<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バラハウス見学 | main | フラワーバレンタイン 火が点いた! >>

農水省「消費者の部屋」のフラワーバレンタイン

  昼から農水省の「消費者の部屋」を見に行った。10日(月)から14日(金)までフラワーバレンタインを展示している。お花屋さんには、フラワーバレンタイン商品から各社2つの価格帯のアレンジを展示してもらった。日比谷花壇、第一園芸、青山フラワーマーケット、小田急フローリスト、東光フローラ、フラワーゲート、ピーターラビットフラワーズと協賛展示頂いた。各者特徴が出ていて、小田急フローリストは、「I'll BE BAG」のバッグを展示、ピーターラビットフラワーズはピーターラビットのメルヘンの世界のアレンジ、フラワーゲート(フロレアル)は、何とベルギーで最優秀ゴールデンリーフ賞を受賞、日本でもジャパンカップ2013優勝・内閣総理大臣賞を受賞した丹羽英之氏のアレンジを展示していていて異彩を放っていた。
 

 切花は今年もMPS認証参加の花で飾った。梶農園(宮城)、熊谷園芸(山形)、JA山形おきたま(山形)、荘花園(茨城)、PCガーベラ(静岡)、JAみなべいなみ(和歌山)、メルヘンローズ(大分)の生産者の皆さまに協賛ご協力を頂いた。バラ、ガーベラ、アルストロメリア、カーネーション、カスミソウ、スイトピー、啓翁桜、スターチスなど美しさを競っているよう。
 

 パネル展示は、フラワーバレンタインは勿論のこと、「花にまつわる ちょっといい話」、MPSが飾られる。大きなモニター画面にはフラワーバレンタインのショートムービーが繰り返し流されていて、竜馬さんの音楽が消費者の部屋に静かに流れていてバレンタインムードを盛り上げる。また、訪れた方にはフラワーバレンタインに関してアンケート調査も行っている。施設園芸・花き産業振興室の皆さんがダークスーツにフラワーバレンタインの缶バッジを胸に着けてお客様に対応されていた。

a1a2a3a4a5a6a7a8a9a10a11a12

 

松島義幸 * - * 23:25 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ