会社の発展を説明することで事例紹介と言う形か。若い世代は先輩の活躍に共感をもったことだと思う。藤田氏のお話は正に日本がこれから力を入れていかなければならない分野。それを自然体で当たり前に進めている。


 さて、恒例の名刺交換会(懇親会)。いつもの農大の食堂でやるアットホームな感じではなかったが、いつもながらの各年代が混じっての賑やかな盛上り。花卉懇談会の特徴と言えるが、よくも各方面から人が集まったなあと言うような顔ぶれ。ちょっと驚いたのが私が挨拶させられたこと。それも雨木先生(花卉懇談会会長)の冒頭挨拶のあとで恐縮した。私の挨拶は少し真面目に「花卉懇談会は農大の強いネットワークと同窓に限らない運営団、講師陣の選定で花き業界から広く人材を集めていること、テーマも専門分野だけでなく広く扱っているところが素晴らしい」と話させてもらった。いつもはセミナーに遅れて参加して、懇親会だけはしっかり出るので、稲葉先生から宴会要員と言われてしまっているが、今日は最初から最後まで参加させてもらいました。

松島義幸 * - * 23:38 * comments(1) * trackbacks(0)

コメント

土曜日は30周年記念花卉懇談会フォーラムにご参加いただきありがとうございました。おかげさまで、延べ191人の方々にお集まりいただきました。
名刺交換会(懇親会)でのご挨拶もありがとうございました。
楽しいお酒と、有意義な情報交換となりました。
今後ともよろしくお願いします。
Comment by 稲葉善太郎 @ 2014/02/26 9:20 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ